2019年4月17日 (水)

選挙における街頭演説の意味

選挙戦も中盤戦。
蒲田の事務所にいると、朝の街頭演説から選挙カーの行き来まで、さまざまな声が聞こえてくる。その声の先に思いを巡らしつつ、まるで読経のように唱和してしまうのは職業病であろう(笑)

さて、朝6時半から駅に立っていると「がんばっていますね」とか「偉いね」と言われることが往々にしてある。
いや、がんばってはいないっすよ。マジで。
好きでやっているわけではない、という意味では、ある種の苦行かもだが、それは「がんばっている」とは質が違うものだと思う。

ワタクシは政治家にとっての街頭演説の意味は、「自分よりずっとがんばっている人がいる」ことの確認だと思っている。

学生、通勤者、夜勤明けで帰ってくる人々ーー。
駅前には、候補者よりずっとがんばっている人々で溢れている。
例えば我が家で言えば、午前5時20分には家を出て朝練に行く子どもの方が、親よりよっぽどがんばっている(笑)
日曜以外、毎日、その生活だぜ。
街頭演説は出来ても、私には無理だわ。

選挙前だけ好きなことだけくっちゃべって、上から目線で「市民の代表」などとちゃんちゃら可笑しい。
でも、時に政治家の、選挙前限定=ピンポイントの「がんばる」はどこかで「自分が一番がんばっている」的な倒錯をもたらしたりする。時には「なんで私がこんなことを」と被害者意識すら持つことも。

そのうち書こうと思っている「上野千鶴子氏の東大入学式祝辞への反応に対する違和感」ともつながるのだが、
社会のルールを決める側にいる人々たちこそが、実はその彼らの思う「理不尽」ゆえに、よりがんばっている人々に対して「理不尽」なルールを構築し、或はそれを維持する側になる可能性があるということを忘れてならないのである。

人は往々にして「がんばる自分」しか見えていないものだ。
自分の「がんばっている」が最大限認められるルール、理不尽が排除されるルールを作る時には、他人の「がんばっている」を知り、認めなければならない。
時に「がんばる」の内容の種目が違ったり、質が違えば、エリートたちが「理不尽だ」と思うことは、実は妥当なものだったりするということがあるということも、自覚しなければならないのだ。

ってことで、選挙モードに戻ろうっと。

2019年3月18日 (月)

明石市長選挙が示すもの

いずみふさほ 80795票
北口ひろと 26580票
新町みちよ 7321票

泉房穂前市長の「暴言」問題での辞任を受けて行なわれた明石市長選は、次点にトリプルスコアの差をつけて泉氏の圧勝だった。

なぜここまで差が開いたのか。

もちろんこれまでの市政に対しての圧倒的評価がある。
子育て支援がここまで支持されるとは、ある意味画期的な選挙でもある。

一方で以前にも書いたが、泉氏は過剰キャラ。あけっぴろげで隠し事なし。度々の舌禍問題はその延長線上にあったわけだが、今回注目すべきは泉氏がそうした欠点を越える危機管理能力を持っているということだった。

北口元市長は「敵失」という絶好のチャンスを生かせないばかりか、むしろヒール役を担うことになった。

泉、北口両氏は生まれた時から、いや生まれる前からある種のライバルとして運命つけられていた。
その関係は、双方ともに優秀だからこそ成り立って来たとも言える。

初めての直接対決の結果がこれだけの大差になるとは、昨年末に北口氏が立候補表明した時には、どちらも思っていなかったであろう。

兵庫県議時代に一緒に仕事をした新町みちよ氏も含めて、旧知の3人による今回の明石市長選挙から見えてくるもの、学ぶべきことは多い。

今回の選挙については元衆議院議員で当選同期の宮崎タケシ氏が、
「泉市長はさしたる家柄でもなく地盤もカネもなく、顔もたいしたことない、しかもパワハラ体質で日本中に知れわたっている、一見さえない中年男(失礼!)なわけで、これはもう、政治的手腕が得票に直結した希有な例だと言わざるを得ません。」(宮崎氏のFBより)等と書いていて、なるほどと思う。
ただ、たぶん同じ政治的手腕があっても、今回のような結果にはいたらないのではないかという実感も持つ。
むしろ一見「さえない中年男」だからこそ、「三倍速」と言われる特異な言語能力等の「はみ出す異才」が中和され、市民に受け入れられる土壌を作り、今回は救われたのだと思う。

詳細は別途、書きたい。

2019年3月 4日 (月)

『ボリショイ卒業』〜安倍総理にこそ読んでもらいたい一冊

『ボリショイ卒業』(大前仁著 東洋書店新社)

53651613_2117250658354368_318044134
ロシア・国立ボリショイ劇場バレエ団に日本人で初めて入団、ソリストとして舞台に立った岩田守弘氏の半生を綴ったノンフィクション。どんなに優秀でも役が与えられるわけではない。「舞台」と「舞台裏」の間に確かに存在する差別や嫉妬、人脈や時には賄賂まがいの政治力が渦巻く世界に翻弄されつつも踊り続ける岩田氏の姿は、大げさに言えば好きでも嫌いでも脱ぐことのできない「日本」という皮膚との外からの、内からの対峙を見せつける。

ボリショイを退団後、岩田氏は東シベリア・ウランウデの劇場で芸術監督を務めることになる。華やかな舞台と比べれば、「都落ち」と評価されよう。
このウランウデの劇場は日本人シベリア抑留者たちの力によって建設された劇場でもあった。
いつ母国に帰れるとも知れない絶望の中で天を見上げて、生きる希望=星をつかもうとうる抑留者たちと岩田氏の姿は重なる。

さて、偶然で驚きだったのは、最近仕事上理不尽なことが続いて落ち込みがちの私は岩田氏の踊りをyoutubeで見て励まされていた。岩田氏の素晴らしさを自分の中に留めておくことができず、子どもや友人に熱く語ってもいた。すると、毎日新聞書評欄に拙著が紹介された記事の下に「ボリショイ卒業」、岩田氏の名前を見つけて本当にびっくりした。このタイミング、こんな偶然があるとは。

そう書いたら作者の大前さんからご連絡が。「実は・・」と、さらに浅からぬ縁を聞かされ驚く。
私も、大前さんも天を見上げて、同じ星を見ていたのだ!!

話は少々ずれるが、
現在公開中の「フロントランナー」で、ロシア外交の専門家ゲイリー・ハート上院議員(当時)がワシントンポストの若い記者に、ロシア政治を理解するためにはトルストイを読むべきだと、愛読書を渡すシーンがある。(渡したのは『戦争と平和』だろうが、そこには『アンナ・カレーニナ』も隠喩されている)
なるほど。加えて言えば、バレエ芸術=文化こそもロシアを知るために最も効果的なものなのかもしれないと本を読んでつくづく感じる。

「ボリショイ卒業」はロシア外交に難儀する安倍晋三総理にこそ、読んでもらいたい一冊である。

2019年2月24日 (日)

「補充立候補」という選択肢

「候補者たちの闘争」(岩波書店)で、カットした原稿がある。

「前史としての東京都知事選挙」である。

小池百合子候補に対して、野党側の候補者選びが難航した結果、公示の2日前、急遽鳥越俊太郎氏が候補者として決定する。

この候補者選出に至る過程に選挙の実動部隊として関わる地方議員等は関わることができなかった。結果として上意下達となる。

都知事選と同時に大田区他で都議会議員の補欠選挙が行なわれたが、選挙では「知事とセットで」闘うことを要請され、名前は知っているが、その人となりもよくわからずに、ただただ都知事候補の名前を叫んで投票依頼をするという、自己矛盾を抱えたままの選挙戦だった。
どこかで有権者を裏切っているのではないかと言う気持ちを抱えたままなんとも辛い選挙。どうしても我慢できなくなり、私はひとつの行動に出た。

責任ある立場の人に「補充立候補」を考えるべきではないかと直訴したのだ。
選挙が始まってすぐと、後半の2回。
たぶん、前代未聞のことだったと思う。
真剣に補選を闘っていたからこその思いだった。
ただ、そこで知ったのは「責任ある立場の人」も候補者選定の過程には関わってはいなかったということだった——。

「 補充立候補」とは、選挙の候補者が公示日以降、投票日以前に死亡、または公職の候補者たることを辞したものとみなされる場合に、追加での立候補が認められ、その数には制限がない。投票日の2日、もしくは3日前まで可能である。
それまでに入った期日前投票の扱いをどうするのか等の議論はあるのだが、そもそもこうした機能が選挙に付属していることを考えると、当然だが上記のような状況が想定されているということだろう。

今日も候補者選定についての問い合わせがきた。

一浪人政治家の私にできることは、そう多くない。
でも、民主主義を支える選挙制度の中に、選挙選が始まってからも候補者の差し替えができるという機能があることを、国民が知っているか否かは大事なことだと思っている。

やはり、これらのやりとりは入れるべきだったかな・・。

毎日新聞書評欄  驚きの偶然!

本日付け毎日新聞書評欄で拙著「ドキュメント候補者たちの闘争ー選挙とカネと政党」が紹介されています。


端的に本書の要点をまとめて下さって、感謝です。
選挙が近づいてくるに従って、あちこちから「候補者の誕生」に関する疑問や疑念、不満も聞こえてきます。「選べない不全感」をどう克服して行くのかは、政治の責任でもあります。
しかし、驚きは・・・下が「ボリショイ卒業」(大前仁著 東洋書店)だったこと!!
隣が「子どものまちのつくり方 明石市の挑戦(泉房穂著 明石書店)だというのは、「まあ、あるか」なのだが、よもや岩田守弘さんの名前と同じ紙面で拙著が紹介されるなんて泣

というのも、最近、理不尽なことへの対応があまりに多くて、落ち込みがち。そんな時に励ましてくれるのは岩田守弘さんのバレエや、生き方そのものだったりして、この数日も友人・家族に熱く語っていたところでした。
いやはや、こんな偶然ってあるのね。
またがんばろうと思います!

毎日新聞さん、(藤)さん、ありがとうございます。

52774264_2105607522852015_606219065

2019年2月21日 (木)

なぜDV夫と復縁・再婚するのか

なぜDV夫と復縁・再婚するのか。

この問いにこそ、DV問題の本質が宿る。

妻を共犯者にしていく虐待DV夫——。

世間が「母親なら命がけで子どもを守るはず」と母親批判をし、さらなる傷つきを与えることを、DV夫はわかっているのだ。実際、加害者たるDV夫には「父親なら命がけで子どもを・・」という批判は母親ほどは聞かれない。

実情を把握しきれない段階で「母親も悪い」という言説に与することは、私たちもDV夫が仕組んだ罠に陥ることになる。

詳しくは現代ビジネスで。

2019年2月14日 (木)

だから「外国人献金」は繰り返される…保守派が指摘しない「抜け穴」

立憲民主党の辻元清美国対委員長の政治団体が2013、14両年に外国籍の支援者から献金を受け、その後訂正等を行なったとの報道があった。

外国人献金については、献金を受ける政治家が「日本国籍を有すること」と告知しても献金を行なう当事者がそれに気づかない場合や、政治家の信頼失墜等を目的に意図的に献金をする悪質ケースを含め、現実的には抑止ができないのが実情である。

国会議員に関係する政治団体は毎年の政治資金収支報告書を提出する際、登録政治資金監査人による政治資金監査を受けなければならないが、監査は収支の妥当性をチェックするものではない。

繰り返し、こうした問題が起こるのは、抜本的な「対策」がないから、とも言える。

そのキーは「5万円以下献金」にある。

また政治資金規正法上は、寄付者に年齢制限もない。

こうした「抜け穴」があるが故に、「外国人献金」は実はやりたい放題なのだ。

諸外国の例他、詳細は現代ビジネスに寄稿した。

2019年2月12日 (火)

サーシャコーチと契約解消 大坂なおみ選手 決断は「日本人」だから?

大坂なおみ選手は現地時間201921112:59 Twitterを更新し、彼女の躍進に多大な影響を与えたといわれる「サーシャ・バインコーチともはや仕事をすることはない」と報告した。

全米オープンに続いて、全豪オープンを制した大坂なおみ選手。バインコーチの間になにがあったのか。

うまく行っている時にこうした決断ができるのは、大坂選手が理想のテニスを求めて、妥協なく突き進んでいっているということだろう。
しかし、私たちはそこでなぜか「日本人だから」とは「日本人離れしている」と思いたがる。
22歳になるまであと9ヵ月となり、その活躍ともに国籍選択について注目が集まるが、大坂選手の国籍選択が問うものを現代ビジネスに寄稿しました。


2019年2月11日 (月)

実はやりたい放題できる  「外国人献金」の抜け道

辻元さんの外国人献金の話。

別途論考を書いたが、5万円未満の献金は通常、氏名・住所・職業は公表しなくて良く、合算で収支報告書に記載する。

1万円で氏名等を記載していた辻元さんの収支報告書はある意味透明性が高い。

政治資金収支報告書が求めるもの以上に透明性が確保されていたからこそ、外国人献金についての指摘が可能だったという事実はそれを物語っている。


もちろん事前に気がつくべきだったのだろうが、既に指摘されているように現行の法律の中で政治家がチェックするのは難しい部分がある。


さて、実は外国人献金、実は今の日本の法律ではやりたい放題でできちゃうんですよ。

「5万円以下」なら氏名も公表されないから、いくらでも、時には複数の氏名を使っても可能となる。

外国人献金が問題だという人々は、なぜこの「5万円以下献金」について指摘しないのだろうかと不思議である。

ちなみにこれは政治資金収支報告書を書いたことのある人なら、誰でも知っているバグ。

何度も繰り返されるこの問題。いい加減、終わりにしよう。

そのためには、特に国人献金が問題と言っている現職政治家には、今すぐ法改正に着手、法案提出してもらいたい。

外国人献金、問題なんでしょ?1万円でも。

私?
はい。禁止されている事項を守れないようなバグ法、そしてその運用は大問題だと思っています。真面目にやっている政治活動者が罠にはまる可能性もあるから。

そして、毎回の、この空しい論争を終わらせるめにも

論考では抜本的な解決に向けて、対策を提案していますぜ。

2019年2月10日 (日)

「票ハラスメント」を防止するには

ここのところ、各地から政党等を問わず女性政治活動者が訪ねてくることが続く。

電話やメールではなかなかな話せない、女性政治家に対する組織や後援者からの「ハラスメント」についての相談である。

選挙が近づいて来て「一票でも多く」という候補予定者たちの心理をついて、例えば大した用事がなくとも、日に何度もメール等を送って来たり、返事を強要するというのもある。
時間を拘束されたり、上から目線の指導等「マンスプレイニング」の見本のような事例も多々見受けられる。

英国の元政治家で作家のジェフリー・アーチャーの小説に、アメリカ初の女性大統領になるまでを描く「ロスノフスキ家の娘 上・下」(新潮文庫)というものがあるが、主人公フロレンティナもさまざまな「票ハラスメント」を受ける。セクハラ、パワハラ、党内での嫌がらせ・・・。そんな中、戸別訪問(欧米では認められている)で熱心な支持者と話し込む場面がある。
満足するフォロレンティナはたしなめられる。
「あれは共和党支持者だ。民主党支持者はここにいる時間が有れば、他を回れというはず」
(今、手元に上巻だけしかなく、正確な記述を引用できないがそんな内容だったと思う)
まさに膝を打った。

私も後援者とのコミュニケーションをとることは大事だと思うが、「往信不要」のメッセージにどれだけ助けられたか。
「返事はいらない。その時間あったら一枚でも多くビラ配って!私もポスター貼ってくるから」
そんなことを思い出しながら、相談を受ける。

どの候補予定者も、皆、あちこちからの「ご指導」を受けて、すでにノイローゼになりそうな状況。
誰かがブロックしないと、延々に侵食されて行く。
男性の候補予定者にはそこまでしないのに、なぜ女性候補者に?この記事にあるように、今まで男性の職場に女性が参入してくることに対して、潜在的な抵抗があるのだろうか。

上記の「ロスノフスキ家の娘」の中に、私の好きな台詞がある。

「驚いたな、ジェシー。きみは男を十人束にしたぐらいの勇気がある」
「いいえ、女一人分よ」

女性には男性ほどの勇気がないという男性側の思い込みに対して、鮮やかに切り返したひと言。
しかし、一方で男性が10人束になったぐらいの勇気がなければ、男性のフィールド(このシーンは銀行の場面)に参入できないという現実を示していると思う。

それだけの勇気をふるい、立ち上がった女性候補予定者たちにまとわりつく「票ハラスメント」からしっかり守らなければ、選挙戦に行き着く前に彼女たちは疲弊してしまう。

候補予定者たちにとって最も悲しいことの一つは組織の無理解、無関心である。
当然、組織にとって後援者は大事なので、そこで起こっていることがある程度わかっても、「我慢しろ」となる。「まず、勝ってから言え」と、真剣に取り合ってさえももらえない。

組織を越えて「票ハラスメント」に対する対策ができたらな。
この行為は「票ハラスメント」と支援者とも共有できる実例集等が必要な気がする。

実はこうしたこともDVや虐待が放置される現状につながっていると思う。

だから、考えましょう、みんなで。

«堺屋太一さん死去。 ご冥福を