« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005年7月21日 (木)

されど、われらが日々(井戸まさえ)

相変わらず「出発前書き込み」をしております。

7・17 男女共同参画セミナー関連の伊勢志摩合宿→
7・18 西本真詩クルージングディナーショーういず河村&市村&石井としろう各氏→
7・19 事務所備品調達大作戦at元町→
7・20 健康生活常任委員会(アスベストの問題等)→
     防災服採寸→
     ひょうご・県民連合議員団会議→
     裁判員制度勉強会→
     アスベスト問題説明→
     委員会懇親会→
     「有馬温泉」ういず家族!!!
    (深夜芦有道路を飛ばしました~)

そして 今日は今から健康生活常任委員会の管内視察。
明日までの予定で加古川・淡路に行ってまいります。

HPのリニューアル、子どもたちの転校手続き、
事務作業、引越し・・・やらねばならないけど、やりきれていない課題が頭の中をぐるぐるしてるぞ~。

この7月は人生の忙しさが一気に集中したかのよう。
そんな合間にもお勉強は欠かさず?

なにしろ、実は・・8月には「保育士試験」を受けるのでした!
「少子化対策」を公約に掲げる井戸まさえ事務所では
スタッフ全員がトライします!

おっと、視察の前に・・・
今日は午前7時過ぎから、
政令指定都市初の女性議長を経験された尊敬する浜本りつ子市会議員後援会バス旅行のお見送りに行ってまいります。

そうそう、
先日、河村たかしさんと話していたら
河村さんの口から「されど、われらが日々」(柴田翔著)の話が出てびっくり!!
(柴田翔は私の大好き(だった)作家)

・・うーむ。
今のバタバタの毎日も、
「されど、われらが日々」なんだよなあ。

2005年7月13日 (水)

こんな日々です(井戸まさえ)

まとまって書く時間がとれず、日程のみ書き出します。

●7月9日(土)
<午前>
民主党兵庫県連常任幹事会出席。
民主党では県会議員は自動的に常任幹事になるため、今月から毎月1回会議へ出席することとなります。
事務所重鎮として活躍のT氏も今月から常任幹事へ。一緒にがんばろうね!!
<午後>
地域まわり。
<夜>
久しぶりに家で夫と映画を見る・・が・・←詳しくはプライベートHPへ。

●7月10日(日)
<午前>
子どもたちと憩い?の時。
<午後>
水岡俊一参議院議員の国政報告会&懇親会。
下2人を元町の24時間保育園に預ける。
当事者としてまたもや保育行政について考えさせられた!
<夜>
家族をピックアップして外食。

●7月11日(月)
<朝>
六甲アイランドセンター駅で朝の街頭活動。
どしゃぶりだったので、屋根のある駅は助かります。
たくさんの方々から「入れました!がんばってね!!」のお励ましをいただき感激!
<午前>
石井一代議士、直接のご指導(笑)
<午後>
子どもたちの懇談会×3(小1、小4、中1)・・・懇談会をはしごするって・・・5児の母の悲哀を感じるのであった~。

●7月12日(火)
<朝>
阪急御影駅にて街頭活動。
昨日に引き続きどしゃぶり。
いつもお会いするお父さん&お子さん、アメリカ人の方等々とお話できよかった!
<午前>
事務所にて事務作業
<午後>
地域回り
<夜>
井戸ファミリー&姫路の井戸父(税理士=会計報告のために借り出された)&よこはた市議で夕食。
「よこはた先生は、いや、ほんといい方だ。子守までやってくれるでぇ」(by井戸父)・・・すんません、キッズがこぼしたジュースの残骸まで処理していただき恐縮です・・。
深夜メールチェックをすると、いつも街頭でお会いするジェントルマンからメールが!ありがとうございます!!

●7月13日(水)
<朝>
阪神青木駅 ここもまた「井戸まさえ・心のステーション」。たくさんの方にお声がけいただき、感謝いたしております!
<午前>
地域回り
<午後>
勉強。

明日は朝の街頭後、NPO関連で名古屋に行ってきます!!
で、夕方からは神戸市の予算関係の説明→懇親会。



2005年7月 9日 (土)

相変わらず、バタバタです・・(井戸まさえ)①

井戸まさえです。

「再選挙」「補選」のため、任期は当選の翌日から。
・・・のため、議会に行ったり、手続き等々で、
今週は選挙中とたがわぬバタバタな一週間でした。

同じく垂水選挙区で当選した和田有一朗氏が
「ちょっと頭がまだ選挙モードで回っていないから、
また来ます」と言って手続き書類等を一式議会に置いて帰ったが、
気持ちはわかる(笑)

昨日、日記も更新したはずなのに、あれ?入っていない??
どうしてだ??

書いた内容は・・

ロンドンのさと嬢が危機一髪、テロから逃れた報を聞き、ほっとしたけれども、50名以上の死者が出ていることを思うとほんとうにショックである・・等々である。

さて、そんなワタクシの一日は、というと。

7月8日は朝の街頭を終えた後、舞子ビラへ。
●自治労神戸市従業員労働組合第61回定例大会出席。
元出版労組婦人部副部長(←なり手がなくて回ってきたのだが)としては「連帯」の言葉を聞くと、
東洋経済新報社社長室前でシュプレヒコールをした日々が蘇る。

午後から大阪へ。
●大阪NPOプラザで事業状況ヒアリングを受ける。
いつもながらI野嬢&Nさんにはお世話になりっぱなしで・・・。
プラス私たちのNPOの社会的意義を認めていただき励ましもいただく。ホント感謝。

取って返して、夕方からは三宮にて
●高等教育に関しての私的勉強会に出席。
めちゃくちゃ勉強になる!!!

保育所の問題もそうだが、結局「現場」を見ている人と、見ていない人では発言の重みが全然違う。
5児の母のワタクシとて、高等教育の「今」については未知の部分も多く、きちんとした現状認識が必要であるとつくづく。

(ちなみに・・東灘の保育所に関しては認可・無認可を含め2,3箇所を除いて全て見に行って話を聞きました。これだけで一冊の本になりそうなくらい、ボリュームたっぷりの内容。これはまた別の機会に書きます)

相変わらず、バタバタです・・(井戸まさえ)②

ということで、今年の目標①は、兵庫県下で可能な限り高校視察を行うこと、である。

夜10時帰宅。

夫とこどもたちはお風呂に入って待機。借りてきたビデオを見るのを楽しみにしていたのだが、全員・・結局爆睡。

*****今日読んだ(読みかけた)本***********

●石川三千花さん(←以前取材した時渡した双子の息子さんたち用よだれかけをイラストに描いていてくださって、感動!)の映画の本、
●玄田有史・小杉礼子著「子どもがニートになったら」(NHK出版)
●内田樹・名越康文著「14歳の子を持つ親たちへ」(新潮新書)

*自宅のPCのメールに不具合があり、
メッセージをいただいた方の中にお返事できていない分があるかもしれません。鋭意復旧につとめておりますが、非礼をお許しください。

2005年7月 6日 (水)

妻に期待すること (井戸夫) ・・・1

 第1に期待することは、政治家としての立場を確保することではなく、しっかりとした議員活動をすることである。

 今回の選挙ではまずは「知名度」を上げるための戦略を採らざるをえなかったが、
彼女を支えてくれた人々や、雨の中、彼女の名前を書くために、わざわざ投票場に足を運んで下さった方々に報いるためにも、
1日も早く「中味」や「政策」で評価される議員に変身してもらいたい。

 やるべきことはとても単純。
 「マニフェスト」に記した12項目、とりわけ任期中に実現すると公約した4項目を確実に実現していくことに尽きる。

 まずは最初の1ヶ月で、100人の役人から、現時点での役所の考えをしっかりヒアリングしてもらいたい。

 当然、そこから学ばなければいけないことは少なくないはずだ。

 が、一方で、兵庫の現状は「財政破綻度」「失業率」「出生率」「街頭犯罪検挙率」などの各分野でワースト10に入ってしまっているのだから、
「現状でいい」ということは絶対にない、ということもまた事実。

 100人の役人は「偉いさん」ばかりではなく若手や女性スタッフ、
あるいは神戸市、東灘区、国、関西財界などの関係者や、大阪府・京都府の議員なども含めて考える方がいい。

 いかにして早く、知事や役人をはるかに上回る情報を確保できる体制を作れるかが、当面のポイントと思う。

 欲を言えば、12項目それぞれに関する、各都道府県における進んだ取り組みも2-3箇所ずつ調査していってもらいたい。

 スピード&説得力に格段の差が出る。

 秋からの予算編成前までに、議会や委員会質問などとは別に、12項目に関する企画提案をブラッシュアップしておければ理想的だと思う。

 (↓ に続く)

妻に期待すること (井戸夫) ・・・2

 第2に、政治活動的には「地道でまじめな活動」と「新しい形の支援者拡大」の両面が求められる。

 前者については、まずは現在おこなっている今回の選挙に関する支援者がため。
 議員活動が板についてきたら、チラシ・メルマガ・HPや駅立ちなどを通し、しっかりとした活動報告を行っていくべきだろう。

 「新しい形の支援者拡大」については、まずは各地域をこまめに歩くこと。
 「プレゼント」に万歩計を買ってやるので、毎月50万歩やそこらは歩いて欲しい。

 その他、「ランチミーティング」や「月例の勉強会&パーティ」等々の形で、政治を離れた(いわゆる普通の)人間関係づくりにも取り組んでいく方がいい。

 今回の選挙分に加え、最終結果的には少なくとも200人の「勝手応援団」を新規に、各地域に作りたい。

 もちろん、「政権交代は神戸から!」という今回選挙の合言葉をお念仏にしないために、
衆議院選挙等々の党活動に積極的に協力していくことは当然である。


 第3に。

 家事&子育てである(笑)。

 この間の家事&子育てはほとんど僕や周囲の人がやってきた。

 形の上の作業はできても、あるいは自分の方がはるかにマシにできる家事分野が存在するとしても(笑)、
やはり、子どもたちには「母」が要る。

 「5児の母」であることが、あなたが選ばれた1つの要素なのだから、
臨場感を失ってもらわないこと含め(笑)、
少なくとも育児はあんたが主担当じゃ。

 忙しいなんて言わせんぞー。

 送り迎えもメシも、最低半分はあんたがやることが希望
・・・じゃなくて、ノルマじゃ。 

2005年7月 5日 (火)

結果報告(by井戸まさえ)

選挙が終わりました。

投票率32.14%で17705票と、大変多くの皆さまから
ご支持頂き、当選することができました。

公職選挙法により、井戸まさえから当選のお礼を申すことが出来ません。

ありがとうございましたと心から申し上げたい気持ちを抑えて、
結果報告に留めます。

再選挙のため、私の任期は2年間です。
選挙や政治活動を通じてお訴えしたことを、「すぐに」「しっかり」やっていきたいと存じます。

東京都議選挙の方でも松下嬢、野上嬢が&佐藤くん&原田くんが当選。
私を含め、7月3日の選挙では松下政経塾出身者は5人全員当選を果たしました。

東京メトロポリタンに負けないよう、兵庫もがんばるぞー!!!

2005年7月 4日 (月)

取り急ぎ、おかげさま・・・のご報告(井戸夫)

 昨日、無事にというか何というか、女房の選挙が終わりました。

 http://www.kobe-senkyo.jp/kaihyo/kenkai-kakutei.html

 雨の中、女房に投票して下さった17705人の方々に心から敬意を。


 今回、何といっても心配だったのは投票率でした。

 選挙戦前、どこからか「楽勝できるのではないか?」といったウワサが聞こえてきました。が、そんなものは「投票権を持つ全ての人」を対象に「4人の内から消去法で選ぶとすれば女房」という人が多いんじゃ? といっただけの憶測に過ぎず。

 当日は雨で・・・何せ19時現在の投票率は25%。
 「こりゃ、30行かないぞ」と2人してカンネンしました。

 結果は不在者あわせ30%強。

 だからこそ、雨にもかかわらず投票場に足を運び、女房の名前を書いて下さった皆さんに恩義を感じます。

 2年間しっかり頑張らせますので、どうぞ見守ってやって下さい!


 内部的にはとても「人」に恵まれた選挙だったと思います。

 あれだけ色んな方に応援していただいて・・・負けたらそれこそ切腹モノでした。

 夫的には嬉しいというよりも、ほっとしていると言った方が正しいです。

 素晴らしい、そして楽しい選挙戦でした。

 実は、選挙戦中盤の調査でもほぼドンピシャの36%のシェアで、安全圏という結果が出ていました。

 しかし、公明票が一体自民系のどちらに行くことになるのか? 等々の懸念材料もたくさんありました。

 今回の最低限のノルマは、どんなに投票率が低くても何とか1万5千票は獲得したいということでしたから、
優良可でいえばまあなんとか「良」の範疇だったということにはなるのでしょう。

 が、活動の最高目標は自民+公明票を上回ることでしたから、
そういう意味では猛省しないといけない点や、これからの活動で挽回していかなければいけないことが数多くがあるとも自覚しています。

 本人は今日も朝4時おきで、会合→駅立ち→挨拶回り→・・・をやってます。

 あと何日かは忙しい日が続くと思いますので、とりあえず自分の方からご報告を申し上げました。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »