« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

よいお年をお迎え下さい

2007年も最後の日。

新聞をめくると、ぬわんと~!ワタクシ&みごと(4番目)が新聞に載っているではないか!!

・・・実は民法772条のことで数日前から、毎日新聞東京本社より取材を受けており、

昨日「明日、載ります。でも東京の地方版なのでそちらでは出ないと思います。新聞郵送しますね」と記者さんから連絡を受けており・・

まさか関西の発行分にも載っているとは思いもがけなかった。

昼前後からナゴヤの実家にかえっているLさまや、フクイのそーくらパパからも連絡・・・全国の社会面で取り上げてくれたらしい。

戸籍に関しては以前、裁判結果が出た翌日に全ての新聞で取り上げてくれたのだが、

大阪本社での記事になっており、西日本のみの配信だったらしい。

それ以降も772条に関しては強制認知が「調停」でできるようになるなどいろいろと進んだ部分もあるのだが、

まだまだ戸籍にかかわる民法の不条理さは相変わらずで、さいたま市で2歳になる「戸籍のない子」の存在が明らかになったこともあり、全国配信してくれたのだった。

ありがとう、毎日新聞。

取り上げられたのが大晦日、というのが「しぶく」て、気に入ったぞ!(笑)

さて、今日までの一週間はまさに「時間との戦い」であった。

ポスター貼りは雨の日が多くて予定通りには進まずギリギリまでかかったが、とりあえず年内の目標は満足いくまで到達。

挨拶まわりで兵庫県内をあちこち回り、

当然ながら帰ると事務所大掃除(=大量の書類整理)と粗大ゴミ出し。

29日に環境事業所でゴミ出しを完了したあと、夫と思わず、手の平ぱっちん!ああ、間に合った!!

その後淡路島に移動して、伊弉諾神宮(日本最古の神宮)で、お守り購入。(ワタクシは実はお守りコレクター、なのであった)今年一年を締めくくった。

家族は仙台、姫路の実家に分散して帰省。ワタクシも明日元旦の仕事を終えたら姫路に向かう予定。

今日、大晦日はそんなわけで一人で年越し。

淋しいような、妙に贅沢なような(笑)

今年一年がんばった「自分へのご褒美」?に、見損なっていたウディ・アレンの「さよなら、さよならハリウッド!」でも見つつ、年越しそばをすすろうと思う。

皆様、よいお年を!!

2006年12月23日 (土)

年明けまで、あと2台?

20日(水)に11月定例議会が終わった。

21日(木)は「休会中」の常任委員会。午後からは森林審議会。夜は常任委員会の懇親会・・ということで、

これをもって「三宮系」の仕事にひと段落つく。

22日(金)は「十五夜会」。朝から準備。昼には冬休み仙台の実家に行く子どもたち2人を伊丹に送っていき、御影で会合。時間の記載が間違っていて出席できなかったのだが(涙)

今回の「十五夜会」の講師は岡田知久先生。我が愛しの主治医=岡田先生のご子息。

歯科医療に関する予防の大切さや、私立歯学部は単科大学も多く、入学者数を抑制することが難しいので「国家試験」で医師の数の抑制を図ろうとしている等、印象深いお話でした。

この講演のためにめちゃめちゃ、準備をしてくださっていて、ホント頭が下がります。

他に産業医の川村先生も出席してくださり、資料をご提供いただいた。感謝でございます。

某歯科医夫人からは「この業界に珍しい謙虚さ!独身なんて、すばらしい!」と「お見合いプラン」も。

兵庫県は「出会いサポートセンター」事業もやっており、今年は86組が成婚したそう・・なので、十五夜会も貢献できるかも?(笑)

全てが終わった後、事務所スタッフとして今回始めて参加してくださったキョウコさん、カンダ姉とともに「反省会」。・・・・「ちょっと」のつもりが、終了はぬわんと「午前1時」であった。

「五大陸の会」状態で・・・語りまくり~(笑)

↑新年会は是非、我が事務所と合同でやりませう。3日3晩かかりそうだけど(笑)

決算委員会→編集作業→もろもろ委員会→十五夜会と、

とりあえずは飛ぶことができた。

年明けまでのハードルはあと二台。

って、ことで、残すところ年賀状とポスター貼りだわ。

2006年12月19日 (火)

間に合った!

今回こそは「ダメ」だと思った。

・・・県政報告の〆切り。

出版業界もそうだが、印刷所も「年末進行」に入っており「督促」が入っていたのだが。

時折りしも「決算委員会」の質問やら、「ポスター張替え」やら、その他諸々で、

原稿を書く時間が確保できない。これはあきらめて、発行を遅らせるしかないかな、とも思ったのだが。

・・間に合った!

そーくらパパ、ありがとっーっ!!!!

ほとんど「独り占め状態」で編集作業を手伝っていただいた。デザイナーさんの目の前で校正できる、このすごさ!

ほんと、パパがいてくれるから、ワタクシは活動できます(涙)。

友情に感謝でございます。

友情、と言えば、我が「ソウルメイト」Fさんが、なぜか某県にいることがわかった。

どうやら「偽装請負」潜入ルポ??をしているらしい。過酷な労働に耐えつつも、楽しそうなのは、なぜ??

パパ、と言えば、我が夫もこの週末は大活躍?であった。

東灘区のPTAのクリスマスコンサートで、「ホワイトクリスマス」&「世界でひとつだけの花」一部独唱・・。

お父さんたち10人による中年SMAP隊。インパクトありました(笑)

なんと850人の応募があったそうで、会場は立ち見がでる大盛況!すごいな~!!

夜は久しぶり(って、初めてか?)会場だった六甲アイランドベイシェラトンでバイキングの夕食。

「なんかさ、リゾートホテルに来たって感じだよね」(by夫)

ほんとだ。外国人多いし。気分は「タイランド」か?

驚いたのは原住民の家族とおぼしき人々がごく「普通に」夕食を食べていることであった。

さすが、である。

昨日は午前中、某総合病院で定期健診。

主治医の先生がめちゃめちゃイケメンで、しかも御影在住。(←ビラを配っているときにばったり会って、驚いた!あれだけ人が多いのに、めぐりあうのはすごい確率である)

「よいお年を~」と言われて、思わずあと今年も2週間もないことを自覚する。(ってことは箱根駅伝までも2週間。いきなり緊張してきたよね!)

その後用事を足し、事務所にもどり、カンダ姉さまと打ち合わせ。あすはMりんママのキョウコさまもいらっしゃるので、事務所体制も充実!である。

ポスター貼りをし、夕方にはけいじろうの少年野球部の部費を取りに、某ママにわざわざ来ていただく。

「みんな、井戸さんのことはよく知ってますよ~。県政報告に『少年野球部お茶当番』って書いてあるし(笑)」

・・・・す、すごい。そんな細かいところ(←日程)まで読んでくださっているんですね!(涙)

そーくらパパ、次号もがんばろうね!

2006年12月15日 (金)

目が見えない・・・

ようやく、長い長い「決算委員会」が終わる。

質問作り、ポスターの張替え・・その他もろもろで、

ほとんど寝ることができなかった。

あまりの疲れのためか、目が見えない。急激な視力の低下に危機感・・・

と、思ったら・・・

今朝、コンタクトを入れようと思ったら・・・・

目の中から、折りたたまれた透明の物体が・・。

コンタクトである!

いつからこれは存在したのだろうか?

ああ、怖い~。

プラス」昨日は中学の懇談会。

年末である。

2006年12月10日 (日)

プチ水無月会&五大陸のクリスマス

統一地方選の改選に当たる県議や神戸市議の任期半年前になったので、

演説会告知ポスターを個人用から政党用のものに張り替える作業をしなければならない。

実際、政治活動を行っていると、

公職選挙法を読んでも読みとれない?の部分が存在することがあるのだが、

例えば「地方議員や立候補予定者のみ(国会議員抜き)の弁士のポスターを作るのはいい?悪い?」なんてのも、

一々確認をせねばならない。

で、確認をすると選管は「一応、警察に聞いてみてください」と言うし、警察は「選管に問い合わせてみてください」ということで、

結局は東京の総務省本省へ照会して、そこからまた「確認作業」をしてもらい、

結果的には「可能です。オッケー」との回答をもらった。

戸籍法の裁判のときも感じたのだが、本省はどんな問題にも必ず何らかの「結論」を出す。

これは、すごいことだ・・と思う。

さて、9日(土)は午後までポスター張替えを続け、夕方からA姉、k支部長、そして甲南大学で教鞭をとられるため岡本を訪れていたF氏とともに御影で会食。

実はワタクシたちは年代こそ違えど、大学時代同じサークルに所属していた。

サークルでは「水無月会」という同窓会があるのだが、最近はなぜか誰の元にも?案内が来ず、

A立先輩が「では、プチ水無月会ってことで」と企画してくださった。

サークルは基本的には東女と一橋の合同であったのだが、F氏は東大で初めて外部?からの入部だったそう。

ご専門の金融コンプライアンスのお話も交え「なぜ談合が起こるのか」というシステムをやさしーく教えてくださった。

慶応の医学部も受かっていたそうで、「東大の入試問題は簡単なんですよねぇ」・・・・って・・・マジですか??

「文一だったら、うちの息子の先輩なんですね」と、さりげなーく、K先輩がおっしゃる。

K先輩・・・・息子さん、東大だったんすか??

めちゃめちゃおしゃれで、すてきなK先輩。今のお受験ママとは対極にあるタイプなのだが、ライフスタイルのクオリティで、学力はつくということなのだろうか??

久しぶりにクラクラした。

夜は夜でまたクラクラ。

「五大陸の会」のクリスマス会ってことで、家族が一同に介した。

夫連れ、子ども連れ、国籍もいろいろ?で、草食系、ティラノ系等いろいろだったのだが、

会場となったのは会員メンバーの東灘区の某高台。

・・・・・「これは幻想に違いない」(BY Rパパ)

アンビリーバブルな豪邸がそこにはあった。映画でしか知らない世界だぞ~!!!!

帰宅後夫とも話したのだが、

この地域の人々の「文化人蓄積密集度」って尋常じゃない、と思う。

どっかで、この雰囲気、あったなあ~と思ったら、・・・オランダのライデンだわ。

めちゃめちゃ優秀な日本人が集中していた、あの感じ。

刺激の強い年の瀬でございます~!

2006年12月 8日 (金)

ヒマラヤ岩塩

地獄の決算委員会が始まった。

朝からずーっと議会にカンヅメ。夜は会合があって、帰宅してからは「育児」。

夜中にむっくり起きだして、原稿書き。

昨日、というか今日も午前4時半まで「孤独な戦い」でした~。

でも「健康生活部」も「産業労働部」の質問も、

委員の先生方から「よかった」と言ってもらえて、うれしゅうございます。

・・・というわけで、日記も更新ままならず。

潤いのない日々の中、12月2日(土)3(日)の週末は、久々に楽しい時間を過ごした。

特に土曜日は、「人生でもう一度過ごしたい1日」であった。

朝一番でモンゴル自転車旅行の「忘年会」のため、水戸から夜行バス「よかっぺ号」にて、ゆーすけ君登場。

そういちろうとは妊娠中からの「友人」であり、居住地は遠く離れたけど互いの成長を定点観測する仲である。

午前中は私の政治活動につき合わせて六甲アイランドの餅つきへ。

午後からUSJに連れて行き「放し飼い」をしようと思ったところ、イキナリの暴風雨。

ゆーすけ君に何が食べたい?と聞くと「・・回転寿司」。

「がんこ」が目の前にあったので、「入ろうか」というと「回ってるのがいいんですけど」と言う、

「なんで?」と聞くと「父が回転寿司、嫌いなんです。回っているのが許せないらしくて」

いいよな~、K家(笑)

石子路之会の忘年会もめちゃめちゃ楽しかった!

自転車という、自分でこがなければ前には絶対進めない世界を愛する人々の「健全さ」。

ああ、今、子育てにかけているのはここなんだ、と思う。

夜10時、「よかっぺ号」で水戸に帰るゆーすけ君を送って、梅田へ。

かなりの「長距離」なのに、バス停があまりに普通で驚く。

また、いっしょに、世界を見ようね!!!

日曜日。夜には岡本にてジャズコンサート。

うわあ、「大人の時間」~!!

昨日までの「質問」作りで、うまく表現できないけれども、

日常からトリップできて、本当に大事な時間だった。

帰りにMりんからあたたかメっセージとともに「ヒマラヤ岩塩」をいただく。

「食用だけど、お風呂に大さじ一杯入れて、リラックスして」。

以来、毎朝、出勤前に楽しませていただいております。

おかげさまで、不思議なことに、肩こりも消えた。

ありがとう、Mりん!

ありがとう、ヒマラヤ岩塩!!

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »