« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月25日 (金)

怒涛の日々、再び

怒涛の日々、再び、である。

5月21日には東京で772条関連出生届の提出と記者会見。

記者会見場で、次の日の朝のテレビ番組へのゲスト出演を依頼され、急遽東京泊に。

夜は政経塾同期の市村代議士&his friendsとともに、なぜか「モツ鍋屋」さんへ。

(↑永江元民主党兵庫県連幹事長~、ちゃんと役目を果たしておりまっす!)

21日の出生届提出時には、今までで一番多くのマスコミ関係者が。

これだけ関心事になったのだなあ、と感慨も。

互いの信頼関係をしっかり築き、「心の友」となった記者さんたちとも再会できうれしゅうございました~。

フジテレビの「特ダネ!」ゲスト出演は、なかなかいい経験になった。

「打ち合わせ」と言っても、小倉さんや佐々木アナウンサーとはぶっつけ本番で、

後からオンエアのVTRを見たら、ワタクシが発した発言にフリップがついていて、びっくり。

多分、どなたかが発言する予定のコメントだったに違いない。すんませーん(笑)

いつもであれば、我が心のふるさと?東京駅の大丸で買い物をし、癒され、新幹線に乗り組むのだが、

この日は昼から東京女子大の同窓会(芦屋)があり、とんぼ返り。

その後、参議院全国区候補予定者のかわいたかのりさんが事務所にお越しになるので、

その準備のためにも急いでカムバック。

かわいさん、めちゃ、面白かった。

我が応援団長&副団長、井手やすお市議予定者ご夫妻等で盛り上がった。

というわけで、帰ってきたら、「本業」が続々・・で、参議院選挙兵庫選挙区 への対応や、新しい議会での諸々が束になって押し寄せてくるぅ~。

ちなみに、今期は「文教常任委員会」に所属する予定。

「いやあ~、民主党から井戸が来る、とわかったら、自民党は誰を送り込んでくるか・・楽しみだ」(by先輩議員)

ワタクシも楽しみである(笑)

2007年5月20日 (日)

明日は東京

金曜日は「闘う大学生」アツキ青年と、その友H君と楽しい時間を過ごした。

彼らは今、大学の事務所と闘っているらしい(笑)

保育園では、いつも取材に来てくださっている某氏と職場が一緒のお母さんと出会う。

某氏は2日前にパパになったそう。おめでとうございます!!

なんだか、この出会い数珠繋ぎ状態ってすごいよね。

さて、土曜日は事務所で仕事をしていると、

我が「闘う応援団長」から電話。

「できました~!」

なにが「できた」かというと、

県連会長 辻泰弘参議院議員の等身大パネル。

ワタクシのたっての希望で、「右手をパー・バージョン」を、パネルにしてもらったのであ~る。

手作りでこれができる技術・・さすが元ヤ・・おっと、それは内緒でした(笑)

無人の事務所に、野球の練習から帰って来たけいじろう。

「お、おかあさん、部屋を開けたら 辻先生がおーいって叫んでて、びっくりした!」

いや、叫んでないんだけど(笑)

確かに叫んでいるように見えるよね。リアルだ(笑)

一目見たい、という方は是非とも我が事務所に起こし下さい。

「かわいたかのり」バージョンとともに、お迎えいたします。

明日、2007年5月21日(月)は民法772条にとっては転換点の一日となる。

先に出た通達により、離婚後の懐胎が証明されれば前夫に対する嫡出推定の及ばない子となり、母の非嫡出子、もしくは事実上の父の嫡出子としての届出ができるようになる。

4年前、この通達さえあれば・・煩雑な裁判や、1年にわたる数々の陳情活動をせずに、

すんなりと海如の出生届も受理されたはず・・と思うと、個人的な労力の無駄もさることながら、司法のコストにも思いが至る。

本来はもっと早くに決断してしかるべきだったと思う。

まあ、いずれにせよ110年ぶりに180度違う解釈を公に示したわけで、

そういう意味では法改正にも匹敵する意味はあるのだが。

明日は、墨田区、足立区の各区役所へ行き、支援していた赤ちゃんたちの出生届の提出に立ち会う。

彼らが通達第一号。

集合時間が早いため、朝6:00新大阪発の新幹線に乗る予定なのだが・・

席の予約を取りに行ったら・・・

「窓際も通路際もいっぱいで、三人席の真ん中の席しか空いていません」(by摂津本山駅職員)

とほほほ、である。

明日は記者会見の他、厚生労働省大臣へのお礼状持参、14:00~15:00 最高裁判所への陳情、 総務省訪問、外務省にてのパスポート関連報告

等、各省庁での活動もある。

長い一日になりそうだ。

2007年5月18日 (金)

パース版 わらしべ物語?

21日に、法務長通達によって出生届が受理されることとなった772条ベビーたちの

区役所での届出&記者会見の準備でバタバタである。

厚生労働省、総務省、外務省・・そして最高裁判所へも陳情をする予定なので、

一般質問の準備をする前に、ああ、またペーパーとの闘いである(涙)

「チャングム」な取材の後も、

取材が相次いだ。

いらしたのは、いずれも元気なお嬢さん方だ。

ワタクシにもこんな時代があったなあ、と思わせるような(笑)

さて昨日はパースから一時帰国しているKyokoさんと会い、いろいろ刺激的な時間を過ごさせていただいた。

つい半年前、オーストラリアで出会ったばかりというのに、幼馴染と会った感覚。

パースで6軒の豪邸を所有するまでの衝撃的な「わらしべ物語」??も聞け、密度の濃い一日となった。

おみやげにいただいた「山ちゃんの手羽先」も、おいしゅうございました!!

今週中盤にはドロン嬢も来てくれ、ディープな話をいろいろした。

先日はワタクシたちの「触媒」であったHくんとめったにいかない「ジョリーパスタ」でバッタリ会ってしまったのだが、

ドロン嬢も「王将」で会ったらしい(笑)

縁深すぎ、である。

これから保育園の会合&某大学研究の一環として事務所訪問団?がやってくる予定。

2007年5月13日 (日)

チャングムな取材?!

昨日(5月12日土)は韓国文化放送の東京特派員の皆様が神戸のわが事務所まで取材に来てくださった。

「娘と冬ソナツアーに行ったんですよ」(by夫)というと、

「チャングムはわが社の製作です。チャングムはよいドラマでした」と特派員氏。

・・・チャングムを制作するほどのチャンネルに出演するかと思うと、なんだか緊張である。

取材の合間に韓国の事情をいろいろ聞いた。

儒教の国も、いまや「離婚率世界一」だそうで、新しいルール作りも求められているらしい。

が。

金大中時代にはそれなりの大変革があり、

姓についても、子どもは親の姓からひとつづつ取って、たとえば金さんと朴さんの子は

金朴が苗字となるんだってさ。

これはかの昔、わが国でも福沢諭吉先生が唱えていた案。

いろいろ教えてもらえて、勉強になった取材であった。さすが「チャングム」(笑)

午後からは設計士の先生とお会いして、いろいろと意見交換。

本日(13日・日)は、

午前中、「はるかのひまわり」の種植えに参加。

午後から灘区のたじ神戸市議の後援会総会。帰りはよこはた市議にお送りいただいたのだが、その道すがら「灘のだんじりパレード」が行われているのに遭遇。

おっ、あれは・・・はっぴ姿の石井けんいちろう県議だあ~。

手を振るワタクシタが目に入らぬほど、めちゃ苦しそう・・いやがんばっている石井県議であった(笑)多分明日は筋肉痛??

・・・そうそう、その石井けんいちろう氏&石井ひでたけ氏、ワタクシの3人のうち、1人が6月定例会の一般質問の割り当てに当たっていたのだが、

「6月はチトきつい」

という共通認識の下に、円満な????話し合いの末・・・ワタクシが質問に立つことになった。

ということで、またもや、パソコンと格闘の日々が巡ってきます。

2007年5月 9日 (水)

追記

今日(5月9日)午後8時20分から、J-WAVEに出演します。

八塩圭子さんのラジオです。

東京地区の人は、是非!

(先日のNHK・・部屋が暗かったよね~。実はあれがワタクシの新事務所。

あの画像を見て壁にホワイト板を張らねば~と思ってしまったよ・・笑)

やっと、つながったぞ。

ご無沙汰でございます。

引越し漬けの毎日、それにともないネットもつながらなく(なんで接続移転にこれだけ時間がかかるのだろうか?NTTで10日間、ヤフーなんぞ、2週間以上もかかるのであーる)

ってことで、HPの更新も物理的にできなかったのでございます。

パソコンに向かえない時間は、読書に移行。

引越しの良さ?のひとつである、昔の蔵書をひっくり返しながら、いろいろ読んだ。

その中でのベストは、東大建築学科・村松伸さんの「象を飼う」であった。

国立にある著名建築家の中古一戸建て購入&リノベーションの顛末を書いた本なのだが、読ませる、ぞ!

村松さんの文章に潜む「中国人」的感覚も懐かしい感じである。(以前にも日記で書いたが)

さて。

めでたくネットがつながり、最初にアクセスしたHPは・・

石田ひかりの「まあるい生活」である。

なんてことない子育ての日々が書かれているのだが、癒される~。

時間の流れを変えられる文章、なのである。

おかげさまでメールが400通溜まっていた・・にもひるまないでいられましたわん。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »