« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月25日 (火)

原因不明?

家のネットがつながらない。

OCNに問い合わせたが、原因不明。

メールの件は「ゴミがついているのかもしれない」とのこと。

ゴミって、一体・・。

しかしのう、ネットがつながらないというのはことのほか不便。

いろんな意味で機能不全じゃ。

(これも県庁で、休み時間に書いております。カワノ隊長!カワムラ先生はじめメールを返信できずにいる皆様、すみません。もうしばらくお待ちを)

しかし、時間と予定は止まることなく進んでいく。

体力限界!と思っていると、「井戸さん、明日の朝はどこですか?」(byイハラ青年)

ひょえ~、朝の街頭活動のお誘いだわあ~。

ってことで、先週は朝6時半~8時45分まで摂津本山駅南口、北口、住吉駅北口でビラ配り。

「事務所も大掃除しましょう!」とこれまたハッパをかけられ、休日も事務所に出る。

若いって・・疲れ知らずなのね(笑)

といっても、面倒なことは全部イハラ青年に任せ、私は書類整理に集中。

お昼に二人でラーメンを食べに行くと、「おっ、長男さんですか?」

頼むよお~、私は大学生の母じゃないぞ~(涙)

本業の「母」としても、この週末は長男の中学校の運動会。ここから怒濤の運動会ラッシュだ。保育園の父母の会立ち上げも最終版。追い込みで、毎週会合がもたれている。

しかし・・働くお母さんたち、お父さんたちの仕事ぶりのなんと頼もしいこと!

あっという間に規約やら、当日のタイムスケジュールやらができあがって、ホントすごいぞ!

兵庫県庁でスカウトしたら、と思うほど。(おっと、実際、県庁職員さんもおられるのでした~!)

この週末には芸術の秋?の一環で、地域のだんじり文化についての講演会にも参加。

「おやじの会」や「本一パパレンジャー」の皆様もお疲れさまです。

さて、今日から、9月県議会が始まった。

行財政改革がもっとも大きな課題。政務調査費関連は大幅な進歩がありそう。

すべての部局で、予算「3割カット」を目指している井戸知事。

今日の概要説明もいつもに比べて短かったような。これも「3割カット」の一環か?(笑)

・・・・・・・

秋風が吹いてくると、オランダでの日々が思い出される。

あんなに身体がでかいのに、妙に家はこじんまり、かわいらしいオランダ人。

運河の運ぶ空気の甘さ。

電磁調理器でわかすコーヒーの湯の硬さ。

吝嗇な割に、贅沢に暮らしていると感じられるのはどうしてなんだろうか?

我が家にオランダ文化を根付かせたいと、

密かな野望?を持ちつつ、カーテン柄にゴッホを選ぶ

なかなか秋の来ない日本であたふたする9月のワタクシである。

2007年9月21日 (金)

メールも飛ぶ(涙涙)

メールも飛んだ・・。

3700通の蓄積分が一気に・・・。

パソコンが初期化されている。

なぜだ~??

ほかのPCを操作しているうちに、大学時代の先輩から5月にもらっていたメールを発見!

す、すいません。20年ぶりなのに!

他にも返信等で非礼をしていることもあるかと思います。そうだったら、ごめんなさい。

復活できるかどうか、この週末格闘します。

2007年9月20日 (木)

力作、飛ぶ(涙)

「UIゼンセン三昧」と「終わらない委員会」の前につづったはずの大量の日記が、飛んでいる(涙)

但馬丹波地区の視察の内容を書いたものなのだが、再び書く気力と時間が今はなく。

しかし、最近は減ったものの、Macを使っていたころにはよくあったこの「脱力感」。

ああ・・。

終わらない委員会

関西ではおなじみの「やしきたかじんの『そこまで言って委員会』は一時間番組だ。

もちろん編集カットをしているので、キッチリ時間内に終わるのだが、

我が文教常任委員会は・・・始まる前から延長が予定されている委員会である(笑)

もちろん自由闊達な意見を戦わせるのに時間制限などあってはならないのだが、

最低限の議論のマナーは守った上でという大前提がある。

同じことを繰り返したり、自分の持論をとうとうとはなして、ほかの人の質問機会を奪うことになってはいけない。

ってなことは、ワタクシは小学校4年生のときに、担任の河内先生からがっちりと仕込まれた。当時学級会の議長に選出されていたため、学級会では司会の役割だったのだが、

一人一人の意見を尊重しつつも、ある時点では会としての結論を出さなければならない。

そんなとき、どうするべきか。

河内先生の言葉がぐるぐる回る。まさかそれが30年後、兵庫県議会で役に立つとは思わなんだ(笑)

そう、そうなのです。

視察に続けて行われた14日の委員会でも委員長はお休みで、ここでも「委員長代行」として委員長席に座ることに。

国会でも「予算委員長」のポストをめぐってすったもんだしたけれども、いや、ほんと、委員長ってお飾りではなく、ホントに重要なポストなんだと座ってみて座ってみて感じるのであった。

この日の委員会は終了予定時刻の12時をはるかに超え、終了は午後2時近く。

多分、河内先生のご指導がなかったら、夕方までかかったかも?

終了後すぐ、少子化対策特別委員会。

阪神地区に建設予定の「こどもの館」事業に対し、疑問を発せさせていただいた。

今、子育てに必要なのは大きな建物をたてて、運営を民間に任すことではない!(←そのにも大きなうまみが生まれてしまっている。各市の誘致合戦を見よ)

もっと、きめ細かい、多くの人々が受けられる支援を考えるべき。

終了後、十五夜会。

日程、きつすぎ(涙)

UIゼンセン三昧

9月4日に野田聖子さんにお会いしたのは、城崎温泉(但馬地区)。神戸の自宅からは片道3時間。つまりこの日は1時間の面会時間をはさんで、往復6時間の運転となった。

さすがに疲れて、城崎洞窟温泉にて日帰り湯に入ったのであった。

9月6日(金)からは神戸地区の納涼会に始まり「UIゼンセン」の行事が続いた。「毎日会っているよね~」(by村上支部長)

OL時代、労組の婦人部副部長をしていた

身としては懐かしい我が家的なところもあり、ゼンセンの活動を愛している。

9月7日(土)UIゼンセンの男女共同参画委員会で講演。その後の懇親会でも実のある時間をすごさせていただいた。ワークライフバランスの問題等で意見交換。

帰り道、議論を反芻。

「仕事をしている女性は充分に家事をしていない」という世間の思い込み?のようなものを払拭するような活動を堂々としたほうが、ワークライフバランスを保つための方法と言うのが見えてくるのかもしれないな、と思った。

9月10日もUIゼンセンのUIゼンセン参議院選挙反省会。夜には辻泰弘参議院議員が東京からやってきて合流。いや~、辻先生、元気やわあ。「君には負ける」と言われたけど、どう見てもワタクシの10倍は元気だと思う(笑)

2007年9月 6日 (木)

野田聖子さん!

自民党の野田聖子衆議院議員にお会いする。

民主党の誰に会うより、緊張するぞ。

細い!顔小さい!そして、すごいオーラである。

もしかすると小沢代表以上かも。そりゃ、30代で大臣を勤め、あの郵政選挙を自力で勝ち抜いてきたわけだから、言葉の一言一言が重い。

「名刺の写真よりキレイじゃない。写真、老けてる。変えたほうがいいよ」とのアドバイスを受ける(笑)

何のために、誰のために政治をやるのかがはっきりしている人の、すがすがしさ、潔さ。

いろいろお話している中で、ホントはもっと前に会う機会もあったということが発覚。

一方で、ワタクシの方には野田さんにお会いするためにはここまでの時が必要だったのだとも思う。

ワタクシの目標は「地方政界の枝野幸男」なのだが、

もう一つ「民主党の野田聖子」も加わる(笑)

いつもの日々?

前日のキラびやかな世界とは間逆。

朝から子どものお弁当を作り、掃除をし・・日常生活が戻ってきた?

兵庫県議会と神戸市議会の政策勉強会。

ワタクシは次世代育成部会の部会長。

夕方からは兵庫友愛・民社の納涼会。

大物揃いの結婚式!

この日をどれぐらい心待ちにしたのか。松下嬢が「今日が来たのが寂しい」と言っていたが、まったく同感だ。

政経塾同期の本多平直前衆議院議員と西村ちなみ衆議院議員の結婚式。そのまま民主党の常任幹事会が出来るのでは?というほどの大物ぞろい。

小沢代表、菅代表代行、鳩山幹事長、渡部恒三最高顧問、江田五月参議院議長、岡田克也副代表、前原誠司副代表・・・。

一説によると民主党主催のパーティより大物揃いだったんだってさ。さすが本多君、ちなみさん!である。

Ozawaeda_2 Okada_2 Maehara

小沢・江田・岡田・前原~うーん、すごいぞ!

「井戸さん、久しぶり。ご無沙汰いたしております」

おおっ!細野豪志衆議院議員ではないか!!

「テレビで見てました」(by細野氏)・・って、さ、それはワタクシの台詞である(笑)

Hosono

細野&モナ・・じゃなてくて ちゃっぴー

年金の長妻議員やマンション偽装の馬渕議員等とも記念撮影。

Nagatuma Mabuti_2

双子?と言われている小宮山泰子衆議院議員はおば様である新珠三千代さんのお着物とお母様の帯を締めて出席。

Komiyama

小宮山泰子さん・・ノリが一緒で~す!

菅氏のご子息菅源太郎氏とも初対面。

「民法の井戸さん、知ってますよ~」

ほんと?

Kangenntaro

←源太郎氏。若かりしころの菅さん、そっくりなんだって。

本多君のおかげで同期のみんなとも再会できてうれしかった。

政経塾と言うと政治関係者ばかりと思われるが、実は実業界や教育界でも活躍している人は多く、相模興業の加藤君(国会や霞ヶ関ビルの砂利は彼の会社のモノ)や東進ハイスクールカリスマ講師の荒巻君は同期を側面から支援してくれている。

2次会幹事の桑畑君、松下嬢、お疲れさまでした~。

そして、本多君、ちなみさん、末永くお幸せに!

Syuugou1

新郎新婦、菅夫妻と同期で記念撮影!

菜の花会

またまた東京へ。

松下政経塾出身の女性塾員で作る「菜の花会」に出席。関塾長もご出席。我が選挙区には塾長のお知り合いの財界トップがお住まいで、選挙中には「宣伝カーが来ない」と塾長経由でご指摘を受け回ったことも(笑)

先輩方、後輩たちも結婚や出産等に迷いながらも、前向きに突き進んで行っている。

楽しいひと時だった。

夜は松下嬢夫君のご招待でフレンチの夕べ。6時半から11時過ぎまで・・一体何時間語ったのかというくらいしゃべり倒した。ワタクシと松下嬢のイナズマトークについてこれるって、すごいよ、夫君(笑)

神戸で36時間

翌日の30日(もく)女性議員フォーラムに続き行われた地方議員フォーラムに参加。森本卓郎氏の講演を興味深く聞く。

視察と研修続き。週末はまた東京なので、滞在を伸ばしたほうが体力的には楽だが、引越し中の我が家が気になり神戸へ戻る。自宅着は午後10時過ぎ。

31日(金)

短い滞在中になんとか粗大ゴミの処理等をこなし、「帰ってきてくれて、ありがとう」と夫に言われる(笑)

なんとかこの2日、36時間の間に仕事をこなしたいと、

家の工事関係打合せ、事務所で郵便物発送作業、夕方から歯医者も詰め込み、夜は保育園の保護者ワーキングチーム、陳情についての報告等を掛け持ち。

海を見ていた午後~「なごみプライムナイト」

「なごみサミット」は、6,7年前私と大学時代のサークルの先輩が立ち上げたネットを使った勉強会で、そのメンバーを中心に銀座の和食屋さんで「プライムナイト」。

我がソウルメイトのふーさんや、ほぼ20年ぶり!となる東京女子大の先輩りっこさんと再会できるとあって、とても楽しみにしていたのだが。

店に着くなりふーさんが「荷物になるけど、お土産があるんだ」と、取り出したのはソーダ水。東京限定で売っている「海を見ていた午後」バージョン。

どうしてこういうことするかなあ~。

つらいときでも「もうちょっとがんばろう」と思えるのは、こうしたふーさんの励ましがあってからこそ、なのだ。ありがとう!さすが「勝手に前世双子」なワタクシたち。

今回の「プライムナイト」参加者は金融関係が多く、いろいろ刺激を受ける。開成人脈はすごいね。灘中人脈も加わり、無敵だわ~。

りっこさんは20年経ってもりっこさんであった(笑)

ひ、姫井さんだあ~民主党女性議員フォーラムで講演

829日、8時過ぎの新幹線に乗って東京へ。6時半過ぎに新大阪を出発したインターン諸君と東京駅で合流。東京には仙台の方がアクセスよいのね(笑)

国会ではまず党の厚生労働部会を見学。白熱の年金問題。座っている議員を見ると・・山井衆議院議員、武正衆議院議員、松本剛明衆議院議員、そしてれんほう参議院に、あっ、かわいたかのり参議院議員だ~!生・長妻議員も見てしまった~!!

しかしこのぐらいの議論は県議会にも欲しいよな~。委員会のやり取り等、わが議会を振り返りまだまだだなあと思った。

午後からは民主党女性技法議員の会「女性議員ネットワーク会議」に参加。前年度お会いした方と、再選を喜びあいながらお会いできるのは本当にうれしい。

この会で、なんと私は講師を務めることとなっているのだ。もう1人の講師は参議院議員の姫井ゆみ子さん。昨年は岡山県議会議員として参加なさっていた姫井さん。まさかこんなにブレイクするとは、ご本人も思っていなかったことだろう。二人で話が盛り上がり、司会の方に注意されたぞ(笑)

私に与えられた演題は「離婚後300日規定への取り組みから」。国政マターである民法改正に一地方議員としてどう取り組んだかをお話させていただいた。

皆さんの共感を得て、772条の改正に向け積極的に取り組んでいくことを会の決議としてくださることに。そして各地でこの9月議会で意見書提出を行ってくださるという。ありがたい!

引き続き行われた懇親会では、地方議員の方に加えて女性国会議員も多数ご参加いただいた。と、向こうから「親しげ光線」を投げかける方が。おお、私たち選挙を戦うものにとっては羨望の的ともいえるNTT労組出身の吉川沙織参議院議員。私が吉川議員の顔を知っているのは当然なのだが、お会いしたことがないのに、なぜ笑顔?と、思ったら・・「昔、井戸さんのご主人のお世話になったんです」ひょえーっ!すごいご縁だ。

「なごみサミットプライムナイト」出席のため、中座。

東北へ

827日~28日。

兵庫県議会民主党・県民連合の会派視察で秋田県・岩手県へ。

自殺予防対策や県民交流事業、認定こども園の現状等を見る。

時折りしも増田総務大臣誕生で沸く岩手県であったが、245億円をかけて建設、年間維持費が8億円、収入が6000万円の施設を見、ぶっ飛んだ。地方分権の行く末にちょっと不安が(笑)

岩手県庁では政務調査費等に関しての調査は勉強になった。

そのまま東京に行く予定だったが、明日からの民主党女性地方議員の会「女性議員ネットワーク会議」での講演準備が出来ておらず、PC環境の整った仙台の実家へ寄る。

家の前の道が2倍になっていて驚く。数年後には地下鉄の駅が出来る予定で、地価高騰が予想される。その前にと住宅分譲ブームでもあり、お隣近所もすっかり状況が変わっている。

仙台駅で購入したスーツを見るなり、姉が「あんたにはきつそう。私の方が似合うと思う」と言い出し、着てみたらほんとにそうだった。

ってことで、姉がゆるくて着れない同色のスーツと交換。とほほ。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »