« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月29日 (土)

わらしべ長者?@参議院

さ、酸素、くださいっ!

ってぐらい、殺人スケジュールでした、今週は(涙)

24日(月)

りかの小学校卒業式だというのに、追加の分の常任委員会が入ってしまって式には出れず(涙)

その後、ツーリズムの勉強会×2つ。

終了後、資料作り。インターン嬢とともにもくもくと午後7時半まで@県庁。めちゃお腹がすき、ふたりで「タンタン麺」。

25日(火)県議会最終日。

午前11時から本会議。

12時から中部日本放送のインタビュー取材。「仕事をしている雰囲気で」とのリクエストに答え、会派控え室で撮影。「なんや、そのために机きれいにしとったんかあ~?」と言われる。ばれた?

午後1時過ぎから「全国偽装ラブホテルをなくす会」のメンバーとともに知事面談。

井戸知事は、戸籍のときも感じたのだが「兵庫発全国波及問題」に関してカンが働くところがあって、この問題についても前向きな姿勢。

マスコミもたくさん来てくれた。ありがとうございます!

午後2時からは「公会計システム」に関して財政課担当者へのヒアリング。

終了後、またまた資料作り。

2月26日(水)

早朝5時54分摂津本山発の電車に乗り、東京へ。

「偽装ラブホテル」に関する国会陳情じゃ~!!

午前10時~厚生労働省、11時~警察庁。

12時30分から泉健太衆議院議員。

午後1時~国土交通省、午後2時~記者会見。

午後3時半~文部科学省、午後4時半~総務省。

省庁5つへの陳情って、半端じゃなく大変じゃ~!!

んでもって、午後5時過ぎからは国会議員回り。

へとへとになりながら行き着いた先「参議院」。

経緯を書くだけでも3000字は要りそうな感じなので割愛するが、まさに参議院テレフォンショッキング状態で

徳永参議院議員→石井一参議院議員→福山哲郎参議院議員→神本美恵子参議院議員=翌日の内閣委員会質問!にまで行き着いてしまったのである!

陳情内容が次の日の国会質問で取り上げられるなんて、めちゃめちゃありがたし。

すでに質問内容も決まっていた神本先生に無理なお願いをして質問していただいたのだ。

神本先生は民法772条の無戸籍問題でも親身になって取り組んで下さっていて、本当に感謝、感謝である。

「特に大阪の方が、もう切羽詰っている感じで、なんとかしなくてはと思ったの。国家公安委員長も「やる」と言ったのだから、大阪府警も動いてくれると思うわ。動かなかったら、またいつでも言って来てね」

お優しい神本先生。ありがとうございます(涙)

しかあし、

神本先生の政策秘書さん、す、すごい!ちょっとの間に資料に目を通し、どこが重要かをつかんでいる!

福山くんの政策秘書さんのフットワークにも驚いたけど、うーむ。スタッフを見ると、これぞ「国会じゃあ~」としみじみ。

今回改めて感じたのはワタクシが県を越えてこうした活動できるのは、

国会の有能な政策秘書&秘書さんたちのおかげ、という事実である。

スペシャルサンクス 市村浩一郎事務所&辻泰弘事務所、である。

最終の一本前の新幹線で帰宅。時計は既に翌日に。

27日(木)、朝から夕方まで「本山第一小学校区」のエコツアーに。

松下エコテクノロジー等で環境対策のお勉強。参加者の皆様の向学心パワーに圧倒された。さすが本山第一校区、である。

28日(金)、3月10日締め切りだった原稿がまだ出来ておらず、今日こそせねば、と思い、「原稿書きスタイル」(ジャージで髪振り乱し)でパソコンに向かっていると

「井戸先生、10時から会派の幹事団引継ぎの会が始まっておりますが~」

むむむ。忘れていた!!!!

ってことで、慌てて県庁。終了間際に到着。

その後机の移動等を行い、またまた慌てて帰宅し、パソコンに向かう。

結局夕飯も作れず、家族はみんなでカラオケに行き、私は1人「あーでもない、こーでもない」と原稿書き書き。

やっと終わったのは午後10時過ぎ。

ああ~、政治資金の収支報告書も書かなくてはならないし。。。。

ってことで、本日(29日)は家族が甲子園に行っている間に、電卓たたきでございます。

2008年3月22日 (土)

週末に至る日々

さて、「十五夜会」に至る日々も、なかなかエキサイティングであった。

18日(火)は県庁にて懸案事項ヒアリングの後、大阪へ行き夫と一緒に「サントリー次世代研究所」主催のシンポジウム。テーマは「共立のデザイン」。

ワタクシのあこがれの佐藤友美子さん(次世代研究所部長)をはじめ狭間恵三子さん(同課長)朝廣佳子さん(奈良灯火会の前実行委員長)、茶谷幸治さん(長崎さるく博プロデューサー)、横江友則さん(スルッと関西代表取締役専務)、土井勉さん(神戸国際大学教授)

なに~。このめちゃ贅沢な集まりは!!

これこそ関西の「文化」である。

帰りに夫の「庭」である福島のおでん屋。

う、うまし。

で、会計みてびっくり。あれだけ食べて、二人で5千円!

いかに「7人家族」の食費が高いかを実感したのであった。

19日(水)は、宗一郎入院のための事前検診@大阪ボイスセンター。

んで。診察後、夜の神戸発仙台行きの飛行機に乗るはずが、

強風&雨のためフライトキャンセル??

ってことで、急遽、夕方の伊丹便を押さえる。

長男&末子の「一番手のかかる2人」は30日まで仙台じゃ。

これで、仕事に本腰入れられるでえ~!

姉のブログをチェックしたら、末子の肌着を入れ忘れていたそうで。

すんませんでっす。

20日(木)は、一日街頭宣伝活動。

今日、県議会に行ったら、他地域選出の某県議に「宣伝カー聞いたでえ」と言われる。たまたま東灘区にいたそうな。

悪いこと?はできんのう。

おっと、大事なことを書き忘れた。

今日は委員会&本会議で採決がありました。

20年度予算&政務調査費条例改正。

20年度予算には、いろんな思いをいだきつつ賛成。

政務調査費に関する条例改正について、我が会派からの案は残念ながら否決。

議員団会議等で来年の人事や所属委員会の話も。

年度末である。

2008年3月21日 (金)

稲造、降臨?!

時折、ワタクシの耳元に

「理不尽と対峙せよ~。今がその時じゃ~」

と、稲造先生が降臨することがある。

3月に入ったら、いくつかの問題が別々に重なってブレイク。

電話とメールとファクスの間を動いているような毎日。

疲れ限界なのだが、今、インターン生も来ているので朝立ちもしているのであ~る。(昨日は久々に街頭宣伝カーで町に繰り出した!)

で、今日は「十五夜会」。なんと19回目。

テーマは「医療」。講師はインターン。

前回「撃沈」したので、どうなることかと心配していたが、

本番で実力発揮。

横畑市議の上級コースの質問もあったが(笑)

ドクターK先生のナイスフォローもあり、充実した時間を過ごせたと思う。

ありがとう、皆さん。ありがとう、インターン生!

新しく来てくださった方々もいらしたのだが、充分に対応できずすみませんでした。これに懲りず、次回も是非!

2008年3月16日 (日)

「It's a small world」

14日(金)。

一日、事務作業をした後「大阪日程」で、大阪NPOプラザで事業報告。

プラザの内部&外部委員の方々に一年間の事業報告と課題を報告。

支援をしてくれているI嬢とともに冷や汗もの?であーる。

夕方に神戸に戻り、キャサリン嬢とともに神戸コレクション。眉毛の施術の「さわり」を受ける。

そのときはあまり変わった気がしなかったが、翌朝びっくり。なんにもしていないのに、眉毛が出来上がっている!!

めちゃ楽。

ハリウッド女優が愛用するサロン「アナスタシア」が、神戸そごうにオープンするのに伴うプレゼンだったのだが、さっすが同窓生のAさま。めちゃめちゃ上手なご説明で、神戸コレクションの中でも一番の賑わいであった。

ワタクシも開店めがけて、予約せねば。

15日(日)は、兵庫県公館で行われる神戸県民局の行事。

芦屋時代にお世話になった方や、東灘区のふれまち関連の方々からお声がけいただく。

終了後、インターンの女子大生2人と元町「観音屋」でお茶。

若者ってええねえ~。悩み自体が楽しそうだもの(笑)

16日(日)。三宮にて小池県議の後援会総会。途中中座して、本山交通公園にて開かれた保育園のお友達のお別れ会。

ワタクシの息子たちが通っている保育園のお母さん方はなかなか皆さん個性的で、

経営者(Rちゃんママだぜ!)、医師、放送局、大学教員などなど、みんなその道を究めており、話は尽きない。

今日の会話だけで「デスパレードな妻たち」書けるぜっ!って感じ(笑)

しかし、久しぶりに日光にあたり過ぎたたか(ホントだよね)家に帰ったら、めちゃ疲れており、子どもたちを怒鳴るワタクシであった(笑)

さて

今日のお題の「不思議な縁」であるが。

キャサリン嬢とも神戸コレクションに行く道々、「この縁、どないなってんの?」ということを話しっぱなしだったわけだけど。

それとは別に、いつも有機野菜を宅配している篠山の吉良有機野菜農園さんから電話をもらい、四方山話の中で、我が息子の行く高校が毎年篠山に行っており、ぬわんと担任となる先生と吉良さんが知り合いということが発覚した!

すごすぎである。

それと、今日のお別れ会に出席したドクターO嬢のお母上とのつながりも分かり、なんでしょう、この世の中はやっぱり「It's a small world」なのね、と実感した次第であ~る。

2008年3月13日 (木)

明日に架ける橋&大地讃頌

ね、眠い。

今週は「街頭演説強化月間」なため、朝、5時起きでございます。

「救いの神」は、昨日でめでたく宗一郎が中学卒業=弁当からの解放じゃあ~!!

なんか、これは「働く母親」の呪縛なのかもだけど、明日お弁当を作らねば、と思っただけで、めちゃプレッシャー。

ワタクシは冷凍食品は使わない。時にローソンで、ということがないことではないが、

基本的には朝から朝食もかねて夕飯なみの料理。

しかし、我が夫ですら、全てが終わってから(子どもたちが食べたのちに)おきてくるため、その日の朝の努力を垣間見ることはない。

ともかく、「食わせな」プレッシャー。

弁当がなくなった瞬間、なんだか、めっちゃ、気が楽。

だって「パン」でもオッケーなんだよ~。ウインナーと卵焼きだけでも!

おっと、長々書きすぎたぜ。

さて、その中学卒業式。ワタクシにとってはこれ以上ないたまらない卒業式!

というのも。

ご存知の通り、ワタクシは「理系男」に弱い。

息子の理科の先生、街頭で会ったりしても、めちゃクール。ひそかに大ファンであったのだが。

その先生が、泣いておられるではないか~!

そして子どもたちが退場した後、最後の挨拶がその先生。

「卒業生が退場したときに、懐かしい曲が流れていたのに気付かれましたか?サイモン&ガーファンクルの『明日に架ける橋』です」

♪ きみが弱ってしまって、自信もなくて 
 目に涙を浮かべたら 拭ってあげる
 友もなく 辛い時には、そばにいよう
 荒々しい流れに 身を横たえて 橋になろう

 きみががっかりして 孤立して
 どしゃぶりの闇のなかで 道に立つとき 慰めてあげる
 暗闇が来て 心が痛みで一杯だったら  肩代わりしよう
 荒々しい流れに 身を横たえて  橋になろう

 船出しよう  きみは銀に輝く
 ごらん、輝くよ  時も  満ちゆく夢も
 友が必要なら  きみのあとから 漕ぎ出そう
 荒々しい流れにかかる  橋のように ♪

「彼らが傷ついたとき、この中学が、自分たち教師が、受け止める存在であり続けたい」

名門中学、と言われながらも、この学年はいろいろあり~ので、先生は大変だったと思う。

「しかし、教師としてはその落差が大きいほど、感動が大きい」とも。

ワタクシの目は正しかったと、思わせていただきました~!(実はワタクシもポールファン)

担任を受け持ってくれた先生方や校長先生にも感謝。

で。卒業式では「大地讃頌」が歌われた。これって、ワタクシたちが中学の時にも歌ったよね。そうそう、「讃えよ~、ほめ~よ、土を」ってやつ。

すごいな、30年の時を経て歌い継がれるって。

「蛍の光」は歌えなかったけど、「大地」は歌えたよ。宮城県の教育だよね(笑)

終わってからは固定資産税関連の調査等。

その後久しぶりに我が家を建ててくださった大工さん&ハウスメーカーさんに、既に壊れた手すりやガラスの修理に来ていただく(涙)

13日(木)は、朝の街頭の後、あちこち打合せの電話掛け捲り。忙しいぞ。

こんなときに限って地元関連の陳情ネタも入ったりで、お昼を食べるタイミングもなかったぐらい。

明日は大阪日程&夜は神戸コレクションへ。東京女子大の先輩が出展しているので、めちゃめちゃ楽しみ!

2008年3月11日 (火)

デモ

自分に向いている職業ってなんだと想う?

と、聞かれたら、

迷わず「デモ隊」と答えることだろう。

ってことで、9日の日曜日は魚崎擬似ラブホテル建設反対デモ、に参加。

摂津本山駅から魚崎まで2時間半のエクササイズ、であった。

翌日は朝から街頭。

県庁にて極秘プロジェクト?のための来客。

たまたま控え室を通り掛かった某課長としばしの再会を喜び会う。

「管理職より現場にいるのが好き!」というオーラでまくりの職員の方って、信頼できる!のであ~る。

午後からはドットジェーピーの議員インターンシップで、民主党議員のもとに来ている学生さんたちの勉強会に参加。

各部局に分かれての討論等。

ワタクシの担当は、前にも書いたが「少子化」である。

自分の所に来ている学生以外の人々とも触れ合え、面白かった。

夜までスケジュールびっしりで、さすがに買い物に行く元気もなく、「うまみや」ってしまったぞ。

2008年3月 8日 (土)

ちゅーりっぷ

昨夜、NHKで「プレミアム10 TULIP ~青春のラストラン~」をやっていた。

「お母さん、なんでチューリップ見るの?団塊の世代じゃないのに」(byソウイチロウ)

うっ、嫌なタイミングで、鋭いことを言うなあ~。

前にも書いたが、県庁への道々、ワタクシの車で財津が掛かったら、かなり精神的に参っている、ということであーる。

財津和夫、60歳ってすごいよね。

60歳に癒される42歳ってのも、なんだかなあ、なんだけど、

少なくとも聴いているときは20歳ぐらいタイムトリップしちゃっているわけで、

時には(気持ちは)日本も脱出していうるわけで、

時も場所も越えてしまうゲージュツってすごいと、やっぱり思ってしまうのであーる。

2008年3月 7日 (金)

大阪日程

3月6日(木)

朝から大阪日程。

我がNPOの事務所がある大阪NPOプラザで、来週に迫った年に一度の業務報告に関しての事前打合せ。

いつもながら、Iさんにはめちゃめちゃお世話に。甘えっぱなしである。

ワタクシどもが活動できるのも、大阪ボランティア協会の優秀なスタッフのおかげなのである。感謝、感謝。

ワタクシが打合せをしている間に、学生インターンたちに資料作りをお願いする。

終了後、大阪府庁に。

ハシモト知事VS民主党 代表質問の傍聴。

他府県議会の傍聴は、なかなか出来そうで出来ないので、たまたま夕方のお仕事までの間の2時間を有効活用。

一問一答式は新鮮だが、答弁に具体性が欠ける欠点もあるなあ。

「ああ言えば、こう言う」能力では、もしかすると、井戸兵庫県知事の方が上かも。

(福祉医療関連施策での公約違反を問われ、「実施時期まえ一年間の周知期間を設けたから公約違反には当たらない」という意味の答弁をしていた。ふーむ。役人経験がなければ言えない答弁じゃ)

急いで中ノ島に戻り、モンゴルのオヨーン外務大臣歓迎レセプション。

ぬわんとワタクシ、外務大臣に花束贈呈の大役。

オヨーン大臣は地質学のPhdで、しかも4歳と1歳のお子さんのお母さん。モンゴルでは圧倒的な支持を集めるカリスマ女性政治家、なのである。

どんな「女傑」かと思えば、驚くなかれ、見た目は「雅子さま」そっくり!!

このレセプションには我が同僚吉本県議会議員のご好意で参加させていただいたのだが、

旧知の関経連メンバー(含息子親友父)&関空会社の皆様とも再会でき、楽しゅうございました。

隣のビルに勤める夫をピックアップして帰路に。家に着くと3番目が39度の熱。

いつもは憎たらしい息子も、熱でぐったりしていると、とてもせつない。

薬を飲ませても熱は下がらず。食欲もなく、心配。

あっちは入院、こっちはお熱。。。。

母の宿命とは言え、なかなかハードワークですわい。

3月7日(金)は、政経塾受験希望の本山中学校卒業生(25歳)と面談。

その後は家に戻り、看病しつつ某出版社から依頼の原稿書き。

2ヶ月前に頼まれたのに、気がつけば締め切り日は過ぎていたぞ~!

明日は朝から民主党兵庫県連の常任幹事会&連合デモ&委員会役員会ってことで一日三宮の予定。

けいじろう、早く直りますように。

2008年3月 6日 (木)

休ませてくれへんなあ~

いやはや。

昨日、宗一郎と大阪ボイスセンター受診。

前回の診察で撮った声帯のVTRを、他の先生にも診てもらった結果を聞きに行った。

ポリープの状況より、声の状態が悪いらしく、「手術」と相成りました。

受験も終わったと言うのに、なかなか休ませてくれへんなあ~。

しかし。

ポリープ除去後の声、楽しみではある。

「賛美歌向き」になるかしらん?

2008年3月 5日 (水)

3月になりました

気がつけば三月。気がつけばもう5日。

先週の週末は、井戸父来訪&朝起き会や、神社の初午祭等地元行事があり、

3日(月)は常任委員会。

終了後、インターンとともの伊丹市にある乳児院さんを視察させていただいた。

親がなんらかの事情で子どもを育てられない場合、乳児院に預ける選択があるわけだが、

ワタクシ自身もはじめて施設をみせていただいて、またじっくりお話を聞かせていただく中で

いままで「偏見」や「思い込み」で見ていたのかと、反省させられた。

また、社会的使命を果たしている乳児院のおかれた状況もよくわかった。

具体的な支援の施策を考えて行きたい。

4日(火) 本会議。採決アリ。

その後、税務署に向かうが、お世話になった方がなくなったとの報。

お通夜へ。

5日(水)

お葬式後、大阪へ。

ボイスセンター受診。

今日&明日は大阪日程。

2008年3月 1日 (土)

長い...?

長~い2月議会。とりあえず本日、本会議の代表質問&一般質問が終わった。

総勢18人の質問をじっと聴くのは、結構な苦行。

耳は楽しんでいるのだが、背中が~。

たとえて言うなら、エコノミークラスの南回りアムステルダム行きに乗り、バンコク、カイロで途中給油。それを4往復ぐらいした感じかしらん?

ともかく、身体がバリバリになります。

しかし、この議会、収穫がありました。

まずは、我が会派の大塚議員の一般質問。

彼のことを「寡黙なプリンス」とワタクシは名づけているのだが、

ともかく多くを語らない。だからこそ、言葉を発したときにはおもわず耳をそばだててしまう。

田崎真珠→10年間の農業生活を経て、「なぜ県議会に来たのか」を、

演説口調でもなく、いつもの速度で語る姿に、議場みんなが釘づけ。

道路の優先順位の話、県立美術館について等、質問のセレクトもよかった!

ブラボー!

ってことで、今回の「ブラボー大賞」は大塚議員で決まり!と思っていたところ、翌日に協力ライバル現る。しかも、そのお方はいつもワタクシの隣の席で、お気楽話に花を咲かせるパートナー石井ひでたけ議員。

んんん~。

「こんなん、クワシかったんだなあ」(by上野議員)というように、

「デリバティブ」の話や、道州制への突っ込み等、いや~、よかったっす!

「だろ~。今日はおニューのスーツにネクタイ。質問に備えて、昨日は5キロの走り込み。『ブラボー大賞』は総合点で、わしやろ~。毛染めまでしたんだから、その辺の努力を買ってくれよん!」(by ひでたけ議員)

いや、「毛染め」の努力がなくとも、充分にブラボー大賞だわ~。

ちょっと、読みが早かったけどね(笑)

うーん、甲乙ツケがたいわあ。

しかし。。。一方で散々だったのは、今回の場合、自民党の若手であった。

我が方とは明らかに、差が~。

じっとがんばって聴いていたインターンの皆さんは、どうお感じになられただろうか?

さて。

「長い」といえば。

ここ数日、くたくたで帰宅しつつも、夜中にPCにてe-taxと格闘(涙)

体験談に「忍耐力をつけたいのなら、禅寺よりもe-tax」と書いてあったが、

まさにそのとーりっ!

こんなんだったら、税務署に行っちゃったほうがはやいやろ~って感じだったが、

総額500億円もしたシステムに、「負ける」のも悔しい。

そして、めでたく、今日、申請!!!!

ほんとにほんとに「修行」でございました~。

いずれにせよ、夫関連の申請で税務署には行かないといけないのだがね。

これで、来年からはバッチリ!だわ~、と思いつつ、年に1回のことに、これだけ苦労しているワタクシって一体!?という気もするのであった(涙)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »