« お江戸でござる | トップページ | »

2008年4月26日 (土)

「帰ってきた」と思う瞬間

怒涛のお江戸出張から帰り、家庭訪問2連発。

県庁での会派当番等々、やっぱりなんだかんだ言って、バタバタなのであーる。

そんな中、「お楽しみ」であった在阪某局超有名女子アナとのランチ会@芦屋。

ワタクシがもっとも信頼し、尊敬する記者さんもご一緒にイナズマトーク炸裂であった。

皆、同じ年代の子どもを持つ母であり、時に家庭より優先せねばならない仕事を持ち、

しかしどこかで「なんとかなるのよ~」と楽観的だったりして。

某アナは阪神大震災で建てたばかりの家が全壊した。

意気消沈しつつも今年100歳になるお祖母さまの身を案じていくと、逆に励まされたという。

「家ぐらいなんとでもなる。大阪行けば食べ物もある。大丈夫」と。

日露戦争を知ってる世代の含蓄深い言葉の数々。さすが船場の御料さん。(頭の中には志垣太郎が・・笑)

5月のお江戸行きが3回と決まり、想像するだけでつらいのだが、

昔に比べれば楽だよな~、半分以下の努力・忍耐で済むなんてラッキーなのかもしれない。

「そりゃそうだよ。ついこの間の『なごり雪』の時代には『汽車』が走ってたんだぜ」(by夫)

さて、出張の多い日々の中で、ワタクシが好きな時間は、一瞬の風景に「帰ってきた~!」と思う一瞬である。

昔は大田区から川崎へ多摩川を渡り、向こうにランドマーク&みなとみらいが見える瞬間が、「マイホームタウン!!!」って感じだったのだが、

最近では新幹線ではそれを感じず、もっぱら車を運転しているときに「帰ってきたぜ~!」と実感する。

その風景とは、阪神高速で大阪から淀川を渡り、布亀の看板が出てきて、次に「○'s」という看板が出てくる瞬間である。

おいおい、ラブホの看板でほっとしている場合じゃない!のだが。

(ちなみに西宮市内でラブホテルで届出は一軒も出ていないので、西宮市内で「ラブホテル」と思われるものはすべて『偽装』である)

みなさまの「帰ってきた瞬間」は、どんな風景ですか?

ちなみにうちの夫も「O’s」の風景には郷愁を覚えるらしい。西宮・芦屋・東灘にお住まいのかたがたは、みんなそうだったりして?

« お江戸でござる | トップページ | »