« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

れんほうさん、登場!民主党の「いくよ・くるよ」??

Photo れんほうさん、登場!

「本音トークTea Timeスペシャル」として、ご講演いただきました!

さっすが。

TVジョッキーとか、司会していたんだもんなあ。

「しゃべくり」のプロ、である。

「次は、入閣してね!」という会場のお声に

「まだまだ。一年生議員ですから」(byれんほう)

(れんほうさん=次の内閣「年金担当副大臣」でございます)

「1年生」って・・ホンマかいなあ~。この貫禄。

すでに「党を背負ってる」感、バリバリでんがなあ。

そうか、参議院議員って任期6年だから5年経っても「一年生」なのね。

衆議院だったら、ヘタすりゃ3期、だよね。

そのあと、街頭へ繰り出す。

Photo_2

「れんほう参議院議員が来ています!『生(なま)れんほう』!

白い方がれんほう参議院議員で、ピンクはワタクシ、井戸まさえ~」とやっているうちに、

「細い方がれんほう参議院議員・・・・」と。

ん?これって??

「民主党の『今いくよ・くるよ』かいっ?!」

しかし。ほんと、れんほう参議院議員。

機関銃トーク。頭の中は怒りと優しさと、それを具現化する政策と数字でいっぱいって感じ。

新型インフルエンザで、いろいろ会合がキャンセル相次ぐなかで、「神戸を元気づけるために!」と決行を決め、また休日の、お子さんとの時間を割いて、来てくださってありがとうございます!(阪神大震災の時に、2日目から1ヶ月間神戸に滞在したれんほうさんは、神戸に特別の思い入れをもってらっしゃるのです)

会場にお越しの皆さんから、続々と「ありがとうメール」(楽しい会に呼んでくださってありがとう!との内容。こちらがお礼を言わないといけないのに・・)

会場で、街頭で。

れんほうさんを見つけると、みんなが「笑顔」になる。

政治の役割、政治家の役割。

その本質を教えられました!

2009年5月29日 (金)

ヒショ ひしょ 話

以前、東京に行った折、

盟友本多君が、

「せっかく東京まで来たんだからさ、イケメン議員を呼んでやるぜ~」

といって、ご紹介いただいたのが寺田学衆議院議員と津村啓介衆議院議員。

どちらもめっちゃ優秀なお方。

楽しい時間を過ごさせていただいたわけだが。

以来、あの忙しい中で「毎日更新」を律儀に守っている寺田代議士のブログを愛読しているわけなんだけど、HPの中に「秘書のヒショ ひしょ話」というコーナーがある。

秘書のヒショひしょ話。

なんだか、覗いてみたくなるよね。

と。

我が事務所の秘書キャサリンが、ネイルサロンでキレイにしてもらっていたとき

某支部長の秘書さんから電話をもらい、「ヒショ ひしょ話」をしたという。

「今、どんな活動してますのぉ?」とか、親切にも、キャサリン用の選挙本番の予定表を作ってくれたらしく、メールで送っておいた、とかもろもろ情報交換。

「ポスター張替、大変でしたよね~。何部隊出したんですか?」(某区秘書氏)

「1部隊のみだよーん」(byキャサリン)

「えええええええ~。まじっすかあ????」(ドン引きする秘書氏)

あちこちから応援が入ってバリバリ交換している、みたいなイメージみたいなんだけど、

それは大いなる誤解で、本当に1部隊。しかも部隊員は2人(笑)

なぜ、これが可能かというと、部隊長は「ダンドリオ」なのであーる。

キャサリンも相当な「ダンドリーナ」なので、

このミッションが、「最少人数」「最短時間」で完了することができるのであーる。

しか~し!!

一生懸命張ったポスターが破られ、某所に丸めて破棄されていた、と警察からご連絡が。

悪い奴はいてはりますねえ~。

ヒショひしょ話だけど。

*************************

さて。

今朝は次期衆議院選挙用のマスコミ各社の写真撮影、アゲイン。

半年前にも撮ったけど、「賞味期限切れ」で使えなくなったのだった~。

帰りにまたもや「調査表」をお土産にいただいた。

この記入たるや・・・大変です(涙)

県議会に戻って、少子化対策特別委員会。

今日が最後の委員会。4年間勤めたのだが、最後はあっけなく10分で委員会終了。

「懇親会はぁ?」とある委員からヒショひしょ、と。

片道3時間かけて、この会議に出たのに・・10分とは、

「そりゃ懇親会もしたくなるわなあ」(by某議員)

もちろん、なし、だけどね(笑)

お昼からは「揺れる乙女」とランチ。

久しぶりに「天ぷら」食べたよね(笑)あ、これはヒショひしょだったぜ。

「揺れる乙女」。

巻き髪も揺れ、まつげエクステも揺れ、めちゃかわいい。

んで、細い!!!!

しか~っし!・・・彼氏を思う気持ちに「揺るぎない」ことは、まさえ姉さんは見抜きましたぜっ!

つっぱしれ~!

・・・・・心から応援しております。

午後からまた県庁に戻って、議員団会議。

控室で、K議員がワタクシを見て微笑む。

ん?微笑まれるようなことはなにもしておらんがなあ、と思ったら・・。

「ポスター、見たで」

あらま。

この業界きっての事情通K議員。隣の席のT議員とともに、ワタクシにとって「評価」が一番聞きたい議員の一人。

へっ、へっ、へっ。

まだ、驚かすことあるんですぜ?

明日は、れんほう参議院議員。

事務所は準備に余念なし。

と、突然、枝野幸男衆議院議員から電話が~。

「6月6日なんですけど、あの、ホントに6時間、いいですかねえ?」

「あ、いいよ~」

ええ人やぁ。

まったく偉ぶらず、謙虚で、すんばらしー。

一方で「さいたま市長選」を勝利に導いた辣腕ぶり。

選挙は強いでぇ~。ある意味、小沢一郎以上かも。

今日は「朝まで生テレビ」に出られますので、お時間と体力のある方は、ぜひ!

2009年5月28日 (木)

総理候補、続々!

「れんほう」効果、絶大。

ビラ取りが好調である。

インフルエンザの件とともに、衆議院選挙に関するマスコミの取材も再開された感があり、

あちこちから電話がかかってくるが、

「力強い応援が来ますよね~。しかもみんな『将来の総理候補』」

・・・確かに。

前原、れんほう、枝野・・・。参議院の福山君も、

10年後、いや5年後、「政権」を作っていてもおかしくないメンバーである。

ご本人公認で「枝野チルドレン」を名乗らせていただいているワタクシ。

6月6日の枝野さん来神の際は約6時間に渡って兵庫1区内を引きづり回す、いや、回っていただく予定。

すんごい体力だよ~。

さて。

今朝はJR住吉駅北口で街頭。

そこには三井住友銀行があるので、終了後振込等の用事を済ませる。

あ、そうだ!党本部からの交付金、入っているかなあ?と思って残高照会したら・・・。

おおおおおお~!

ありがたし(涙)

民主党の場合、いつ何時いくら・・というのが決まっておらず、財政的にはめちゃくちゃ不安定な中で、事務所の運営や活動展開を行っている。

某氏は交付金を心待ちにして25、26日と通帳記帳をしたが「ただいま記帳する内容はありません」の虚しいインフォメーションが続き、昨日、今日はやっていなかったらしいので、

お知らせするととても感謝された。

ポスター張替費用とか、それなりの出費を覚悟していたのだが。

全国の新人候補はみんな、一息つけることであろう。

昨日の党首討論で

「えっ、鳩山さんって、こんなに激しい人なの?」

と思われた方も多いと思うが、

政権奪取に向けて、ギア、入いっちょりますでぇ~!

2009年5月27日 (水)

臨時議会 開催

ちかれた。

臨時の県議会。

互いに読み原稿のみの質疑を聞いている間、

同じ姿勢で、動かず、寝ず・・・。座禅状態が夕方まで続くのであーる。

一方議場を見渡すと今日も寝ているお人、多し、であった。

こういう読み原稿、というのは、ちょっと聞き洩らすと、ひっかかりがなくなって、どんなことを言っているのかつかめなくなってしまうのだが。

たまに「はっ」とするようなことがある。

ぬ、ぬわに?ぬわんと言った?

今、確かに言ったよね??、みたいな感じで。

それがひそかな楽しみだったりするのだが・・・今日もありましたぞ。

知事、爆弾発言??(ワタクシは賛同するが)

・・・が、これに気付いたのは、ひな壇に座っている幹部の中でも若手の数人。

たぶん、原稿にはなかった一文なんだろうなあ。

たまに感じるライブ感。

今年度からは質問形式が変わって、もちっと臨場感が出る展開になる予定だが、

ドキドキワクワクする兵庫県議会に変わってほしい。

なにしろ、今日の議会で300回目を迎えたのだから。

******************

議会があると、日常活動ではなかなか会えない他地域の議員と話す機会が。

「井戸さん、ポスター変えたよね~。写真も変わってさあ。

あの写真、どこで撮ったの?教えてくれない?」

ええっ?

あの写真、お気に召しましたか?(夫からは「ダメだしメール」が来たが、そのまま強行突破した)

実はワタクシも他の人の写真を見て、こりゃええわあ~、と思って紹介してもらったのだが。

「私にも教えて!」

と、周りで聞いていた他の議員からも。

ポスター持って「営業」できそう?

******************************

民主党の党員サポーター集め。

今回は新人の先生方ががんばってくださいました。

平木さん、すごいぞ~。1区のナンバーワン!

井手さんもノルマ達成で、えらい!!

しっかりと地元に根ざしてがんばっていることの証明でもあり

とても頼もしく感じます。

2009年5月26日 (火)

民主党本部 新型インフルエンザ対策本部報告

5月25日に開催された民主党新型インフルエンザ対策本部において総務省より説明があった「予算面での対応について」ご報告申し上げます。

1.予算執行による対応

○これまでの累次の予算措置により、すでに、抗インフルエンザウィルス薬の確保、水際体制や医療体制の強化を実施。

○さらに、

・検疫所における停留等については、21年度当初予算の検疫庁費(4億円)により対応。

・感染患者の隔離入院における患者の医療費自己負担分については、21年度当初予算の感染症予防事業費等負担金(14億円)により対応。

・ワクチン製造については、21年度当初予算のワクチン買上費(66億円)により対応可能(今般の補正予算(1279億円)でも対応可能)。

2.地方公共団体に対する財政支援

○今般の補正予算に計上している「地域活性化・経済危機対策臨時交付金」(1兆円)の活用

○地方自治体の具体的な取り組みや経費負担の実態を踏まえた特別交付税による対応の検討

3.予備費の活用の検討

○なお、対応する必要があった場合、予備費の使用も検討。

(*)休業した企業に対しては、貸付や保証の活用により支援・対応。

***民主党兵庫県連新型インフルエンザ緊急対策本部長辻泰弘参議院議員が出席しました***

2009年5月25日 (月)

ロッケンロー もしくは パンク または ヤンキー

しびれるなあ~。

としろうちゃん。(7区)

ワタクシ、惚れております。

・・おっと、正確にいうと、

「としろう並びにとしろう事務所の仕事ぶり」になのだが。

ビシッと、あっという間に、しかし丁寧に張り替えられたポスター。

きっちりしてますでぇ。

久しぶりに「感動」いたしました。

いつも書くけど、「たかがポスター。されどポスター」で、

デザイン、色、貼り方を含めたメインテナンス、を見ていたら、

「仕事ができる」か「できないか」

一発でわかる(ような気がする・・笑)。

いずれにせよ、としろうちゃんの仕事ぶりは、見ていてとても気持ちがよく、

「こいつは信用できるぜ」と思わせる。

プラス、ワタクシもがんばらねば、と思わせてくれる。

ありがとう、としろうちゃん!

***********************

さて。

最近(おっともとから、だが)のワタクシの事務所では、

「モノマネ」がはやっている。

初級編(誰でもそれなりにできる)

副代表 並びに 第一秘書嬢(特徴、ありすぎ、だよね!)

うちの秘書キャサリン嬢は某有名政治家東京事務所の女性のモノマネが得意だ。

直接電話したことがないが、このモノマネで、かなりのイメージが出来上がってしまっている。

ワタクシは某女性参議院議員のマネができるでぇ~。

「新人は○○なんて語らなくていいのよっ!」(←おっと、あぶない)

えっ、どうしよう、ワタクシもマネされていたら。

あ、でも、真似されるって、実は大事なことなんだと思う。

キャラが立っているわけだから。

事務所は、そんな感じで、いつも笑いが絶えない。

******************************

今日は定番の予定のほかに、お世話になった方の絵画展をのぞいた。

なごみます。

その後、そーくらパパのところへ行き、いろいろ打ち合わせ。

行く道々、大音響でCDをかける。

もしかして・・ワタクシ、ホントはロッケンローしたかった?!

先例や常識をブレイクしていくエネルギー。

魂を揺らす言葉。

それは詩?それは音?

政治もロック、なんだろうが、なんだかイマイチ、かっこよくないところが、ねえ。

まあ、5人子ども産んでる段階で、かっこわる?

パンクで、ヤンキーなわけなんだけどさっ。

2009年5月24日 (日)

働きマン

インフルエンザの件で、イギリスのタイムズより取材を受ける。

「何よりマスクが不思議」とおしゃっていたが、

ヨーロッパでは雨降っても傘ささないしなあ。

(松下幸之助の経営理念「雨が降ったら傘をさす」は欧州では通用しませんねん・・笑)

さて。

この時期は外向きの活動は自粛をしていたので、

いろいろ籠ってお仕事。

ずーーーっとやらなければならなかったにも関わらず放置してきたことなどをこなす。

横畑市議が打ち合わせにやって来た時には、作業はピークを迎えてて、

ワタクシはすっぴん、秘書キャサリンは糖分補給のため、ポッキーを加えながらパソコンに向かっていて

我が事務所はまさに「働きマン」状態。(ワーキングウーマンが仕事がピークに入ると血中の男性ホルモンが増加して、通常の3倍の速さで仕事をする。その間寝食恋愛衣装衛生の観念は消失する。=安野モヨコ作マンガ「働きマン」より)。

「市会議員の先生様がいらしているのに、この状態はないよね~」

と、一応気を遣って見せたが、

「いつものことだから」(by横畑市議)

しかし。

この状態。どこかで「懐かしい」気がする。

そうだ。「たっちゃん家」だ。

なにもない、ただ時間だけがあった子どもの頃、

年代もバラバラな子どもたちが「たっちゃん家」に集まって、「なんか面白いこと」をしようと頭をひねっていたあの頃、である。

木ノ下町内会の子どもの「福利厚生」向上のために、みんなで「連帯」して(笑)

*******************

「連帯」。

ワレサ議長じゃないよ(笑)

でも、好きな言葉。大事な言葉。

先日、兵庫県の新人公認候補者で集まって情報交換したのだが、

「女性が入ると、こんなことが起こるんだねえ~。なんだかんだ言って、会合以外で集まるの、初めてだよ」(by2区)

「個人競技だからこそ、チームワークが必要」とは、陸上部の恩師丸山先生の教えであるが、

我々は「近畿ブロック」の仲間なのだから、助け合い、励ましあい、時に「分け分け」&「パクリ合い」ながら(笑)、それぞれのパフォーマンスを上げていかなければならない。

傷をなめあうのではなく、向上することが、「連帯」する意味、意義である。

****************************

「選挙は○月○日だから、ぬかりなく準備をするように」

この週末を前に、「連帯長」から、指令が来た。

「働きマン」スイッチ、オフにできんなあ。

・・・ってことで、事務所は、まず、チョコ関連の備蓄準備。

ぬかりありません(笑)

2009年5月21日 (木)

新ポスター

昨日、完成した新ポスター。

写真も「夏バージョン」にお着換えしました。

早速、反響あり。

「断然、いいわあ~。やっぱり明るい服の方がよいっ!」

「顔の色、白すぎ~。まあ、鳩山さんの色が濃すぎかも、だが」

などなど。

確かに、単独で見るとそうでもないが、鳩山さんと比べると、私は「色白」だわあ。

(ちなみに鳩山代表のカラーは「勝負ネクタイ」のゴールドを使わせていただいた)

ま、次、作るとき、ちょっと濃いめに出力させてもらいまっす。

しかし。

ポスター一枚作るにも、結構神経質に「党本部・癒しのコーチ」に電話してしまうワタクシ。

文言やら何やら、いやあ~、ホントお騒がせしてすみません!

と。

朝、某元衆議院議員の先生が事務所に寄ってくださった。

「やることが、相変わらず素早いなあ~。驚くわ」

いや、これはワタクシが素早いというよりは、印刷屋さんが。

頼んで「中1日」。

乾いたんかあ?と思うほど、早すぎ(笑)エクセレント、でございます!

たぶん、うちが「日本で1番最初に張替をした」民主党候補予定者??・・だろうかなあ?

インフルエンザも、来週には学校が再開する見込みになってほっと一息。

朝の街頭では、心から「お疲れ様でした~!」とお声掛けさせていただいた。

今朝は時事通信さんの取材も来ておりまして、もしかしたら、皆様のとられている夕刊にワタクシのマスク姿が載っているかも、でございます!

時事通信さんも、朝からお疲れさまでした!

2009年5月19日 (火)

民主党新型インフルエンザ緊急対策本部ヒアリングに参加

Photo

Photo_2

菅対策本部長、直嶋政調会長、長妻政調会長代理、福山政調会長代理・・・

民主党の政策のキーを握る皆様の前で、

当該地域である兵庫県並びに兵庫1区の状況を、県連会長辻泰弘参議院議員とともに報告させていただきました。

東京駅に着いて驚いたのは「マスク率」の低さ。1%、あるかなあ。

神戸三宮、元町は95%ぐらい。

会議でも感染についての話題が多かったが、すでに発生している地域では

そこに加えて社会生活をどうするか、という切羽詰まった問題があり、そのあたりを中心に訴えさせていただいた。

兵庫4区の土肥隆一衆議院議員も障害者の皆さんの作業所関連の話、介護施設のことなどを担当部局に聞いていたが、

官僚のご答弁は・・・結局は「そこまで気が(頭が)回っていなかった」ということなのだと思う。

気を回さねば、「国民の生活」は守れない!

上京は、「昨日決まって、今日実現」という感じだったのだが、

兵庫県の各総支部長は少なくともこの休校・休園が続く間はしばらく活動自粛中という方も多く、会合もキャンセルが相次いでいるのだが、

偶然にも空いた時間で、党本部の方々に現場の状況をお伝えできてとても有意義であったと思う。

いつものじゃじゃ馬ぶりを、しっかりと受け止めてくださって、辻代表ありがとうございます!

コーチのSさんも、心配だったのか?ずっとそばで見ていてくださった(笑)

(おっと、あとから考えると・・あの「事件」はすごい、見出し記事にもなるようなことでしたよね~。もちろん、書きませんが・・笑→Sさま)

悪いことをしていないけど、なんだかしゃべっただけで怒られそうな?長妻議員がソフトで、ジェントルマーンであったことに、新鮮な感動。ファンになってしまいそうである。

国会議員と地方議員や、各県連とのつながり、連携を作っていきたいというのは、

常日頃、ワタクシの思うところでもあるのだが、

危機管理等の分野でもしっかり連携して、実を出していきたい。

東京に向かっています

民主党本部の新型インフルエンザ対策本部(菅直人代表代行=本部長)での

ヒアリングのために、兵庫県連代表辻泰弘参議院議員とともに東京に向かっています。

当該地域の現状をきっちり伝えてきたいと思います。

しかし・・・大阪、兵庫で自宅待機をしている児童・生徒は144万人超。

大変なことです。

民主党兵庫県連新型インフルエンザ緊急対策本部~保育に関する相談窓口ができました

昨日の兵庫県産業労働委員会で事務局長井戸まさえが要望した、休業中の保育についての相談等ができるようになりました。

姫路市等では、やむを得ない状況の場合は、保育所で保育を行っています。

お困りの方は、ぜひご相談を。

以下は兵庫県の発表。

保育所の臨時休業に伴う対応

 兵庫県保育協会、各市町等の協力を得て、次のとおり対応します。

① 各保育所において、園児の保護者からの、電話による育児相談、

 健康相談等に対応します。

  ・健康状態の相談については、♯8000や最寄りの健康福祉

事務所(保健所)と連携して対応。

  ・必要に応じて、関係機関と連携し、保育士等による適切な対応を行う。

(対応の例)

兵庫県看護協会の協力を得て各保育所が「カンガルーネット」事務局と連携した対応 等

    

※カンガルーネット

会員制の病児・病後児預かりを行う相互扶助組織

② 保育士が保護者に定期的に電話を入れるなどして園児の健康状態の把握に努めます。

    保護者が休暇を取得して自宅で保育するには、事業主の協力が必要なことから、兵庫県商工会議所連合会、兵庫県商工会連合会、兵庫県中小企業団体中央会、兵庫県経営者協会などの団体あてに、各事業所における従業員の休暇取得等の配慮をしていただくように要請しました。

(産業労働部政策労働局労政福祉課・産業振興局経営商業課)

2009年5月18日 (月)

コンビニ、閉鎖。

JR元町駅。

我が事務所の最寄り駅でもあり、

改札を出たところには秘書キャサリンが毎日おやつの「スルメ」を買うコンビニがある。

「い、井戸せんせ~、大変ですっ!!コンビニがぁ~」

店員が新型インフルエンザに感染したため、閉鎖。

インターンのIくんは、マスク完備。

「電車の中は全員マスクでしたよ。僕ら世代が最もかかりやすいし~」

そやんなあ。

Iくんは神戸高校出身やし。

今日の委員会では、「出席者は最小限にとどめた」との報告もなされた。

過剰反応、とも言われるが、正確な情報収集と提供という「危機管理」の根本が問われている。

民主党兵庫県連新型インフルエンザ緊急対策本部~兵庫県産業労働委員会にて要望

本日午前行われた兵庫県産業労働委員会において

民主党兵庫県連新型インフルエンザ緊急対策本部事務局長を務める井戸まさえが以下の内容で要望を行いました。

************

兵庫県下の県立学校、県全域の市町立小・中・高等学校・保育園及び私立の小・中・高等学校・保育園の休校に伴い、休校・休園児童・生徒の保護者は、勤務を続けることが困難な状況に至っています。

休校・休園が7日間に限らず、中・長期化した場合は、生活自体が立ち行かなくなる恐れもあり、危機管理の観点からも早急な対応が必要です。

発熱等の相談窓口はあるものの、こうした子育てや勤務に関する相談窓口は休校等の発表から4日目となる本日までも設置されておらず、県民の不安が広がっています。

少なくとも勤務や保育に関する相談窓口を早急に設置すること要望しました。

高井産業労働部長からは、産業労働部に限らず本部が取り組まなければならない課題であることを認識したうえで、早急に対処できるよう本部会議で提言していくと答弁しました。

俊敏な対応を期待したいと思います。

また、民主党新型インフルエンザ対策本部と連絡を取り、

神戸の状況を報告させていただきました。

民主党としてもしっかりと対策を求めていきます。

2009年5月17日 (日)

子育てにおける「ジバン・カンバン・カバン」について

緊急事態、である。

休校・休園・・・・みんな、困っているはず。

で、あちこち友人たちに電話してみると、

すでに「22日まで休みます」と覚悟を決めた人。

自主グループを作って、育児シェアリングする人々。

職場に子連れで行く人。

親を実家から呼び寄せた人。

いろんな「やりくりパターン」があった。

地域のネットワークや実家が近くにあって(地盤)

職場を急に1週間休んでも納得させるだけの技能や資格があり(看板)

親を呼び寄せたり、ベビーシッターを雇えるだけの財力があること(鞄)

結局、子育ても「ジバン・カンバン・カバン」がないと、こんな危機には対処できない。

政界じゃないけれども、子育てをする前提としての環境に、そもそも「持てる者」と「持たざる者」が出てしまうのではいけないと思う。

「持たざる者」に対して、しっかりサポートしていく体制を取らなければ、参入する、できる人々は少なくなってあたりまえだ、

今回のことは、ますます「子育てリスク」を、今子育てしている人はもちろんのこと、これからと思っている人々にも認識させてしまうこととなりかねない。

民主党本部の対策本部では、厚労省はじめ各省庁にヒアリングを行ったが、

現場を経験しているものとしてしっかり声を上げていきたい。

民主党兵庫県連新型インフルエンザ緊急対策本部より~自主保育グループも立ち上がっているものの・・・

民主党兵庫県連新型インフルエンザ緊急対策本部です。

本日、新たに朝来市内で2名8、加古川市内で2名、芦屋市内で1名、西宮市内で1名、姫路市内で1名の感染者が確認されました。

芦屋市 10代後半 高専生 男性 発熱39℃ 咽頭痛 倦怠感 

朝来市 10代後半 高校生 男性 発熱39℃ 咽頭痛 下痢 腹痛 頭痛

朝来市 40代前半 教諭 男性 発熱38.6℃ 咽頭痛 頭痛 関節痛

姫路市 10代後半 高校生 男性 発熱38.6℃ 咳 咽頭痛 

加古川市 10代後半 高校生 男性 咳 咽頭痛

加古川市 10代後半 高校生 女性 発熱37.7℃ 咳 咽頭痛

西宮市 20代前半 大学生 男性 発熱 咳 頭痛 倦怠感

今後の対応に関しては、県立高校については新たな患者が確認された学校がある校区については休校の対策等を講じます。

なお、大学生等は、大学の判断に委ねます。 

当該地域において、休校になっている学校では、すでに各家庭に「臨時休校園中の生活について」と中学校等では「臨時休業中の課題」のプリントが配布されていると思います。

毎日13:00~15:00の間、電話により職員が子どもたちの健康状態を確認させていただきますので、ご協力お願い申し上げます。

また、臨時休校・休園中、保育の確保等ができず、子どものみのお留守番や、職場を休まざるをえなくなっていらっしゃる方々の中では、保育園の保護者の皆さんが自主グループ等を立ちあげ、助け合っている例もありますが、7日以上休校が続き中長期となる場合は、保護者も子どもたちも立ち行かなくなる状況も考えられます。

行政としても情報提供等も含め何らかの対策が打てないか、対策本部としても要望していきたいと存じます、

2009年5月16日 (土)

我が家も子どもたちも・・休校です

「新型インフルエンザ」の発生で、皆さんが準備をしてくださっていた「神戸まつり」も中止。

神戸市中央区、灘区、東灘区は全公立小中学校、保育所も22日まで休校なので、

当然ながら我が家の子どもたちもお休みである。

「試験もないのかなあ?」

・・そう、中学校は20日から試験の予定だった。

せいご2等兵は、今回感染した高校生の通う神戸高校のすぐ下に住んでいるが、

中3のお子さんの通う中学では、明日から予定されていた修学旅行も延期と決めた。

夜8時前、スーパーに買い出しに行ったら、マスクありとなしとは半々ぐらい。

店内ではいつもなっている賑やかな音楽が、なっていなかった。

冷凍食品など、保存が効く食品に、いつもより人が集まっているような。

神戸高校ではここ数日、休む生徒が多く、30人、40人と増えてきていたそうだが、

この学校に限らず、欠席生徒・児童の数が増えた段階で、行政側への報告や検査体制の確保などらかのアクションがあるべき(だった)かもしれない。

子どもの塾や習い事からは続々「お休み」のメールが。

野球も、空手も、ラグビーも。

子どもたちを外に出さずに7日間。

感染拡大を防ぐのが大一番だが、どの家庭もどうやってこの1週間をしのぐか、悩むに違いない。

げーむのない我が家は、将棋ぐらいしかないしなあ。

民主党新兵庫県連新型インフルエンザ緊急対策本部報告~事務局長 井戸まさえ

民主党兵庫県連 新型インフルエンザ緊急対策本部より、兵庫県の対応につき、ご報告申し上げます。(対策本部事務局長 井戸まさえ)

 

新型インフルエンザ患者(確定例)発生事案の概要及び県の対応

1 事案の概要

 5月16日、神戸市内の高校の生徒3名が、新型インフルエンザの感染が否定できない可能性があることが確認され(いずれの生徒にも海外渡航歴はなし)、うち1名の感染が確定した。

県内で初めての患者発生であり、県民にとって重大な危機であることから、「兵庫県新型インフルエンザ対策計画」に基づき、全庁をあげて万全の対策を推進する。

 〈症例1:3年生男性〉

5月12

■前日から発熱症状を呈していたため、医療機関を受診し、簡易検査によりA型陽性と判明。

■検体を神戸市環境保健研究所に搬送。

5月15

■神戸市環境保健研究所で検査を実施し、新型インフルエンザを否定できない可能性のある事案として、厚生労働省に報告。

5月16

■検体を国立感染症研究所に搬送し、検査の結果、感染を確認。

■患者は発熱外来に入院(ほぼ回復)。

 〈症例2:2年生女性〉

5月13

■前日から発熱症状を呈していたため、医療機関を受診し、簡易検査によりA型陽性と判明。

5月15

■患者は発熱外来に入院(ほぼ回復)。

5月16

■検体を国立感染症研究所に搬送。

 〈症例3:2年生男性〉

5月15

■発熱症状を呈したため、医療機関を受診し、簡易検査によりA型陽性と判明。

5月16

■患者は発熱外来に入院。

■検体を国立感染症研究所に搬送。

2 今後の対応

本事案については、神戸市とも連携のうえ、感染拡大を防止するため、対策計画に基づく第二段階(国内発生早期)の対策を弾力的・機動的に実施する。

 【対策の内容】

(1) 知事メッセージ(緊急事態宣言)の発出

  対策本部長(知事)のメッセージを発出し、県民に向けて、注意喚起を行うとともに、県の対策を周知する。

 (2) 患者が通学する学校が所在する学区である神戸市東灘区、灘区、中央区及び芦屋市において次の対策を実施(原則として5月16日~22日)

① 患者が通学する学校を休校する。

② 同学区に所在する県立学校及び県立大学を休校する。

  ③ 原則として、学校行事(修学旅行、校外活動等)は、中止又は延期する。

④ 同学区に所在する市立学校及び私立学校等に対して休校を要請する(神戸市は既に実施済み)。

⑤ 同学区に所在する保育所、高齢者通所施設等に対して休業を要請する。

    また、施設管理者に対して、利用者の健康状態を調査するよう要請する。

  ⑥ 同学区に所在する県立施設を休業するとともに、市立施設についても休業するよう要請する。

また、映画館やスポーツ施設などの民間集客施設に対しては、県に準じて休業、又は営業する場合でも、入館時に咳の症状を呈している者にマスク着用を徹底させるなどの注意喚起を要請する。

  ⑦ 同学区における県主催のイベント・行事等を中止するとともに、市主催のイベント・行事等についても、中止を要請する。

また、民間によるイベント・行事等についても、県に準じて中止、又は開催する場合でも、咳などの症状を有する方は参加を控えるなどの注意喚起を要請する。

 (3) 全県を対象に次の措置を実施

① 全県立学校について、各学校が生徒の健康状態を調査する。

また、市立学校及び私立学校等についても、設置者に対して調査を要請する。

  ② 交流事業等により患者と接した可能性のある他の学校の生徒を含め、濃厚接触者と思われる者の健康状態を調査し、風邪様症状を有する者があれば、速やかに医療機関の受診、簡易検査を勧奨する。

また、当該者に対して必要に応じて、抗インフルエンザウイルス薬を予防投与するとともに外出自粛を指導する。

  ③ 医師会を通じて医療機関に対し、海外渡航歴がなくともインフルエンザ様症状を呈して受診した者に関する情報提供を要請する。

  ④ 他の患者発生に備え、専用外来医療機関及び感染症指定医療機関での医療提供体制の徹底を要請する。

鳩山新代表選出

民主党の新代表に鳩山由紀夫幹事長が選出されました。

地域で伺う声では、岡田副代表への期待も多かったのですが、

残念であると思っていらっしゃる方々のお気持ちを含め、

「新しい民主党」「一人ひとりの幸せの後押し」を、

新代表のもと一丸となって体現していきたいと思っています。

鳩山新代表の奥様は神戸出身で、特に兵庫1区内で学校に通われておられたので、

ゆかりの選挙区ともなります。

自民党を離党し、新党さきがけ、そして旧民主党の立ち上げと、

日本政治の歴史的節目の中で重要な役割を果たしてきた鳩山新代表。

思いの実現のための最大のチャンス「政権交代」を、なんとしてでも実現していきたいと思います。

民主党兵庫県連 新型インフルエンザ緊急対策本部

民主党兵庫県連内に新型インフルエンザ緊急対策本部を立ち上げました。

本部長は参議院議員で厚生労働委員会委員長の辻泰弘県連代表

副本部長に県議会議員芝野照久県連幹事長と神戸市会議員団団長田中建三氏

石井としろう兵庫7区総支部代表(当該芦屋市を選挙区とする)

事務局長に、私 県会議員 井戸まさえ兵庫1区総支部代表(当該神戸市中央区・灘区・東灘区を選挙区とする)

が決まりました。

適切かつ迅速な情報把握と発信、感染拡大に対する対策と予防等について、

我が党としてもしっかりと対応していきます。

事務局長として、県民の健康を守る職務を遂行していきます。

新型インフルエンザ

神戸市内の高校生が新型インフルエンザに感染していたことが確認され、

神戸第一学区(神戸市中央区・灘区・東灘区=兵庫1区)の公立保育園、小学校、中学校が一週間休校となります。

感染が拡大しないよう、兵庫県としても万全の体制をとるよう、県会議員としても努めたいと思います。

2009年5月15日 (金)

「反発」??

兵庫県で民主党の衆議院候補予定者となれて、ラッキーだと、思うこと。

それは、

新人候補予定者の仲間たちが、それぞれに強烈に個性的なキャラ。

にも関わらず、5人はなぜか「波長」が合い、仲がよく、

単に仲良しクラブではなく、

協力できるところはしっかりと「分け分け」して、実を出しつつ、

「政権交代」という大目標に向かって、励ましあえる、というところである。

先日の小沢代表の辞任を受けて、代表選挙に衆議院候補予定者にも投票権を、という要望を連名で出したのだが、

こんなに素早く、みんなの心を一つにして対応ができる地域は、たぶん、兵庫県しかない、と思う。

・・・と。

今日の某新聞を読んだら、

ワタクシたちの行動が、

「異例の申し入れ」で、「兵庫県連も掌握していなかった」「反発」であると書かれていた。

まじぃ??

何度読み直しても、やっぱりこの主語はワタクシたち、である。

実際は、全然そんなことはなく。

「反発」だったら、もっと違う形でやるわなあ~。

県連会長にも報告はさせてもらっていたし。

「地方に憤り」という構図にしたほうが、確かに面白いんだろうがなあ。

明日の新代表選出によって、いよいよ「選挙モード」が加速するであろう。

ワタクシたちのチームワークを発揮するときは、まさに今から、である。

2009年5月14日 (木)

小沢代表辞任→新代表選出へ

衆議院選挙まで、残り4か月。

大変重い決断を小沢代表はされたと思う。

大目標である「政権交代」を、しっかりと実現できるようにがんばっていきたい。

16日(土)には新代表が選出されるわけだが、

小選挙区を預かる公認候補予定者や、党員・サポーターが投票できないことは残念ではある。

仲間たちと幹事長・党の常任幹事あてに申し入れを行ったが、

その後現職国会議員のみ、となった段階で、

「意見を聞かせて」とたくさんの国会議員の方々からお電話をいただいた。

投票はできなくとも、しっかりと意見を聞いてくれる、救いあげようとする人々がある。

ここが、民主党の良さ、だと思う。

ワタクシも兵庫1区の総支部長として、きっちりと皆様からいただいている声を伝えていきたいと思っているので、ぜひともご意見をお聞かせください。

さて。

代表が変わる、ということは、「時局講演会」の弁士も変わる、ということで、

新しいポスターを作成している。

さまざまなる「刷りもの」にも影響があるので、

その打ち合わせなどなど、いつにも増してバタバタの日々である。

しかしながら、「本音ウォーキング」は毎日欠かさず。

昨日は「午後2時~4時」という、最も人が歩いていない時間帯を歩いたのだが。

秘書キャサリンの英語の先生、「本音トーク」に参加してくれたプリティママ、せいご2等兵の妹(笑)・・・などなど、

「どうしてここで会うの?」という「知り合いとバッタリ!の連続」に、本当に驚いてしまう。

日曜日には、薬害エイズのY嬢とも会うしね。

縁のある人とは、本当につながっているんだね。

2009年5月 9日 (土)

あこがれ

7日、8日と東京日程。

休憩時間にホテルに戻り、「国会中継」を見る。

この「補正予算」。

一体、なんなのだろう?

「官僚」とは、日本の最高の知識レベルを集めたものだと一般的には認識されていると思うけど、これを見る限り・・・あまりにお粗末で、末期的だと言わざるを得ない。

7日の最終バッターは西村ちなみ衆議院議員。

盟友本多くんのパートナー。

「ちゃんと子供は二人生んだから『義務』は果たしたことになるかもしれない」 (by麻生総理)

・・・撤回されたとはいえ~。

これからも幾度も使われるであろうVTRの発言を引き出し。

お疲れさまでした~。

その質問後、ほどなくお会いした西村さん。

疲れひとつ見せず、淡々と、いつものように優しく微笑まれており、また気遣いバッチリ!

その元気さに、驚いてしまう。

県議会の仲間たちに見せたいよね~。

事前に原稿を準備して、それを「読む」という本会議の質問を終えただけで、みんなぐったりだもの。ワタクシも含めて。

(しかも、なぜか皆、この原稿を作るのがいかに大変だったかを人に語る、という習慣?慣習?があったりする・・笑)

それが、総理はじめ閣僚の前で、またNHK生中継もあるという緊張の中で質問をして、もちろんその前には質問内容の詰めもあり、なのにもかかわらず・・・「なにごともなかったかのよう」に、自然体なちなみ代議士。

よく、マラソンで、ゴール時点でバタッと倒れる選手と、ゴール後も軽いジョグで走り続ける選手がいるが、もちろん記録がいいのは後者の方である。

「国会議員」の資質の一つを、さわやかな微笑みの中に、見させていただきました!

あこがれ、だわ~。

年下、だけど(笑)

2009年5月 6日 (水)

めばちこ

最近、昔の知り合い?・・・か、どうかわからない方からのメールがいくつも来て、

返信していいものやらどうやら悩んでしまう。

この時代、この仕事。

通常より、より慎重にならないと、都合のよいところだけカットされて使われるのもいやなので、

結局、よっぽど確信が持てない限り、返事はしないことにしている。

メールのトラブルはやっと復旧したようなのだが、いずれにせよ、そんな事情なので、失礼があったらごめんなさい。

まあ、本当に近しい人だったら、携帯メールを知っていると思うので、そちらにくださいませ~。

おっと、携帯メールを打つの、めちゃくちゃ苦手なので、より返事が遅くなるかも、だが(苦笑)

さて、ここ2日ばかり。

小さい子たちが姫路の夫実家に行っていたので、我が家は高2、中2の息子、娘とワタクシたち夫婦のみ。

いや~、信じられないほど、「穏やかな食卓」。

「こぼすな~!」とか、「喧嘩しないで!!」なんて、怒らないですむなんて。

こんな日が来るのね(涙)

でも。

いつも思いだすのは、5人のこどもそれぞれの小さかった頃のことだ。

麦わら帽子をかぶった長男。(推定2歳)

紫のフリースが妙に似合った長女。(推定1歳)

まだ座りもできないのに、保育園の行事に参加した時の二男。(推定3か月)

キッズプラザでつかまり立ちをした黄色のロンパース姿の三男。(推定9か月)

ベビーカーですやすやと寝ている夏の日の四男。(推定5か月)

どんなにかわいかったか。どんなに愛しかったか。

一生の支えだわあ。

「しかしなあ、2人兄弟って、楽だよね~」(by夫)

まあ、そりゃ、そうだわなあ。今の4割だよ、半分以下でいけるわけよ、子育て労力(笑)

子育ては楽チンだったが、なぜか「めばちこ」ができ、只今格闘中。

明日、明後日(7日・8日)は東京日程。

GWも明け、いよいよ緊迫の日々に突入だあ!

2009年5月 5日 (火)

航海日誌~ユーミン・コンサート

そうそう。

GWと言えば。

7ヶ月間、毎朝街頭を続けた「ご褒美」?として、

夫&秘書キャサリン嬢と、行って来ました「ユーミン・コンサート」@大阪国際会議場。

20年ぶり、2回目(笑)

前回は幕張でみたような。

そのときのユーミンはあまりに遠く、小さく、スクリーンで確認せめばならなかったのだが。

今回は、うっそ~。何これ?!この距離で「生ユーミン」??

ってぐらい、すぐそこで歌っている。

大阪は恵まれていますなあ。

で。

クラシカルな衣装とグランドピアノで登場した教祖さまの最初の曲は「航海日誌」。

今回のテーマは「旅」であったので、まさに旅情をかきたてる演出であった。

前回行った時に、めちゃくちゃ感動した「リクエストタイム」は今回はなかったし、

声も2オクターブぐらい低くなっていた。

そして、さすがのユーミンもふくよかになっていたが、

それでも十分、感動で、楽しかった!

「幸せになるために」が「いちご白書をもう一度」の続編であることを知り、

なるほど~、とうなずいてしまった。ええ歌詞や(涙)

この仕事をしていると、メッセージの伝え方について、何かと迷うこともあるのだが、

①テーマの一貫性があること(定番)

②いい意味での「裏切り」があること(斬新さ)

そして、②が

③「次になにが出てくるか」という期待感をかきたてることにつながる

・・んだなあ~なんて、考えたりした。

夫は「14番目の月」が一番よかったと言っていたが。

ちなみに。

「航海日誌」は、歌詞では「後悔日誌」になっているんだね。

・・・てなことを、次の朝の街頭で平木市会議員に話したら、

「ええ~。行きたかったわあ~。私なんて、おととい10月のアリスの復活コンサート、朝からチケット並んだのに手前で売り切れ。ショックだったわあ~」

子どもの手が離れた世代のコンサート復帰。

こりゃ、「市場」として十分将来性、ありますなあ(笑)

子育て時代は「音楽」どころじゃないから、その頃流行った歌は全く知らないわけで、

結果的に「青春時代回帰」となっちゃうんだろうけど。

2009年5月 4日 (月)

知らなかった!

知らなかった。

・・・向山さん、4月からブログ、はじめていたのね!

「おもちゃ箱」もとい、「宝石箱」、毎日あけさせていただきまっすぜ~。

思っただけで、笑える!(嬉嬉嬉)

ワタクシのGW

朝、4時起き。

山登り三昧、でございま~す。

兵庫1区内には早朝登山を行っている山が6つあり、

うちいくつかをこのGWに。

いつも朝の街頭と重なってしまうので、なかなか伺えないのだが。

横畑市議の音頭で、事務所スタッフとともにあちこちいろいろ話しながら登る。

山登りの場合はあまり歩数は稼げないのだが、それでもこのGWはよく歩いている。

先日の推定3万歩に続き、5月2日は23874歩、5月3日は24471歩、5月4日は10922歩(おっと疲れが出たか?)

どう?としろうちゃん。(うちの夫が「としろう、GWスーパー街宣」に何度も遭遇しているそうでーす。「めちゃがんばっているように見える」、と言っておりました。・・見える、じゃなくて、がんばってるんだよね!!)

さかのぼって5月1日はメーデーだった。

メーデーと言えば・・。

ワタクシが疲れると、必ず思い出す映画「レッズ」の一シーン。

「世界中の労働者よ、団結せよ!!」のビラを持って、何度もオルグを繰り返して、あちこちにユニオンを作っていくウォーレン・ベィティ。

そうよ、そうなのよ。

世界を変えるのは、「ビラ作り」と「ビラ配り」。そして「オルグ」と「連帯」よ~っ!

・・という話を、挨拶でさせていただいた。

そして、レッズの原作「世界を震撼させた10日間」ならぬ、衆議院選挙まであと長くても130日間を、日本の歴史を変えるような「130日間」にしなければ、と。

・・・・130日って、結構、時間ないよね。

GWの兵庫1区の風物詩は「だんじり」。

今年はいろいろな地域にお邪魔させていただき、ご挨拶をさせていただいた。

子どもたちも法被を着て参加。

下の子3人はそのまま姫路の夫実家へ。

携帯の部品が飛んだり、メールがなぜか昨日から受け取れない状況になっていたり、

トラブルもあるが、

充実したGWである。

(メールを送っていただいている方は、復旧までしばしお返事等ができません。待っててくださいませ)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »