« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月28日 (火)

ジバン、カンバン、オバハン?

ブログの更新ができない。

パンク状態である(涙)

そんな中。

先日来、元町の事務所に続々と

大学時代の先輩や同級生、

保育園の保護者仲間のママ等が激励に来てくれて、サンキュー。

「どうよ、子ども。預かるわよ~。映画連れてこか?」

ありがたいお申し出。

どこも夏休みで、大変なのに。

家族で皆既月食ツアーに言ってきた某ファミリー。

「それがさ。いつもパパは帰って来てからの娘しか知らないでしょ。

久しぶりに24時間一緒にいたら、もう、お手上げ状態でさ。

『第2の井戸まさえになるんちゃうか~』って、言うのよ」

・・・第2の井戸まさえ。

どう解釈しても、これって、ほめ言葉じゃない?(笑)

「元祖井戸まさえ」に育てられているかわいそうな?我が子たちも、

この週末からはこれからの「ドンパチ」に備えて、集団疎開。

そのさまを東京のTV局が密着取材してくれたのだが。

たまたまその日の日程は、お祭り&PTAの飲み会のオンパレード。

取材をしていたH氏は、PTAのアラフォー軍団にたじたじ。

「これからはね~、政治家は地盤・看板・カバンじゃないのよ。

地盤・看板・オバハン!

井戸まさえはだから大丈夫~!」

ある意味、正しい?(笑)

岡本の、静かな飲み屋で、あんまり笑ってしまい、5票は失ったと思うが(笑)

子どもへのインタビューもとったんだけど、

「自民党?民主党?」と聞かれた5番目(5歳)

「ちゃう。いな(名前)は社民党!」

・・・・彼の中では「時代はどんどん社民党」??

昨日、マニフェストが発表された。

事務所に「マニフェストください」という方々が、朝から目白押し。

「子ども手当」を与党の方々は「ばらまき」だというけど、

これは「未来への投資」。

ヨーロッパじゃ、当たり前で子育て・教育に関する予算を「ばらまき」なんて言う人はいない。

「今までの子育て支援って、かゆいところに全然手が届いていないんですよね。

ここここ、って言うんだけど、別の場所を一生懸命かいているような」(by 子育て中)

そうなんだよね。だから「ばらまき」ってなっちゃう。

官僚が作った政策は

具体的な患者を見ずして、処方箋書いているようなものだから。

民主党の政策は違うっていうのを、マニフェストを読んでいただければ、よーくわかると思います。

財源も「できるのか」って言うけど、そりゃ、自民党さんじゃできんわなあ。

今回の争点の一つは財源。

「借金」の与党か、「無駄遣いストップ」の民主党か。

選択の時は、いよいよ1ヶ月後。

2009年7月27日 (月)

急告!鳩山由紀夫民主党代表 兵庫1区入り

8月3日(月) 鳩山由紀夫民主党代表が兵庫1区に入る予定です!

詳細はわかり次第UP!

民主党、爆走中です!

2009年7月23日 (木)

1キロ地点?!

解散翌朝から、馬力全開で活動。

夜、駅に立っていたら、

仕事帰りの夫と遭遇。

「40日間だからなあ。ペース配分考えろよ~。

マラソンなら、まだ1キロ地点やでえ~」(by 元ワセダ大学競走部 箱根駅伝補欠選手)

まだ1キロ地点・・・・セイゴ2等兵と思わず見つめ合ってしまった。

いや、だけど、この例え、今まで散々「試走」してきたワタクシたちにとっては、

すんなり納得のいくものだったりする。

2日目の朝の街頭を終えたあと、セイゴ2等兵がポロリ。

「今、競技場、出たとこっすよね」

そやで~。

3キロごとのラップ見ながら、ペースを作っていかねばね。

10キロ地点、20キロ地点の給水ポイントでは、

前原副代表と河村名古屋市長が栄養ドリンクを持って、駆けつけてくれるって感じか?

結局、選挙戦本番の公示後はほぼ「35キロ地点」であり、

そこまでにどんなコンディションで臨めるかが勝負になるのであろう。

10か月にわたる、そして超一流トレーナーのご指導を次々いただいての

過激な?トレーニングの結果が問われるってことだ。

街頭をしていると相変わらず子どもから電話。

「学校に行こうと思ったら(インフルエンザ休校のための補習)、

玄関に靴がないっ!どうしたらいいん?」(by小5)

男子を育てていると、ありえないことが、次々と起こる。

「野球のスパイクはいて行きなさいっ!(怒)」(byワタクシ)

果てしない子育てマラソン。

こちらは、今、どの辺を走っているのであろうか?

なぬ?ゴールはないって?!か??

2009年7月22日 (水)

出発式

衆議院本会議場で解散の瞬間を見守った。

それは一瞬で、4年間の失政の数々を思えば、あまりにあっけない幕切れであった。

さあ、これから40日間。

政権交代に向けて走らなければならない。

政治が機能しないために、涙を流さなくてはならないなんて、本当に不条理だ。

東京での公認認定式が終わった後、新幹線でとんぼ返り。

新幹線の中で、今回ともに闘う大阪、京都の候補者の方々と、ささやかながら「出発式」をした。

信頼できる仲間がいるというのは、本当に心強い。

さて。

今週から東京のTV局が密着取材ということで、我が家を撮りに来る。

記録にもなるかなあ、と思いお受けしたのだが、

玄関に新たな落書きを見つてしまった。

ボロが映らないことを、願います~。

2009年7月21日 (火)

夜明け前

解散前日。

徳島から明石大橋を渡って、来てくださいました 仙谷センセ。

こともあろうに、民主党の重鎮をあちこち引き回し、

「『こき使われる』とは前原から聞いてたけどさ、長い議員生活で、こんなにアップダウンのある坂道を休みなく街宣し続けたのは初めて」(by仙谷元政調会長)

すみませんっ。ごめんなさい。申し訳なーいっ!

しかし・・・解散前日!ご勘弁を~っ。

このご恩は小選挙区でしっかり勝ち上がり、お返しをしたいと思います!

(道中付き合ってくれた平木ひろみ市会議員もありがとーっ!)

仙谷先生のすごいところは、若手の親分としてのリーダーシップ。

民主党の若い衆は磁石のように吸い寄せられる。

この日も夕方からの懇親会では、平木市議、石井健一郎県議、よこはた和幸市議、井手やすお市議と、兵庫1区の若手が結集。

日本の歴史からひも解く今の政治の問題点や、都議選後の状況分析などなど、

普段は聞けない話を聞かせてもらった。

そして、何よりうれしかったのは、同じく総選挙を戦う仲間である

2区向山好一氏、4区高橋昭一氏、7区の石井としろう氏が結集してくれたこと。

会場はさながら「決起大会」に?!

彼らのスピーチを聞きながら、「感動」してしまった。

「明日、討ち入り」となった状況で出る言葉って、重いよね。

私たち見守り、励ましてくださった仙谷先生、本当にありがとうございました!!

さて。

今日の朝の街頭は布引の交差点。

今日は党本部で「公認認証式」があるため、街頭が終わったあとすぐに

新神戸駅から東京に向かうためである。

終わりかけに雨がポツポツ。

新神戸駅に着くと、乗るはずだった電車は、大雨のため急きょ、新大阪発になることに。

ちょっと早めについたことが功を奏して、ひかりレールスターをキャッチ。

東京には時間通りつけそうである。

さあ、いざ、解散!!

これから、衆議院本会議場に行って、解散のその瞬間をこの目で見てきます。

日本の政治の新たな夜明けが、今、ここから始まる!!!!

2009年7月18日 (土)

河村たかし名古屋市長 来援決定!!

井戸まさえの恩人、

河村たかし名古屋市長が応援にやってきます!

8月8日(土)午後5時ぐらい~

詳細は決まり次第お知らせします。

河村さんからもパワーをもらい、がんばるだがやあ~!

2009年7月16日 (木)

仙谷&前原衆議院議員 来神 最新情報

この週末、3連休 20日(月=祝)には

民主党元政調会長 仙谷由人衆議院議員が応援に来ます!

仙谷由人議員は、かのピンクレディの顧問弁護士だったそう(凄凄凄)

飛びっきり面白い、リアルな政界事情が聞けると思います!

そして、翌週29日(水)午後6時半~は

井戸まさえ・民主党兵庫県第1区総支部総決起大会に

前原誠司民主党副代表がやってきます!

政権交代へ向けた大きなうねりを、ここ兵庫1区から発信していきます!

2009年7月14日 (火)

いよいよ、政権交代!

投開票日が決まった。

8月30日。

我が家の子どもたちは、夏休みなし、じゃなあ~。

昨日、今日で、ワタクシの担当の発注モノはすべて終了。

あとは走るだけ、です!

伴走者として、事務所に力強い助っ人登場。

クノイチ マッキー。

可憐な女性だが、その実、少林寺拳法を修めた才女。京大卒であーる。

今日、県連の街宣カーに乗って、灘区を回っていたら、

「あれ?井戸さん??」

・・・・体積3分の1になって、15歳若くなっている!!!!

それは・・・マッキーです!

2009年7月13日 (月)

「風」ではない

昨日、東京都議会議員選挙の投開票が行われた。

開票までのドキドキの時間、1歳の赤ちゃんを抱えて闘った松下玲子嬢と電話。

圧勝だった。

おめでとう!!そしてお疲れ様!!

松下嬢と話していて感じたのは、

勝利を支えたものは決して「風」ばかりではない、ということだ。

民主党の候補者たちは、急に公認が決まったものも含めて本当に「努力」したのだと思う。

新銀行東京や、築地の移転問題などなど、石原都政の胡散臭さや危なさを、きっちりと都民に伝え、

一方では、医療や環境など、メトロポリタン東京が抱える市民生活への最大の不安を解消するための施策を訴える。

・・・選挙の9日間だけでなくて、ワタクシは、松下嬢たちの4年間を知っている。

地道に頑張ってきたことへの「堅い支持」や「ゆるぎない信頼」があるのだ。

一方、「麻生おろし」に右往左往する自民党の国会議員たちはどうであろう。

郵政解散以来、「絶対多数」に胡坐をかき、基本的な活動をおろそかにしてきたのではないか。

国会での活動も、自己保身に始終して、国民目線がなかったからこそ、

今、国民は「政権交代」への舵を切ろうとしているのだ。

「麻生総理」を変えれば、自民党への不信が払拭するわけではない。

一人ひとりの政治家のこの4年の活動こそが、今問われているのだ。

結局、「麻生政権」こそが、傀儡であったのだ。

選挙を自分の力で乗り越える自信がない議員たちの。

小泉チルドレンの議員たちや、今回の都議選の自民党の布陣を見て、「リクルーティング」と「人材育成」に失敗している、と思った方は多いのではないか。

明らかに、この10年で、民主党は育ってきている。

政党支持率4%の時から、闘っているワタクシは、つくづく、そう思う。

2009年7月 9日 (木)

機種変更

県知事選挙が終わり、「日常」?が戻ってきた。

「水曜日の朝が終わると、ホッとするよね~」とせいご2等兵と微笑みあうのも、

「いつも通り」である。

しかし・・解散・総選挙は確実に近づき。

恐れ多くも某幹部事務所から、応援日程の確認なども入り、

早、臨戦態勢である。

今朝はまたまた「キャラ弁」づくり。

今日のテーマは「サミット」。

って・・・おにぎりの頭に乗せた「海苔」を「錦糸卵」にしただけなんだけど(=金髪美青年のできあがり~笑)

さて。

おとといの話になるが、

とうとう「携帯電話」を変えた。ボロボロだったのをだましだまし使っていたのだが。

「やだやだ、絶対に、新しいの買ってください!おやじ携帯(壊れたものを遣い続けているのを、そう言うらしい)はまずいですよ~。auショップまでついていってもいいですよ」

とPTA仲間のお母さんに懇願されて?決心した。

しかし。

なんでこんなに時間かかるんでしょう?携帯の機種変更。

くたくたである。

ここ2,3日は大阪日程もあり、いつも走っているような感じ、である。

2009年7月 4日 (土)

追憶の80年代

知事選中17日間の活動制限期間。

全国の仲間たちの活動ブログを読むと、同様の活動は全くできないわけで、

なんだか焦るなあ、なんて思っていたけど、

・・・・・・・・あっという間であった。

しかし、この間に、マイケルが亡くなり、ファラフォーセットもこの世を去ってしまった。

あちこちから流れる「スリラー」を遠くで聴きながら、

80年代にタイムスリップしていく。

折しも。

PTAの会合に出ていたら、同世代と思しき(最近は、めちゃ若いお母さんもいるから、話題には要注意!)某母と松田聖子の話になった。

「聖子ちゃんはあたしのお手本よ。聖子ちゃんにできることは、あたしにもできるって、今でも思っている!」

・・・聖子にできることは、みんなにできる!

これって、もしかして、80年代を象徴する「呪文」だったのかも。

だからこそ、

「我も人もの『聖子ちゃんカット』」

「やればできる!」の高度成長期から、

「やらなくても、そこそこできる!ラッキー♡」のバブル期へ。

誰もが浮かれ、なんでも許されたあの時代の経験。

そのころ「女子大生」を経験したワタクシたちって「歴史の証人」なのかもなあ。

そんなわけで。

昨日、ついつい買ってしまった「80年代ベストヒット」CDで、

「マニック・マンデー」をリピートして口ずさむワタクシ。

バングルス。

この曲って、プリンス様提供なのね。

今や、彼女たちもまた10キロ増、かなあ??

などと思いを巡らせつつ、

It's just another manic Monday

I wish it was Sunday

Cause that's my funday

My I don't have to runday

It's just another manic Monday

で、一人大合唱をしてしまう。

そう、来週からは、またまたAnother Mondayがやってくるぞお~!

 

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »