« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月22日 (月)

「つけま」取り出し口

インターンがやってきて、20日あまり。

平日、ワタクシは東京のため、話をする時間はあまりないのだが。

神戸にいるときには、順繰り順繰りみんなと話せる機会を作るようにしている。

今日はK嬢と一緒に街宣活動等を行い、その合間、出会ったときから聞きたかったことを聞いてみた。

「それって、つけまつげ?」

パタパタと瞬きするたび上下に揺れる行儀のよいまつげ。

「そうですよ~。『つけま』です」

ちょっとワタクシもやってみたい、じゃないの。

「今度持ってきますね~。あたし、大量に持ってますから」(byK嬢)

「へえ、どこで買うわけ?パックでなんか売ってるわけ?大量ってことは??」

「え、『プリクラ』で、です。撮ると、おまけで『つけま、取り出し口』ってとこから、取るんですよ~」(byK嬢)

ま、まじ、でしょうか。

日本って、すごい国だよね~。プリクラのおまけが、つけまつげ。しかも、専用の「取り出し口」あり。

こんなきめ細かい心遣いができるなんて、スティル ジャパン アズ ナンバーワン、だわ~。

・・・と、珍しく早めに帰宅したら、娘の目が「キム・ヨナ」になっているっ!!!

「ど、どうしたわけ、その目。アイライン??」(byワタクシ)

「へえ~?なにぃ?『つけま』だけだよ」(by娘)

「まさか、『つけま、取り出し口』で????」(byワタクシ)

「それも、ある」(by娘)

自分の「老い」を感じるときは、こんなときである。

・・・さって。先週のちゃっぴーさんは・・・

予算委員会の傍聴や、党首討論や、総理との昼食会やら、

議員立法を目指した会談などなどもありーので、濃い日々でした~。

総理官邸での昼食会は楽しかったなあ。

ちなみにメニューは、スープ、サラダ、カレーライス、メロン、コーヒー。

カレーの具は、ビーフでした(笑)

本当に「フリートーク」の会だったので、皆興味のあること、取り組んでいることなどを報告しました。

口火を切ったのは石井としろう代議士。総理も韓国の李大統領のように、世界に出向いてトップセールスをするべきである、と進言なさっておりました~。

会の締めくくりに機会をいただいたワタクシは(みんな語りたいから、なかなか会話の覇権を取るのが難しい)、

今、ワタクシたちも一年生議員として頑張っているが、もっともっとキャリアを積まなければならないと思う時も多い。

総理に至る今までの政治的キャリアの中で、今につながる一番充実した時期、大切に過ごさなければならない時はいつだったのか、どんな機会だったのかという趣旨の質問させてもらった。

総理からは

「一期、二期の時は自民党だったから、いつも『変えたい』という気持ちでいっぱいだった。ポストについてもうれしいとも思わなかったし、それと成長とは必ずしも結びつかなかったと思う。

自分の中で特別なのは『(新党)さきがけ』を作った時。あの日は一生忘れられない日だ。

(中略)

今回の一年生は、当選してすぐに『政権交代』という目標が達成してしまったから、もがいたりする時間がなくて、逆にある意味大変かもしれないが、がんばってほしい」

とのような内容でのお返事をいただきました。

(一部報道で「さきがけを作ったのが醍醐味」とありましたが、質問と答えがミックスしちゃっているみたい。「醍醐味」については、別のお答でした)

実は、ワタクシ、議員宿舎には「小さくてもキラリと光る国」を持参し、事あるごとに開いております。

「さきがけの党員だったものとしては、とてもうれしく思います」と言うと、

「そうだったね」と総理。

「あの時は議員も多くて50人あまり。今と比べるとずっと小さい集団だった」(by総理)けれども、

あるべき国家像、目指すべき方向性が、議員も党員もしっかりと見えていたんだと思う。

「国民の生活が第一」「コンクリートから人へ」を超える、そして「小さくともキラリ」のような誰にでも分かりやすいメッセージが再び求められている。

週末は、シンポジウムの打ち合わせや、ポスター貼り、街宣、

郵便局長会の総会、京都1区の平智之さんの会でのスピーカー等々。

前原さんや中塚さんのお母様たちにもお会いでき、楽しい時を過ごさせていただいた。

また別途席を設けていただき、原子力やベンチャー関連について、京大の先生方から貴重なレクチャーもいただいた。

ここでお出会いした方々が、偶然にも夫がらみで、びっくり!!

人と人との縁は不思議であると、またここでも思いました~。

2010年2月15日 (月)

「ポスター貼り」な日曜日

バレンタインデーだった日曜日。

改めて夫や家族の愛(もしくはあきらめ?)に支えられて、活動ができていることを実感する日でもあった。

さて、そんな、日本中に愛があふれている(だろう)日に、

愛を求めてさまよう?秘書ふっくんとインターン嬢とともに、ポスター貼りに出動。

水岡俊一参議院議員との2連ポスター。

もう、街でお見かけになった方もいらっしゃるかも。

このポスター貼り。ワタクシ、実は結構「こだわり」があり、

同じ壁でもどこの位置に持っていくか、とか、

貼ってあるはずの場所になかったり、ちょっとでも角がぴらぴら言っていたりしたら・・・・。

「あれ、あそこ・・」

ぽつりとつぶやく。ひとり言のようで、しかし運転している秘書には確実に聞こえている音量で。

せいご2等兵曰く。

「怒らないので、余計怖いっす。ホントに怖いっす」。

ふっくん曰く、

「厳しさは、平木先生並み、ですね(笑)」

・・・たかがポスター、されどポスター。

そこに厳しいということは、この仕事に「向いている」ということだと思う。

どうよ、平木市議(笑)

衆議院選挙の前に、秘書同士で雑談していたときに、

某他地区の先生が、

「井戸さんとこのように、貼ってくれよ!

あれが、『候補者が貼ってほしい!!』と思うような貼り方なんだよ」

とおっしゃってくださったそうだが、

・・・ワタクシ自身が貼っている&秘書も「同化・分身」化していたので、

当然「貼ってほしい貼り方」になります(笑)

衆議院議員になってなかなか地元にいられないのだが、時間があればやはり自分で回りたいなと思う。

「ピンポーン」(ワタクシ)

「はーいっ」(ポスターご協力お宅)

「バタッ」(ドアが開く音)

「ぅっ、おおっ(驚)ご本人だったのねえ~。まさか、本人がいらっしゃるとは」

小さなコミュニケーションなんだけど、この「ぅっ、おおっ」の瞬間が

ワタクシにとっては決して楽とは言えないポスター貼り作業の、ちょっとした「ご褒美」のような。

今日は、これから「大臣面会」2件。

千葉法務大臣&前原国土交通大臣。

前原さん、昨日、名古屋港を視察したらしいが、

神戸港も見てくれぃ。

「阪神港」の視察の担当は大臣外らしいのだが。

神戸でのデート、お誘いしちゃおう。

2010年2月13日 (土)

HERO

某氏がこの週末に「甲斐バンド」のコンサートに行くと聞き、

ヒット曲「HEROになる時~それは今」のさび部分が、ワタクシの「今日のテーマソング」である。

「HERO」。

さて、皆様にとっての「HERO」は誰でしょうか?

今時なら、坂本龍馬、って人も多いんだろうなあ。

うちの娘なら「ヘイセイJUMPの誰誰」なんて即答だろうが、ジャニーズは何度聞いても名前と顔が一致しない母は全くついていけず。

そんな折。

夫から一言。

「中村祐造さんが、奥さんよかったねって言ってたよ」

・・・・なかむらゆうぞう!!!

そう、あの、ミュンヘンオリンピック男子バレー金メダルチームのキャプテン。

朝青龍で物議をかもした「ガッツポーズ」も、元はと言えば「祐さん」の専売特許。

地味な風貌ながらも、まさにガッツあるプレイは、小学生のワタクシにとっては、もー、大、大HERO。

実は中村さん、夫の実家の近くに住んでおられ、旧知の間がらだったのだ。

「なになに、それってさあ、中村さんがワタクシの存在を認知しているってことだよねえ。

す、すごいっ。そんなのあり得ない!!」

ああ、あの頃のワタクシに教えてあげたいっ。

「まさえっ、あなたの思いは35年後に結実するのよ」と。

そんなワタクシの興奮を、めちゃ冷静に見る夫。

「瀬古さんも、ワタクシの存在、知っているかなあ?」

「知っているだろうなあ」(by夫)

「マイHEROに、現世で知ってもらえるとは思わなかったよね~。すごい満足だわっ」。

「HERO」とは、「あこがれ」の存在ではない。

なりたくてもなれない、夢にも届かない存在・・・。

ちなみに最近のワタクシの「HERO」とは、

iphoneやipodを操れる人々なんだけど(笑)

なりたくても、なれないんですわあ~。

ずっと年下だけど、瀬古利彦や、中村祐造の世界観を共有しているワタクシは、

十分に「昭和の人」で、

音楽関連機器は、ウォークマンで止まっている(涙)

政策会議でツイッターしているやつを見つけると、「ちょっと、そりゃ内職だろうが」と思ってしまう感覚は、もはや「古い」のであろうか?

戦後20年目に生まれて、20歳でバブルの真っ最中。

人生のヤジロベイの中心点は、戦後と今との中間地点。

微妙なお年頃ですな。

さて、今週末の神戸日程は、地元陳情関連多し。

地域課題の勉強にもなり、非常に濃い時間を過ごさせていただいている。

2010年2月12日 (金)

別れの朝、もしくは、ざわわ

ただでさえ、曜日感覚がなくなる仕事だが、

週の半ばに休日が入ると、もっと混乱して、

金曜日なのに、月曜日のような気分で、どうも仕事がしにくい。

今週はレク&会議続きで、

保育問題や、法制局との打ち合わせ、法務委員会政策会議やらで、

相変わらず国会内を走っていたような。

10日の夜には懐かしの仲間、なのだが、実は今また仕事上でのつながりも出てきている

不思議な縁の人々との会合。

20数年ぶりの感動の再会もあった。

その折、ふと耳に入った「別れの朝」(ペトロ&カプリシャス)が頭から離れず、困る。

11日朝に神戸に戻り、今週はそのまま地元で活動を。

「冷めた紅茶~、飲み干し・・」と思わず、口ずさんでいたら、

隣で、秘書ふっくんが、

「寒い、寒い、さむい~」(「ざわわ、ざわわ、ざわわ~」のメロディでどーぞ)

と。

「昨日、あんまり忙しくて、事務所で「ざわわ・・・」と、秘書キャサリンが歌っていたんです。以来、僕もはまっちゃって・・」

・・・・・

このブログを読んだ人は、「っわかれのあさあ~」にはまるか、「ざわわ」にはまるか・・。

2010年2月10日 (水)

新大臣=枝野幸男氏、神戸に登場!!(3月13日)

ってことで。

枝野幸男新行政刷新担当大臣が3月13日(土)神戸にやってきます!

事業仕分け第2段についてなどなど、

「本音トーク」いたします。

詳細等が決まりましたら、またお知らせしますね。

「枝野チルドレン」としては、今回の人事は嬉しい限り♡

B型パワー!をいかんなく発揮していただきたい。

ご活躍をご期待申し上げま~す。

ちなみに、枝野さん。なぜか「阪神ファン」。

寅年だし、今年はイケイケでっせ~!!

2010年2月 9日 (火)

ブロックサイン?!

2月8日(月)

今週のスタートはJR住吉駅から。

幾分、朝の寒さが和らいだような。

昼過ぎに東京へ移動。

神戸市長の国土交通省への要望活動に合流し、

夜は山岡国対委員長を囲んでの「JOSHI」会。

2月9日(火)

朝8時から内閣委員会政策会議。

イケメン津村政務官を観賞でき、幸せな時間?

9時半過ぎに新聞記者さん。

10時から国体全体会議→班別会議。

その後、同期5人で早めのランチ。

その中には、あの横粂くん。

「今、どんな活動やっているの?」とお互い情報交換のつもりが・・・

食堂は「よこくめ塾」となり、ワタクシたち、かなり刺激を受けました~。

その後、

教育評論家の尾木直樹さんと、オランダからリヒテルズ直子さんが、国会議員向けに教育問題のブリーフィング。

福田えりこ、岡本英子、相原しの議員や、石井としろう議員、永江孝子議員、礒谷、笠原議員等々友達の議員を誘ってみんなで伺う。

「ほんの木」の柴田さんと、22年ぶりの再会!

お若くなってらして、びっくりでした!!

高橋昭一衆議院議員や古川俊治参議院議員も駆けつけ、柴田さん門下生@国会、終結。

その後、神戸市長の副幹事長への要望活動に同行。

そして、予算委員会へ。

今日は班の傍聴応援に加えて、委員差し替えで、予算委員の席に座っていなければならない。

野党の質問で、河野太郎氏&高市早苗氏の質問を聴く。

しかし、テレビでなく、この席で予算審議を見られるなんて、

聖子ちゃんのディナーショー並みのプレミア席だよな~、なんて思いつつ、ぐるりとあたりを見渡すと、某大臣と目が合った。

ん?何やら、手でメッセージか?

大臣、もしや、それは、ブロックサイン?

ってことで、ワタクシもサインをお返しする。

「お疲れさまでっす」

この予算委員会、委員もさることながら、閣僚の皆さんには相当な疲労がたまっていることであろう。

2月後半に行われる分科会ではワタクシも質問する機会がもらえそうである。

早めに準備をしておかなければ。

2010年2月 3日 (水)

つながってるね。

この歳になって出会う人々とは、どこかしらで「つながって」いる。

出身校と年代を聞けば

「○○さんって知ってる?」

「知ってる、知ってる。同じクラスだった」

なんてことは日常茶飯事。

特に政治業界に集う人々はつながっている率高し。

しかし、残念ながら他党の方々とはそんなことを確かめる機会はあまりない。

これだけ、政治的緊張関係が生まれると、まあ、気楽に話すこともできないよね。

・・・ってところ。

昨日はカイセー人脈を使わせていただいて、他党の議員さんとじっくりお話をさせていただいた。

またこれが、スペシャルクレバーな参議院議員。

「いつ何時敵に襲われるかわからない」

OR

「獲物はこれを逃がしたらしばらくないかもしれないっ」

という、肉食系衆議院とはちがう余裕を、参議院には感じるよね。

やっぱり「解散」がないということは、種まきや刈り取りの時期がわかるわけで、

与党野党の違いよりも、衆参の違いの方が、大きいような。

いつもながら労を取ってくれるパタゴン、ありがとー!!

国会の方は、参議院での代表質問に続き、5日からは予算委員会が開かれる。

自分の出番のないときでも、結構バタバタと今国会に提出議案の説明や政策会議などをこなしつつ、本日は久しぶりに週の半ばで神戸へ帰郷。

明日の朝6:45には街頭に立っているわけで、

帰ったからと言って、ほっとできるわけではないのだが。

せめて、美容院に行く時間を確保したいけど、無理やろなあ、20時間滞在では。

2010年2月 1日 (月)

労働なき富

本日の本会議。

あまりの質問の内容に・・・本当にあ然、としてしまった。

「子ども手当」や「戸別補償制度」について、石原元政調会長は「労働なき富」(先般鳩山総理がインドのガンジー元首相の「労働なき富」を引用した)であると断言した。

「子ども手当」は「労働なき富」ではない。

それを言えば、今までの「児童手当」も、同じようになってしまう。

全然質の違う問題である。

そして、農家への「戸別補償制度」については、働いている農家の方々への冒涜であると思う。

国会のヤジのことが話題になり、本当にうるさくて聞こえないくらい。

ワタクシは県議会議員の時から「寝ない」「内職しない」「ヤジらない」(って、当たり前なのだが、出来ている議員って本当に少ない)を貫いており、

かなりポライトだと思っているんだけど、

このときばかりは、一生懸命子育てに頑張るお父さん、お母さん、

必死で頑張っている農家の皆さんを思うと、

・・・・「あり得ない」と声が出てしまいました。

もちろん、ワタクシのつぶやきなんぞ、隣に聞こえるか聞こえないぐらいなので、

他党のヤジに消されたけど・・・・。

夜は、国会本会議場「4列目の会」。

昭和37年~昭和43年生まれの一期生の会。熊本の福嶋健一郎さんが会長で、ワタクシは事務局長。

新人が143人もいると、名前を覚えるだけでも一苦労なのだが、

いわゆる国体の「班」以外でも、こういう交流の機会があることはとてもよい刺激になる。

みなさん、個性豊かな人材揃いで、改めての発見がたくさんあった。

帰り道は、雪。

受験のころを思い出す。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »