« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月26日 (土)

記憶違い、と、ドラッカー

卒業30周年の節目に開かれる中学校の同窓会の案内が来た話を書いた。

が、実はワタクシ、大いなる記憶違いをしていた・・らしい。

「白い歯」の高橋君は「野球部」ではなく「バドミントン部」で、

しかも「メールをくれた高橋君」は、「白い歯の高橋君」とダブルスを組んでいた方の「高橋君」だったそうで。

いやはや、なんともお恥ずかしい。

ワタクシの記憶力のあやふやさ、いいかげんさといったら、どうであろうか。

My little loverの歌に「記憶の中で、ずっと二人は~、生きていける~」

なんて歌詞があるが、

この訂正がなかったら、ワタクシの記憶の中では、二人は記憶違いのまま生き続けたに違いない。

ほんっと、すみません!

さて、今日は新幹線で神戸→東京往復。

この間に、話題の本「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読んだ。

号泣!

久しぶりに声をあげて泣きそうになり、必死でこらえたけど、

あふれる涙を止められなかったよね。

なんで、こんなもんに泣いてしまうのかってぐらい、話は単純だし、先も読める展開なんだけど・・・。

しかし、この『もし・・』、

仕事にも、家庭生活にも、示唆的なことはたくさんありんすよ。

2010年6月23日 (水)

同窓会のご案内

先日、実家の父から連絡があった。

「中学校の同窓会があるから、来てほしいって、イシダ先生が言ってたよ」

イシダ先生とは・・・父が通っている近所の内科の先生で・・ワタクシの小中学校の同級生。

そして、実は、ワタクシが、生まれて初めて「尊敬した」人である。

なんつーか、小学校の時から、めちゃくちゃ責任感が強くて、なにがあっても決して怒らず、

いつも自分のことよりも人のことを考えて行動をする・・・ほんまもんの「ノブリース・オブリージ」。

学校で初めて海外に行ったのも、イシダくん。しかもオーストラリア、半月間。(だったような)

そのイシダ君ちは三兄弟だったが、一番下の弟は、ぬわんと「バレエ」を習っていた!

もう、ホント、ご近所の羨望と尊敬を一身に集めたような家であった。

そんなイシダ君が、きっちり医者となり、総合病院でしっかり修行をしたのち、地元に戻って、我が父はじめ、地域の人々を助けてくれているというのは、本当に頼もしい。

・・・というのは、置いておいて。

さて、その同窓会の案内。

律儀な同級生タカハシ君(野球部?新庄選手並みの焼けた肌に白い歯であったような)が、国会の事務所にもメールで届けてくれた。

そして別の同級生マツキ君が、わざわざ実家まで案内を持って来てくれたらしい。

これはやっぱり行かないといかんやろー。そんな気になっている。

案内の文章には、30年後の同級生たちの「片鱗」が映った写真が。

・・・みんな面影、ある。

中学からだと、「激変」はしにくいと思うけれども、

それにしても「その後」から「今に至る」人生を知りたいよなあ。

しかし・・・。

ふと思うと、ワタクシの同級生には自営業を営んでいた家の子が多い。

医者、歯医者、薬局、魚屋、時計屋、風呂屋、司法書士、税理士、

ケーキ屋、中華料理屋、スナック、文房具屋、雑貨屋、宝くじ屋・・・寺院。

まさに「ゆりかごから墓場まで」、ほんの半径2、3キロメートルの間に、ありとあらゆるものが同級生関連で、そろっていたのだ(笑)

そんな町に飽き足らず、外へ外へと出て行きたがったワタクシであったが、

実は人が暮らしていく、生きていくためのサイズって、この程度が一番いいのかもなあ。

結構贅沢な環境だったのかも、などと思ったりする。

・・・だが。

そんなご近所に住んでいながら、中学時代の同級生とは、ホントに30年間、音信不通。

あり得ないぐらい不義理をしちゃっているのだが、

中学時代比6キロ増のワタクシの姿が分かるであろうか??

2010年6月22日 (火)

民主君ベビー、神戸で産声!!

国会が終わってからも、

参議院選挙に向けての活動でめいっぱい。

神戸→鳥取の旅。

福田えりこ嬢とともに、えりこ嬢考案の「民主くんベビー」も神戸で産声を上げました!!

Minnsyubaby

ワタクシがだっこしているのが、BABY。

双子ちゃんなんですって。

さて。

この時期の選挙で頭がいたいのが、ポスターの貼り替え。

候補者の顔や名前が入ったポスターは公示後掲示不可となるので、その前に通常の政治活動用ポスターに貼り替えなければならないのです。

だが。なにせ、梅雨時。

雨が降ると、いかに強力なワッポンと言えども、はがれてしまうので・・・。

空を見上げつつ、深夜&早朝に行動することもあり。

今度の新しいポスターは、先般の代表選挙の折の「ガンバローコール」バージョン。

菅さん、岡田さんの表情がものすごーく良いので、みなさんに褒められます?!

Taisyu

わかるかな?

はしごを使って、高いところもどんどん貼ります。

明後日からは、いよいよ本番!

当日は菅総理も神戸入りされるということで、

ワタクシは司会の大役。

10:45~ 大丸神戸店前。

皆さん、ご参集を!!

2010年6月16日 (水)

国会閉会。

さきほど、午後6時半過ぎに約半年に渡った第174回国会が閉会した。

政権交代後、初の本格論戦の場。

・・であったにもかかわらず、野党は委員会にも本会議にも姿を見せず・・

という状況が続き、しかし、こうした現実はなかなか報道では伝わらず、もどかしい思いも。

最終日も結局参議院の本会議は開かれず、という状況で、本当に残念であったが、

一方では子ども手当や高校無償化に象徴される「コンクリートから人へ」の政策が、着実に実を結んだり、最終日の本日には「戦後強制抑留者に係る問題に関する特別措置法案」(いわゆる「シベリア抑留法」)などが成立、長い間苦しんで来られた方々の思いを形にすることもできた。

さて、いよいよ参議院選挙である。

只今(午後9時過ぎ)新幹線の中。

隣には福田えりこ代議士。互いに今日のブログの更新にいそしんでいます。

実はここから2泊3日で神戸→鳥取と「民主党女性議員キャラバン隊」で、兵庫の「みはしまき」嬢と、鳥取の「さかの真理」嬢の応援に向かうのであ~る!

えりぴょんは、この後も「全国行脚」が続くそう。

元気でやる気のある女性議員がたくさん誕生するよう、ワタクシも微力ながらがんばります。

2010年6月 6日 (日)

満席の「本音トーク」!

毎週、日曜日の午後4時に、選挙区内の小学校で国政報告会「本音トーク」をさせていただいている。

先週の「こうべ小学校」(中央区)にも熱心な有権者の皆様にお集まりいただいたが、

今週の「本庄小学校」(東灘区)も熱かった!!

Photo

皆さんの熱心な議論に、前回の衆議院選挙で一票を入れてくださった皆様も、

これまでの民主党の姿に忸怩たる思いをお持ちだったのだと思います。

民主党の再スタートに当たって、鳩山前総理への思いや、菅総理に対する期待などを述べさせていただきました。

皆さまがどんなときもいつもこうして見守ってくださっていること。

心強く思います。と同時に、責任の重さも痛感します。

「3度目」はありません。

この政権をつぶしたら、日本の将来は本当に閉ざされてしまう!

強い意志を持ちながら、菅政権を支えて行きたいと思います。

その後、東京日程が入っていたため、ゆっくりご挨拶もできず失礼しました。

またこうした機会を設けたいと思います。

(いつもながら、横畑和幸神戸市会議員、井手やすお神戸市会議員にはお世話になります。ありがとう!)

*新幹線の中で打っています。

画像がうまく入れられず、会の全体の雰囲気や、

今日のお昼にいただいた「十割そば」の画像などがアップできず・・・・。

再トライしますね!

2010年6月 5日 (土)

再スタート街宣!

Daimarumaegazoudesu_2

菅総理が誕生して、初めての週末。

神戸・元町で県連の政治スクール塾生とともに街宣を行いました。

このところ、「民主党」のマークを見ると「怒」の表情・・ということが多かった町の人々も、

今日は満面の笑みで、雰囲気ががらりと変わってびっくり!

リーダーが変るって、本当に大きなことなんだと実感しました。

そして、国民の皆様は、

民主党にもう一度チャンスを下さっているのだな、と本当にありがたい気持ちでいっぱいでした。

道行く方々から「井戸さんや~!」と声をかけられました。

「昨日、見ましたよ。テレビでも、新聞でも。頑張ろう!コールも、投票の時も。

ピンクだと井戸さんだとすぐわかって」

温かいお励ましもいただきました♡

あの頑張ろうコール。

テレビ局のカメラの位置によっては、背が低いワタクシの姿は前列の男性議員の姿で消され、見えず、声だけが聞こえる、というものだったのだが。

「あの声って・・」と、声だけで「井戸まさえ」と分かってくださる方(含 夫・・笑)もいらして、感激でした~!

2010年6月 4日 (金)

菅総理大臣、誕生!

Photo

本日、菅総理大臣、民主党代表が誕生しました。

代表選に先立って行われた、菅陣営の決起大会にて、不詳ワタクシが「頑張ろうコール」の大役を務めさせていただきました。(写真は朝日新聞夕刊)

鳩山総理が遂げられなかった思いも含めて、

挙党一致で、菅総理をしっかりと支え、日本の再生のために頑張りたいと思います!!

代表選

本日11時より、両院議員総会が行われ、民主党の新代表=総理が選ばれます。

私は「菅直人」さんの推薦人に署名をしました。

この難局を乗り切るためには、さまざまな政治的蓄積、そしてなにより「突破力」を持っている菅さんしかいないと確信しています。

また、短い時間ではありましたが、地元神戸の皆さまからいただいたお声も同様でした。

どちらが選ばれても、民主党再生の一歩を、しっかり歩みだせるようがんばりたいと思います。

2010年6月 2日 (水)

鳩山総理

随分前から、事業仕分けの調査チームで、反省会を兼ねた懇親会をしようと計画していた。

その日は、あいにく、今日。

皆、思いもがけない総理の辞任でバタバタの一日だったのだが、

時間のやりくりをして集合。

・・・なんと、そのお店に、同じ時間、偶然、辞任を表明したばかりの鳩山総理がおられたのだ。

「近くて、お値打ち」という単純明快な理由で選んだ店だったのだが!

そして、ワタクシたちがいることを知ると、部屋を訪れて下さり、

「本当にありがとう」とおっしゃったあと、

しばらく一緒に歓談させていただき、一人ひとりと握手をしてくださった。

8ヶ月間ではあったが、大変な課題が山積みの中で、どの政権よりもハードな日々だったと思う。

「鳩山さんだったから、政権交代できたんだよね」

参加者の一人がポツリと言った言葉に、思わず、涙が出そうになった。

総理が退室なさってから、しばらくすると枝野大臣登場。

「政局ネタ」は一切なしで、仕分けについて意見交換&徹底討論。

こんなところが、枝野さんの枝野さんたる所以であ~る。

朝8時。

いつものように内閣委員会政策会議へ出席。

いつもより早めに終了。最後に田中委員長より、

「急きょ10時から、両院議員総会が開かれます」と伝えられる。

そして、その場で鳩山総理から辞任の意向が伝えられた。

政権交代以降、4年間同じ総理でじっくりとこの国の改革をすることを望んできただけに、

8か月で総理が変ることは残念でならないが、

大きな政治的課題について、結果的には国民の声にこたえることができない状況となった今、責任をとるというのは一つのけじめであるとも思う。

いずれにせよ鳩山総理が述べられた、

「政治とカネ」の問題について疑念を持たれることのない党になるためにも、

古い政治手法から決別した新代表、総理を選んでいかなければならないと思う。

*******************************

たくさんのお励ましのお電話、メール、ありがとうございます。

こうした状況の折でも温かい皆様のお支えがあることに改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

16:00 国会 議員会館にて

2010年6月 1日 (火)

女性議員互助会?

混乱の国会。

昨夜の本会議も日付が変わる頃に終了。

そして、只今も・・・。

インターネット選挙の解禁を決める「公職選挙法の一部を改正する法律案」の質疑、採決がある「倫理選挙特別委員会」の委員会室にいるのだが・・・委員会は開会予定時刻が過ぎて、早、45分。

こうして、どんどんと予定が押して、その後の予定が立たなくなってくるのである。

疲れもピークの折。

癒してくれるのは「女子部」の同僚議員たち。

先般、応援に入ってくれたアニーこと山尾しおり嬢や、ママ仲間岡本英子さん、「子分」として、最近、着るものの中に「一部ピンク」を採用している福田えりぴょん。

そんな中、先日、櫛渕万里嬢にジャケットをあげた。

実はこのジャケット、公認が決まって「ともかくきれいな色のものを!」と思い、すぐに買ったのだが、党本部に行ってビックリ。

大泉ひろこ議員が同じものを着ているではないかあ~!

そのすぐ後に、櫛渕さんのHPを見ると、櫛渕さんも同じものを着ていた!!!

・・・ってことで、選挙区では着れるけど、国会では絶対に着れない。

しかも「赤」だったので、ワタクシ的には着る機会もあまりなく、結局2回ぐらいしか袖を通すこともなく・・。

たんすの肥やしになっているのもなんだなあ、と思い、「お着換え用」に櫛渕さんにお渡ししたのだった。

「普段着ているのが、どんなにくたびれたものかがわかりました!」(by櫛渕)

選挙で酷使した洋服・・・なんだか「同志」っぽくって捨てられないけど、ホント、新品なんか見ちゃうと、色あせてて愕然!なんだよね。

「選挙」の後遺症?と言えば、最近、ずっと悩んでいたのが「魚の目」。ヒールではなく、ウオーキングシューズ使用の靴を愛用していたのに、その甲斐なく、激痛が走るように。

ワタクシはとても足が小さくて、逆にヒールの方が楽で、マメ等もできないことがわかったのだが、時すでに遅し。

そんな時、「この靴、楽ですよ~。絶対に買うべき!」と金ぴかのミュールを見せる秘書キャサリン。全く同じ、おそろいを購入し、国会にはいて行ったら・・・。

国会秘書のマコさんが「あら、それ、あたしも欲しい!」。

事務所にいる女性陣4人中3人が同じ靴って・・・と思いつつ、本会議に行くと、

「ちょっとその靴、かわいい!!でもそのピカピカ、関西にしか売っていないよね!買ってきて!!選挙区でしかはかないから!!」

「私にも!!」

某女性議員お二人より、オーダーを受ける(笑)

ってことで、秘書キャサリン嬢に早速店まで走ってもらう。

我が事務所、女性議員互助会事務局かあ?

まあ、関西経済にこんな風に貢献できてるなんて、幸せ??

・・・ってことで。

ああ、まだ委員会は始まらず。

今日は本会議は開かれる?開かれない??

先が見えないなあ。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »