« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

うれしい訪問!

高校生の時から我が事務所でインターンをしてくれていた
井原くんがこの4月から社会人になった。
某都市銀行に就職し、今、研修真っ最中で全あちこち行き来しているそう。
GWで神戸に戻って来た今日、事務所に立ち寄ってくれた。
「初任給が出たので」
かわいいスカーフの贈り物!

Photo

一生、大切にするね!!

この後、遠距離恋愛となってしまった彼女とデートらしい。
元町駅で待ち合わせしている彼らを事務所から激写(笑)わかるかな〜??
元町駅の表示の下のカップルが二人だよ〜ん!

Photo_2

学生から社会人へ。いろんな意味で転換点だが、
人生の大事な選択をせねばならない時期も、まもなくやってくるだろう。

さまざまな迷いや不安もあるかもだけど、
井原くんらしい、飛び切りワクワクな、
「感動の多い」人生が開けて行くのを見ることを、ワタクシも楽しみにしているぜ!!

本当に来てくれて、ありがとう!!!

2011年4月27日 (水)

「待つ」ということ

今日のお昼は民主党BBLで、大阪大学総長で哲学者の鷲田清一先生のお話を伺いました。

ファンの一人として大変楽しみにしていた時間。
ついこの間「『待つ』ということ」を読んだばかりで、いろいろ考えさせられたので、特に、です。

「リーダーシップ」ではなく「フォロアーシップ」について、ユーモアも交えた示唆いっぱいの1時間でした。

内閣委員会があったために、中座しなくてはならなく、本当に残念でしたが、
またご著書を読ませていただき、勉強していきたいと思います。

2011年4月26日 (火)

法務委員会総括質疑

法務委員会 親権等民法の一部を改正する法案の総括質疑に立ちました

2011_0426_convert_20110426142931

2011_0426convert_20110426143001

2011_04260014_convert_2011042614304

2011年4月22日 (金)

「気持ち」の循環

昨日の夜は同じ仙台市出身の山尾しおり議員とご一緒でした。

またもや暗い写真で失礼。

Akasakanight

ワタクシの髪型、お分かりになりますかな〜?

アップにしています。

国会内の美容院でやっていただきました。

実はこの美容院、旧赤坂プリンスホテルに避難している被災者の方々に、
無料でシャンプー/カットサービスを行っているのです。

被災者の方々は赤プリから議員会館にお越しになり、しばしリラックスタイム。

「この時ほど、美容師になってよかったと思ったことはありません」(by美容師さん)

ってことで、
その志に敬意を評し、ワタクシはいつものカラーリングに加え、セットをお願いしたわけです。

間接的な支援になっているかどうかはわからないですけど、
みんなの「気持ち」が循環できればよいな。

この週末は被災地に行きます。

NPOさんが行っている「こころのケア」、国際NGOさんの避難所における「子どもたちの遊びの場」の提供事業、
被災地以外の自治体さんの支援体制等についてなどなど、学んでも来たいと思っています。

ここで紹介した米粉ワッフルの「つぎほの甘み」さんから託されたスイーツの支援物資も持って行きます!

継続的な支援等を行って行きたいと思っています。


写真のみですみません

ハーグ委員会検討小委員会

2011_04210002_convert_2011042210593

法務・内閣合同部門会議

2011_04210005_convert_2011042211001

2011年4月17日 (日)

みやぎ魂

今日は朝一で、諏訪山公園で行われたミニ運動会に参加させていただきました。
パン食い競走に参加!
Pankui
こんなおいしそうなメロンパンをゲット!

Meronnpannget

一緒に参加していた平木市議、橋本市議。橋本市議の取ったパンはめちゃ控えめ。
ワタクシのメロンパンに対してあまりに「ちっちゃー」と言ったら、
「さすが国政に出る人は、パン食い競走でも狙うものが大きい」とご指摘いただきました(笑)

その後、三宮、元町に移動して関西宮城県人会の義援金募金活動に参加しました。
11時前から16時まで、5時間立たせていただきました!

Miyagikennjinnkai3ninn


Miyagikennjinnkaitono

たくさんの方々にご協力をいただき、途中募金箱を増やすことにし、我が事務所で手作りさせていただきました。秘書軍団も法被を着て参加です!

Miyagiidojimusyo

このブログを見て駆けつけてくださった方。
仙台に行っているけいじろう(3番目)の保育園時代の先生方や、野球チームのコーチなど、
またまた不思議の「ばったり」もあったり。
驚きだったのは、県人会のメンバーの中に、高校時代の親友のお父さまと同じ職場の方がおり、
お父さまは既に故人となられているのですが、なんだか引き合わせていただいたような気もし。
ワタクシの友人は今回の震災でも小学校の先生として最前線でがんばってくれているのですが、
きっとお父さまは心配していたんだろうと思います。

また、安住国対委員長の「いとこ会」会長もおられ、
三宮元町間を何往復もして見守ってくださった県人会会長のお心遣いも含め、関西宮城県人会の奥深さを感じさせていただきました(笑)

今回の募金活動は、宮城、福島、岩手の3県合同です。
被災地を回ると「神戸」や「兵庫」の文字を見ると、それだけで皆さんの顔がふっと安心するというおを感じます。
神戸はしっかりと復興した。私たちもやれるはずだ、と
神戸や兵庫は被災地の方々にとって「癒し」であり「希望」なのです。

災害から1ヶ月が経ち、もうすでにいろいろなところで募金や支援をしてくださっているであろう皆様に、心から感謝するとともに、大変恐縮ながら、
地震、津波、そして原発と未曾有の災害がなおも現在進行形であることをご理解いただき、
さらなるご支援のお願いを心からお願いいたします。

粘り強く、あきらめない。
「みやぎ魂」を、どんなときでも忘れず、一緒にこの危機を乗り越えて行きたいと思います。

その後、統一選中央区についての総括。
大変有意義な話が出来、感謝です!!

そして今日の日程を全て終えて、8時22分発の新幹線に飛び乗ったところです。

明日は夫の叔父のお葬式に出た後、
東京在住の中学の同級生たちと会い、被災した友人たちの支援について打ち合わせをします。

その後面会交流やハーグ条約関連の面談など。

火曜からは委員会の嵐で、今週はなかなかハードスケジュールですが、がんばります!!


2011年4月16日 (土)

関西宮城県人会で募金活動(神戸・三宮、元町)

明日4月17日(日)10:00〜16:00
関西宮城県人会で、三宮センター街入り口で
街頭募金活動を行います。
宮城県人会の法被を着て、県人会会員のワタクシも参加します。
がんばろう!日本! がんばろう!宮城! がんばろう!若林区!!

神戸の皆さんのご協力を心からお願い申し上げます!

法務委員会質問

法務委員会で質問に立ちました。 今回の児童虐待を抑止、早期対処するための親権停止の民法改正に伴い、協議離婚時に面会交流と養育費についての取り決めを行うことが明示されます。 しかしながら 今回の法制審議会への諮問はあくまで「親権」であり、 平成8年の法制審議会で議論はあったものの、それから15年。丁寧な議論が必要にも関わらず、計10回の会議の最終部分で突然出て来たことに違和感を持つことと、 結局「明示」をしても「実効性の担保」については、実態調査もない中では置き去りにされる懸念もあることなど、40分間質問をさせていただきました。

008_convert_20110415141632 012_convert_20110415141545

終了後、多くの議員の方からお声がけをいただきました。 参考資料として「離婚届用紙」を添付したのですが、 実はこの届け出用紙、戸籍に反映する記載事項と、 「人口動態調査」のために使う部分が混在している・・・ということを知らない方が多いんですよね。 離婚時の養育費の取り決めが法律で明示されたことの周知徹底も含めて、この届け出にチェック欄をもうけることで、かなり事態は改善されるのでは? という提案に賛同をいただきました。 「子どもの福祉にかなう」改正となるよう、立法と同時に、そのサポート体制の強化をしていきたいと思っています!

2011年4月13日 (水)

夜桜を見つつ

昨夜は松原仁事務所の旧スタッフの集まりがありました。
Photo
集合写真だけど、全く、見えないよね(笑)

Photo_2

千鳥ヶ淵の桜がきれいでした。
東京ではどこもお花見は自粛なので、毎年のライトアップもありません。
街灯の薄明かりをたよりに、パチり。

さて、急ですが、
金曜日、法務委員会での質問が決まったので、
この2日間はやや焦りつつ、勉強します!


2011年4月12日 (火)

この間のワタクシ

精一杯闘ってくれた仲間たちに、心からの敬意と、
「おつかれさま」の気持ちを表したいと思います!!

Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5


Taji1


Ide2


Hirakikoike2


Ishiikennichirou


Kikugawa1


Kuroda1


Maeda1


Yokohata1


今、やるべきことを

統一地方選挙前半が終了した。

選挙後の御礼は公職選挙法により禁止されている。

お支えいただいた皆様には、各候補者の今後の活動を通じお応えさせていただきたいと思う。

そうした中。

私の大後援者であったM氏が亡くなられたという報に接し、
突然であっただけに本当にショックで残念でならない。

いつも公正で、温かく見守ってくださった。
感謝とともにご冥福をお祈りしたい。

さて。
昨日から滞在している東京でも大きな地震が続発していて、落ち着かない。

が。
金曜日には、法務委員会での質疑を希望しており(通るといいなあ)
しっかりと自分の今やるべきことに当たって行きたい。

2011年4月10日 (日)

いよいよ投票日

Photo

昨日は統一選、最終日。

「最後の訴え」をさせていただきました。

目の下にクマを作って体力のぎりぎりまでがんばっている新人の候補者が、
「本当に中身の濃い、素晴らしい9日間でした」と。
候補者全てがそのような思いでこの選挙戦を締めくくることが出来ることを祈り、
また、だからこそ「勝たなければ」ならないと思う。

いよいよ投票日。

棄権することなく、貴重な1票をこの国の、地域の未来のために行使していただきたい。

2011年4月 8日 (金)

みすゞ状態??〜うますぎる!!米粉ワッフル

これまた「あり得ない」のだが。

「疲れている〜」なーんてブログを書いている途中に、
「五大陸の会」のママ友が来てくれた。

六甲道駅近くに「つぎほの甘み」という天然酵母+米粉ワッフルのお店を開店し(なんと、開店日は3月11日だった)そのワッフルを届けてくれたのだ。
(HP、検索してみてくださいね!)

ブログをアップして、ダイエット中だがこんなときは許されるよね、と思って一口行ったら・・・。

「う、うますぎるっ!!!!」

目が覚めました!
ワタクシの中の「原始のパワー」(笑)がよみがえった感じ〜。

しかしどうしてこのタイミング?!
うれしすぎるではないですかあ!!

みすゞじゃないけど、言葉は連鎖する。
気持ちも連鎖する。

ワタクシも人に伝えるべき言葉は「疲れた」じゃないよね。

米粉ワッフルに学びました!

Kちゃん、ありがとー!!!


Photo


疲れとります

昨日のブログを読んで、自分ながら「疲れているな」と。
文章めちゃくちゃやな。でも直す元気もなく・・・すみません。

おっと、いやいや、ワタクシより候補者の皆さんの方がよっぽど疲れているであろう。弱音を吐いてごめんなさいです。

今回は全く手応えも読めない選挙だから、余計疲れるよね〜。

さて。

そんな状態だが今朝も街頭活動のお手伝いに。

「おはようございます!」と挨拶をしていたら、
「こんばんは〜!!」(by某候補者)と。

いい傾向(笑)がんばっている証拠だものね。

さて。
昨夜の後日談。

「ししとう」や「ピーマン」が大好きな5番目。

その他好物は 「ちまき」「有馬まんじゅう」「はんぺん」「男梅」・・の順番らしいのだが、
ふりかけで好きなのも「梅ゆかり」ってことで・・・

「ボクさあ〜、人には、理解されへんねん」

うーん。
がんばれ〜っ!

「十人十色」で「タデ食う虫も好きずき」で、「割れ鍋にとじ蓋」だから。

きっとそんないなちゃんを好きな人が現れるよ。

って、もしかして母だけかもだが(笑)

ああ、でも。

「人には、理解されへんねん」〜その言葉、妙に心に染みるよなあ。

やはり人は「共感」してもらいたい生き物なのね。

2011年4月 7日 (木)

アグネスは正しい!

統一選があるので、国会開会中だが地元滞在率が高くなる。


神戸にいるときは忙しくてもなるべく食事を作ろうと努力しているのだが、
今日の夕飯は子どもたちのリクエストで「天ざる」でした。

Photo_3

「ピーマンとししとうは満点」だそう(笑)

さて、こんな仕事をしていると、基本的には子どもたちと過ごす時間は、毎日帰れる家庭や、専業主婦家庭に比べたら・・・・って比べるのも怖い、というぐらい少ないと思う。


まあ×5人分なので、子育て総労働時間を考えたら、標準はクリアしていると思うが(笑)

しかし・・・時間の割には子どもたちとの関係は健闘していないか?と思ったりするのだが、
ワタクシたち母子をつなぐ絆は、実は「歌」なのである。

今朝もいきものがかりの「ありがとう」を大声で歌いながら学校に行ったのだが(笑)


ミスチルやスピッツや、声を合わせて歌う時の一体感と言ったら、なんなんざましょう。

子どもたちにはワタクシの作曲作詞の個別オリジナル子守唄があり、
寝る時にはなるべく歌うようにしている。

ずいぶん前だけど、同じようにオリジナル子守唄を作って歌う母親のエピソードがモチーフになっている映画を見た。

「愛が微笑む時」。


あらすじはこう。

1950年代のサンフランシスコ。


偶然で乗り合わせた4人の乗ったバスが、大事故を起こす。


そこに乗り合わせていた4人はその事故で亡き人になってしまうのだが、


この世にまだ未練があったため幽霊となって1人の赤ちゃんに取り憑くことに。


赤ちゃんの名前はトーマス。トーマスには4人が見えているのだが、まわりには4人が見えない。


従って4人はそのまま取り憑いていては、トーマスがちゃんとした大人になれないのではと懸念し始め、しばらく彼の元を離れて見守ることにする。


数年後、トーマスは30歳過ぎになり、やり手の銀行マンに成長していた。


そして4人の元へあの事故を起こしたバスが出現し、中から運転手のハルが現れて天国へ行く時間だと4人に告げる。それを聞いた4人はトーマスの体を借りて、生前思い残していたことを果たそうとする。

・・・・このトーマス役はロバート・ダウニー・Jr。めちゃめちゃいい!


幼い子どもを残したままこの世を去らなければならなかった母親は、母の死後、一家離散してしまい行方を探すが見つからない。


しかし・・・この母自作の子守唄を歌う人物が・・・。

「歌で平和を」byアグネス

歌は母も子も、家族にも心の平和をもたらしてくれるよ。

アグネスは正しい!

もうすぐ子育ての賞味期限が来つつある(ワタクシは4年生が一つの節目であると思っている)


ワタクシは息子たちと


「空も飛べるはず」を歌いつつ、つくづく思うのである。


新学期始まる

Motoitisakura2_2

神戸は今日から新学期。
子どもたちが通う小学校の桜が、励ましてくれます。


転校生が29人。被災地の福島県、宮城県からも。
避難転入ということでした。


Photo_2

しかし、うちの子たち、どう見ても「昭和の子」やな〜。


「シェー」ですかい?(笑)

「『組』って漢字、糸偏に『皿』みたいなの書くよね〜」(5番目)


「『目』の一番したが長いやつね。『皿』は横にせんとだめやん」(ワタクシ)


「『皿』と『血』って似てるけど、どうしてなん?なにがあったん?」(5番目)


昨夜は帰るなり「人はなんで成長するん?」と聞かれて、答えに困ったのだが・・・小2は悩めるお年頃なんでしょうか??

被災地以外に住む中学の同窓生で、何か出来ないかということになり、アクションを起こすことに。

今日、掲示板をのぞいたら、一番ちゃらんぽらんそうなT君の書き込みが。

「『思い』を伝えるのはナカナカ難しいけれど、ホンの少しだけ『思いやり』を届けられたら」

・・ウケた。


どうして、みんな、こんなに言葉のセンスがあるんでしょうか。

いやはや、AC効果、ばっちりだよね(笑)

2011年4月 6日 (水)

壊れる前に・・

電化製品の不思議の一つに


「壊れる時に連鎖する」というものがある。


しかも、一番忙しい時に限って。


・・・・・って、ワタクシだけではないですよね?

先日パソコンが悲しい声をあげて、以来びくとも動かなくなった話は書いたが、


今度は携帯。

メールを打っても反応が遅く、とうとう受信箱を開けるにも一苦労となって、


壊れる前に替えておいた方がよいとの秘書嬢のアドバイスも聞きつつ


一大決心をして?新機種に替えた。

しかし・・どの機種にすればよいのか、さんざん迷った結果スマートフォンはやめて、


結局一番無難なものにした。

そして、今、新幹線。


統一選も残すところあと3日。


明日は県連カーに乗ります!!

2011年4月 5日 (火)

驚き!

最近にしては珍しく、1日2回目の更新。

明日は午前中文部科学委員会の差し替えが入ったため、本日東京滞在なのだが・・・

秘書まこ嬢と「夜ご飯、一緒に食べようか」と言うことになり、


つい4、5日前に行ったばかりなのだが、ワタクシたちの間ではクオリティが満足できる某店に行った。


「あのミニピザが食べたいよね」


頭の中には、先日食べて、ちょっと感動したミニピザがぐるぐる。

お店に入って、この間と同じようにカウンター席に着いた。

・・・・「人が違くないか?」(byまこ嬢)


ふと見れば


椅子も机も灰皿もみんな同じなのに、そこに働く人とメニューが全く違う。


もちろん「ミニピザ」はない!!

「あたしたち、この間、もしかして幻を見ていた?」(byまこ嬢)

先日は国技への批評でもおなじみの某著名脚本家も来ていたのだが、それも幻??

なんだか狐につままれた思い。

「お店の名前も一緒なんですが、昨日から経営者が変わって、メニューも一新しました!」


常連と思われるお客さんから同じ疑問を投げかけられた店員さん、あっさりそう答えていた。

しかし。

諸行無常じゃのう。

軽くない喪失感を抱えつつ、帰途に着いた。


はじめに言葉ありき

昨日、上京する時に、


「藤原新也」の文字がふと目に留まってAERAを買って読んだのは昨日も書いたが、


その中で、作詞家の松本隆のインタビューがあって、とても興味深く読んだ。

「はじめに言葉ありき」

言葉に出来ること、出来ないこと。

言葉に出来ても、実際に発することが出来ること、出来ないこと。

松本隆氏はメモはとらないそうである。

忘れる言葉は大したもんじゃないから。

しかしのう。

作詞家ってすごいよね。

「よこはま たそがれ ホテルの小部屋・・・」


(これは山口洋子の作詞だけど)

これだけで情景が浮かんで、物語が始まって、終わる。

言葉と言葉の間にも、ホントは言葉がある。

ここしばらく。


言葉で表現できなかったり、それを伝えられなかったりすることが多くて

枝野官房長官の画面を見つめながら、


自分の未熟さをつくづくと感じる次第である


2011年4月 4日 (月)

どこへ向かって

パソコンを替えて以来、さまざまなところで


「今まで当たり前」にアクセスできていたところに「パスワード」が必要となり、


自分で設定した以外については、なかなか思い出せなかったり、選挙でバタバタだったりして、


この日記もすっかりご無沙汰となってしまった。

ここ数日のワタクシはと言えば、もちろん選挙応援なのだが、


慢性の睡眠不足からか、肩こりに加えて歯痛などの症状も出て来て、ぱりっとしない日々が続いている。

そんな中。


今日は新幹線で上京中に、地震以来初めて中学校の同窓会の掲示板を見た。


思わず、車内で声をあげて泣きそうになった。

ここ3週間に起こったこと、襲ったこと・・・


アエラの藤原新也の写真じゃないけれども、


ワタクシもずっと「どっかに神様みたいなものはいるんだろうな」と思って来たけど、


この惨状を見て、それは幻想だったのかも、と思った一人だ。


「神幻想」を失った私たちは、どこへ向かって生きて行けばよいのか。

いろんなことを考えていたら、あっという間に東京に着いた。


今までで一番時間を感じなかった上京かも。

そんな中。


ワタクシの耳元では稲垣潤一と、中村雅俊の歌声が、心を癒してくれる。


ほんとに、ほんとに偶然なんだけど、


二人とも被災地出身者。(仙台&女川)


稲垣潤一は同じ中学の先輩。

「ふれあい」をしみじみ聞いている。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »