« 「野田さんの・・・」?? | トップページ | 「まさか」過ぎる展開〜沖縄なう! »

2011年9月 1日 (木)

末法思想?

新幹線なう。

もうすぐ、神戸に着く。

県会議員、国会議員、政党の代表選・・どのステージでも
「選挙」を一緒に「真剣に」やった仲間とは「同志」となる。

今回の代表選挙でよかったことの一つは、新たな仲間を見つけられたことである。

阿知波吉信衆議院議員。

昨日、報道ステーョンでワタクシの「がんばろうコール」の画像が流れたらしいが、
その前に1期生を代表して「応援演説」をしたのが今回とりまとめ役を担った彼である。

元官僚、郵便局長も経験した華麗なキャリア。

もちろん応援演説も、バッチリである・・・

はずが。

「日本は幾度も危機的な状況から立ち直って来た。
あの「末法思想」が蔓延した危機も乗り越えたのだから〜」

どこまでさかのぼるねん!(笑)

しかし、この一言で会場は一気になごんだ(笑)

前原さんと言えどもあの日は緊張していたみたいで、
「リラックスさせてもらって、ありがとう!」と、めずらしく?笑いをちりばめた挨拶となったのだった。

昨日。

前原さんと1期生の「反省会」があったのだが、とてもいい会だった。

あっちー(阿知波氏)の、場をなごませる会話に、救われる思いだった。

「末法思想と言えば、1052年だよな」(by前原氏)

「ん?そうだったっけ?」(byワタクシ)

「ほらほら、そうだよ。(ネットで確認)俺、日本史の年号は強いんだよ。いつも100点だった」(by前原氏)

「意外過ぎ。『知られざる前原誠司シリーズ②』だわ〜。
なんか、文化とか弱そうじゃない。小説とかも読まなそうな。
野田さんの藤沢周平とか、この間お会いした時に聞いた質問を演説に使ってたから、やっぱり、それ聞いて人間性やキャラクターがわかるようにしなくちゃダメだよね〜」(byワタクシ)

「小説で好きなのは司馬遼太郎と、城山三郎だな」・・・

次回は是非、その話、入れましょう!!

うむ。

しかし。

まだ立ち直れない、というか、本当に申し訳ない気持ち。ごめんね、前原さん。

神戸着いたら美容院に直行して、髪をバッサリ切ろうと思っています。

「末法思想」バリに坊主とはいかないけれども??

« 「野田さんの・・・」?? | トップページ | 「まさか」過ぎる展開〜沖縄なう! »