« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月25日 (金)

市民政策フォーラム「アクエリアス」さん要望活動

市民政策フォーラム「アクエリアス」さんが要望活動で事務所を訪問してくださいました。
P1000824_5

性的マイノリティの問題についても取り組んでいますが、
誰もが行きやすい環境を作るため、法整備も含め、さらに進めて行きたいと思います!

カイトさん、まめたさん、がんばりましょうね!

2011年11月22日 (火)

甲南土建の皆様が要望活動に

2011_11210096_convert_2011112212293

いつもお世話になっています甲南土建の皆様が、要望活動にいらっしゃいました。 TPPの件等、激論?もかわさせていただき、短いながらも濃い時間を過ごさせていただきました!

経済産業委員会視察他

P1000820

昨日は経済産業委員会で福井県にある原子力発電施設へ視察。
写真は「もんじゅ」施設内で、ナトリウムが燃えているところです。(基本的に撮影禁止なので、このような写真しかなくすみません)

3.11以降、各原子力発電施設では、電源の確保等を始めとする防災対策を行ってきました。
そうした取り組みと今後の対応、
また仕分けでも取り上げられた「もんじゅ」については、さまざまな角度から検証とともに、
我が国のエネルギー政策全体を考えた上で議論をしていかなければならいません。

来週は柏崎原発の視察です。

今回も感じたことですが、地元自治体、市民、企業、そこで働く人々、
「当事者」の意見を幅広く聞くことは本当に大切です。
その上で俯瞰的な目で世界から我が国を見つめつつ、
国民の生活を守るために、時に相反する利害の調整をどう計るか・・難しいところですが、それこそが政治の役割であることを強く認識し、今後の議会活動に生かして行きたいと思います。

2011年11月17日 (木)

記帳

銀行で記帳をしようと思ったら、「未記帳分が多いので窓口へ」との表示。
「ま、結構ページも進んでいたし、次の新しい通帳もらって帰ろう」と思ったら・・・

Mini_111117_1007

5冊溜まってました。どんだけ記帳してないねん?!

自分でつっこみを入れつつ、記念撮影?!

ってか、国会に三井住友窓口作って〜っ!!(ちなみに兵庫県庁には三井住友窓口があります)


どうしよう。

まだマルクス読めていないのに、次が届いた。
Mini_111116_1437
読みまくるしか、ないね!


「生活保護」の現状と今後

昨日行われた「生活保護WT」で、大阪市からケースワークに携わっていらっしゃる職員の方が来てくださり生の「現状」をお伝えいただいた。

大阪市全体では「18人に1人」が「生活保護」を受けており、西成区においては実に「3人に1人」であるという。
特に最近では本来は勤労できる年齢層と、単身者ではなく子育て世代の夫婦ともに、という形が増加しており、その背景には「加算」という形で支給される生活保護費が上がって行くということもあると実感している、ということを訴えられた。

ワタクシが取り組んでいる「養育費」の問題もこの「生活保護」と直接リンクしてくる。
払うべき人が払わず、負担すべき人が負担をせず、国民の税金でそれをまかなう、というのは違うのではないか。
その結果「本当に助けを求めてる人」に支援がいかなくなることは本末転倒である。
「不正受給」の問題も深刻である。
一部とは言え、それによって「生活保護」全体に厳しい目が向けられ、
なんとか生活を立ち直らせようとしている人が、
あらぬ偏見や必要以上に生活の制限されると「自立」が難しくなる。

「『生活保護』は最後のセーフティネットであるはずが、最初のセーフティネットになっている」
〜自立支援に効果を上げる施策を展開する横浜市の担当者の方がおっしゃっていたが、
雇用につながる支援のあり方を保護費も含めて検討していかなければならない。

2011年11月15日 (火)

地道に政策!

本日はレクと勉強会が続く一日。
5分だけだけど、本会議もありました。
お昼前には阪神大震災からずっと子どもたちを支援してくえている能島さんも国会事務所にいらしてくださいました。
今日は国会内の勉強会でパネラーを務められるそう。

今日のレクの一つは
神戸に日本法人本社を持つ世界最大の製薬会社イーライリリーの方々に薬事法や偽造薬についての問題点を教えていただきました。


P1000809

厚生労働委員会所属の福田代議士、初鹿代議士と一緒に聞かせてもらいました。


Mini_111115_1359

どちらが「偽造薬」かわかりません。パッケージも薬の形もそっくり!

特にインターネットで購入されたED治療薬は55.4%がニセモノ!!

現在医薬品のネット販売に関する検討も進められていますが、処方箋薬については慎重に対応しなければ、偽造薬による被害があっという間に拡大する可能性もあります。

引き続きこの問題については勉強して行きたいと思っています。

そして・・神戸拘置所での凍死事件を受け、こちらも引き続き実態を調べる活動をしています。

Mini_111115_1533

地道に政策!

今日はこれからも
震災にあった子どもたちの問題についての勉強会、年金問題WT等夜まで勉強が続きます。


世界地図と年表

昨日、「国のかたち研究会」の勉強会に参加した。
総理を退任なさった菅さんが講演をされたのだが、その折、ワタクシの隣の席に座った前川参議院議員が「ゼミナール現代日本政治」を持ってこられ、既に菅政権が「歴史」として語られている!と紹介してくださった。
ちなみに、この本には「長期政権を狙い」みたいな記載もあり、ある意味楽しめる(笑)

「歴史」と言えば。

前にも書いたが、TPPの議論なのでも痛感したところだが、
これだけグローバル化が進んでくると、
結局、今、ワタクシたちが選択しようとしていることが「世界」の中で、そして「世界史」の中でどのような位置づけになるのかと言うことを常に意識していかねばならない。

「世界地図」と「年表」をしっかり頭に入れつつ、刻々変わる「情勢変化」に対応しなければ、この時代の政治家として役割を果たしたとは言えないのだ。


2011年11月12日 (土)

避難所体験〜水や電気、ライフラインも止めて

子どもたちの通う小学校の保護者のお父さんたちで作る「パパレンジャー」が企画した
「避難所体験」が今日、明日の日程で行われている。

Hi3g02340001

この「避難所体験」は普通の「避難訓練」とはかなり違う。
以下が、案内ビラの文面だ。

****
「今年は地震や台風などの自然災害がたくさんありました。
もし神戸でもこのような災害が起きた時にあわてずに済むように、体育館で電気・ガス・水道等のライフラインが断たれた状態で一晩過ごし、避難所生活を体験します。
『避難とは?』を子どもたちで考えてもらうため、持ち物・服装等は指定していません。
体育館には何もありません。おうちの人と一緒に考えて持ち物を準備してください」
****

子どもたちは家にいたところ、午後1時に地震発生。
「自分たちで考えた避難所で必要になるだろうものを持って」避難所に集合する。
(段ボールを持って来た子、一日分の食料しか持ってこない子もいれば、長期戦に備えて保存が利く食料を持って来た子もいて。そう言う意味でも興味深かったそう)
親たちは自宅の様子を見に、避難所からそれぞれの家に戻るという設定で、
子どもたちは親と離れて避難所で一泊する。

集合して落ち着いた頃「ミーティング」が行われる。
被害状況や津波の恐れなどの情報共有、
避難所でのマナー等ルールの確認、
そして各自の持って来たものの確認と、足りないもの等のチェックをした上で、
食料配給等についての見込みインフォメーションを行う。
ここでこの「ミーティング」がなぜ必要か、大切かも伝えられる。

夫の話によればこんなことも語られたと言う。
「18年前、阪神淡路大震災が起こった時は、この小学校に何百人と言う人が集まった。
今、みんなが楽しく遊んでいる場所の一つは遺体安置所になっていたんだよ。
災害が起こったとき、人は2つのグループに分かれる。
一つは落ち着いて、自分のことだけでなく人のためを考えて動ける人たち。
もう一つは余裕がなくなってパニックになってしまう人たち。
みんなには人のためを考えて動ける人になって欲しい。だから訓練がある。
今日は「イベント」じゃない。真剣にやろう」


Hi3g02310001


そして・・役割分担をしながら、避難所生活をするための行動開始!

水が出なければトイレが使えない→井戸水を汲みに行く
ガスも電気もない→火をおこしてその日の炊き出しを行う


今日の夜はそれぞれが家から持って来たお握りや乾パン等と火をおこして作った「焼き芋」。
途中、急に「カップラーメン」の差し入れが入ったり(=避難所ではよくある)・・という、芸の細かさだ。

これらのことを「お父さんたちのみ」で、運営する。(実際女手はうちの娘=高1だけだったらしい)

この小学校の「パパレンジャー」は
夏の児童館のお泊まり保育や、JAXAのロケット体験、天井川の掃除、学校のトイレ掃除、キャリア教育講演会、そして・・運動会のゼッケン洗い等々、
多分日本の「おやじの会」系活動では有数の活動部隊だと思う。

「いかにリアリティを持てるかが勝負」というこの避難所体験は、
神戸だからこそできることかもしれないが、こうしたノウハウの伝達も含めて、全国で展開する価値がある内容だと思う。

2011年11月11日 (金)

美術教育

Mini_111111_1844

神戸の家に戻ったら、床に絵が落ちていた。4番目作。
後ろ足の下一部に斑がないのはなんで?と聞いたら、
「キリンって9割は靴下履いてんねんで(=斑がない)。知らんの?」と言われたが、
子どもが言った言葉が、冗談かどうかワカラナイ母って・・自分でもダメだと思う(笑)

ふと見たら
「ダビンチ、ウケる〜!」と絵画鑑賞している5番目がいた・・。

Mini_111111_1934

絵画って「ウケる」「ウケない」という評価の仕方があったんだあ〜。

・・ 「I Like Myself」草間彌生先生に弟子入りさせたいよね(笑)


2011年11月 8日 (火)

地域通貨

今日、ワタクシの癒し係?のN氏が事務所を訪れてくれ、
大物政治家から頼まれているものの、マイ能力では対応できない事案について、
引き受けてくれることになった。

なんじゃかんじゃ説明していると、N氏の目が本棚に。

「あ、あれ、ソブリン?」

すごい。背表紙だけで見つけたのね!(←教訓① 書評を書く場合、同時に写真を掲載するべし!色だけで人は憶えていることを実感!!)
そうなの。
実はこの間ショージさんが尋ねて来たとき即お渡しできなかったことを反省し、以後「備蓄」しているのだ〜。

「あ、どうぞ。読んでほしいので、持って帰ってオッケー!仕事の代金と言ってはなんだけど」

「えっ?いいの?じゃ、仕事の代償としてそうさせていただきま〜す」

帰る道々、ふと思った。

もしかして、これって・・「『ソブリンリスク』、地域通貨になった」ってこと?!(笑)
(↑おつりのかわりに出したイタリアのお菓子状態か。浜さん本参照)

1ソブリン、100ソブリン。10億ソブリン・・。

「ソブリン」は通貨の単位としてゴロもよろしいような気がするが、
沢山持てば持つほどリスクも抱えるような感じもするので、
「貯蓄」するよりなるべく早く「消費」して次に回さねばという、消費促進効果もあるような?!

N氏が持つ「ソブリン」で次は誰が、何を決済をされるのかな〜?

菅源太郎氏

本日、菅源太郎氏ご来店〜。

懐かしの?菅パパポスター前で記念撮影。

Genchan

1児の父となった源ちゃん。
10年来取り組んでいる「18歳成人・選挙権」の実現についてや、
9月に行ったイギリス視察の報告、これからの活動等々について意見交換をさせてもらいました。

余計な話(お遍路ネタ?!)も含めて、盛り上がる二人(笑)
ちなみに、源ちゃんのお誕生日の前の日は「ホリエモン」、次の日は「飯島愛」が生まれているんだって。
この世代も既に紆余曲折、なかなか大変なのだね。

だからこそ、がんばらねば、だね!

ワタクシも全力でお支えするわ〜・・なにしろ「魂の伴侶」ですもの(笑)

あっ、ピンクシャツで登場のお気遣い、ありがとう♡
・・って、偶然か?・・そんな配慮は菅家DNAにはないものね〜??(笑)

*連日の疲れで、むくんでいるワタクシを許してね。

遠くで叱って

昨日、事務所に行くとS本Y子さんが学会で鹿児島に行ったお土産として、かわいいガラス細工をくれた。
Mini_111108_1023


「で、どうでした?(学会)」と聞くと
「帰りの電車で泣きました」(byS本Y子さん)
「泣いた?」
「切なくて、胸キュンで。それと・・私だけだったの・・変わっていたの」(byS本さん)

・・実は学会とともに、大学時代の同窓会も行われ「あこがれの君」も登場したらしいが、
参加者は皆体型含め「あのころのまま」で、様変わりしていた?のはS本Y子さんただ一人だったそう。

な〜るほど!
ホットヨガに通いつめていたのも、この日のためだったのね(笑)
しかし・・鹿児島行く前日のお昼には・・

Mini_111101_1206_3

これですもの。(ちなみにこれはあくまでデザート!いろんな種類から一つ選ぶんだけど「全種類って行けますかね?」と聞くだけ聞いてみたら・・本当に全種類持ってくれたのだあ〜!)

淡い思いにも打ち勝つ食欲・・ワタクシたち、女として根っからダメだと思う(笑)

昔、こま猫先生がユーミンの「卒業写真」のこのフレーズ↓を用いて

♪♪♪
あの頃の生き方を あなたは忘れないで
あなたは私の 青春そのもの

・・・

人ごみに流されて 変わってゆく私を
あなたはときどき 遠くで叱って

♪♪♪

「あなた」には変わって欲しくないけど、「ワタクシ」は変わって行く・・しかもそれを「遠くで叱って」とは、なんと女は身勝手なことかとおっしゃっていたけど、

本当だわ〜(笑)

しかし。こうしたことで「一喜一憂する」女ともだちを、ワタクシは信頼するのでした〜♡

さて、今日もレク等々、がんばります!!

2011年11月 7日 (月)

経済連携PT他

「しまった!普通に起きちゃったよ〜」(by5番目)
そう。土曜日に音楽会だったため、小学生の子どもたちは本日お休み。
ってことで、週末にDVDを借りておいた。
ちなみに4番目が選んだのは「キャプテン」5番目は「墓場鬼太郎」(←ゲゲゲの前身の鬼太郎シリーズ)

朝ご飯を食べさせ、娘を駅まで送り、ワタクシも新神戸へ。
11時45分からの代議士会、12時から14時前まで本会議。
レク、陳情等の後、午後5時過ぎから経済連携PT。
TPPに関する党内の意見集約が9日と決まり、回を重ねた議論も最終局面となる。
本日も3時間以上の議論。
外務省、経産省、文部科学省等、また政務側の国会議員からも説明を聞き、
慎重派と推進派それぞれが意見を述べた。
岡田克也前幹事長も出席なさって発言をされたが、
日々刻々変化する世界地図の中での日本の置かれた立ち位置も含め考えて行かねばならない。

しかし・・県会時代からだけど、議論中の「ヤジ」にはまだ慣れない。
慣れたくないけどね。


2011年11月 6日 (日)

古典落語と遊ぶ〜岡本交友会「桂南光さん落語会」

P1000779

ワタクシも会員である地元・岡本交友会秋の恒例行事
「古典落語と遊ぶ〜桂南光さん落語会」に参加してきました。

司会は東京でもおなじみだよね、土曜の朝「知っとこ」の毎日放送高井美紀アナウンサー!

P1000773

(ちなみに「知っとこ」の人気コーナー「世界の朝ご飯」は蓮舫大臣も大ファン!・・←ご本人ツイッターより)

久しぶりに落語を「ライブ」で聞いたけど、感動してしまった!!
息も切らさぬワクワク感。「オチ」がわかるようでわからない。
うーん、政治家の演説ではこうは行きません。


P1000777

岡本の梅色(ピンク)のお召しで登場の南光さん、この12月8日で還暦になるそう。

岡本公会堂は満杯で、この地域の落語人気の高さを実感!
本当だったら遠くまで足を運ばないと、こんな上等な落語は聴けないわけだけど、
地域に来てくださって、しかも安価・・。
岡本交友会のメンバーの皆様のご努力と、南光さん、こごろうさん、米紫さん、高井さん・・皆様の「文化」に対する熱い思いに心から感謝!!

また別途詳細をお知らせしますが、
実はワタクシ、自分が聴いて「すごかった!」と思った講演等々を
地元の皆さんにも味わってもらおう企画をしようと思っています。

第一弾は「国家の罠」の「佐藤優さん」!
えっ?!「井戸まさえと佐藤優」・・異色すぎるコンビと思われる方もいらっしゃると思いますが、
政界の毎日かあさん?ちゃっぴーVSラスプーチン、(←週刊新潮連載参照)
是非是非楽しみにしていてくださいませね〜。


カナダ留学フェアと上杉茂憲

夏にカナダへ行って以来、かの国へのあこがれが強くなっている娘とともに、
大阪センタービルで行われた大使館主催の「カナダ留学フェア」に参加した。
先般東京のカナダ大使館でお会いをした大使館員さんもおられ、先行して東京で行われたフェアの様子を伺った。
「去年も多かったのですが、今年はそれをはるかに上回る参加者でびっくりしました!」
小さなお子さんを連れた家族の姿もあり。
円高の今こそ北米留学をと考える人も多いのだろうが、それ以上に就職等「必要に迫られて」留学しようという人が増えているそう。
丁度、今年某都市銀行に就職した井原青年から聞いた「現代若者就職事情」とリンクする部分もあり、
「夢」や「希望」「あこがれ」というものもさることながら、
将来への「不安」や「危機感」が日本の若者たちの目を海外へと向かわせるようになっているのかも、などなど、いろいろ考えさせられた。
しかし・・大使館のサポート体制、すごい。
留学生を送ることは当然カナダ国内への経済効果もあるんだろうが、「世界の一員」としての使命感のようなものも感じさせられた。


さて。
「留学」と言えば。
先日沖縄問題関連で読んだ「上杉茂憲」(童門冬二著)には沖縄の未来を開くために「県費留学生」の制度を作ったことが印象的に記されていた。
「強制的に本土化されることを食い止める」ためにも
「異文化を理解した上で、独自の生き方を貫ける人材」を育てることは最も早くに、最も効果の出る政策であったのだのだ。

うーむ。こうしたことってTPP議論等にも通じるような。
茂憲だったら、鷹山だったら・・もっと言えば伊達政宗だったらどう答えを出すだろう?
帰り道、そんなことを考えた。

2011年11月 4日 (金)

門前の小僧

明日は子どもたちの小学校で「音楽会」が開かれる。
日々鍛錬を積んだ合唱、合奏が疲労される予定。
密かにワタクシ「合唱」を聴くのが好きで、
毎朝一番で聴くのは「しあわせ運べるように」(by神戸市立住吉小学校合唱部)。
心洗われます。
で。
Mini_111104_2046

合唱と言えば「Glee」でしょう!ということで、
iPod増強しました〜♪

「はまります」との帯。
本当だ〜。
「Somebody To Love 」「True Colors」「Hello,Goodbye」「Physical」・・・合唱にしてもめちゃめちゃいい!

「Hello,Goodbye」は小学生の合唱曲でも十分行けるよね〜。
ビートルズは偉大なり〜。

と思っていると、たまたま今日の帰り道「Love Me Do」が流れて来た。
一緒に「合唱」する男子小学生×2。
「えっ?何で知ってるの、この曲??」
「スジネギ食べてると必ず流れてくんねん、この曲。いい加減、憶えたわ」

・・・「R香」や!!(うちの行きつけのお好み焼き屋さん)
BGMはずーーーっとビートルズ。
マスター、すごいわ〜。
「門前の小僧、習わぬビートルズを歌う」!!
なんでも「徹底する」って大事。
文化ってこうやって伝搬して行くものなのかあ〜!!
・・って、どんだけ通ってんねん(笑)

いずれにせよ、明日が楽しみ。

2011年11月 3日 (木)

被害届提出

政治活動用看板に度々いたずらをされ、被害届を提出した。

でも。

201111011124001

なんだか笑える?

その上、
「5児の母」の前に「1」が加えられ、「15児の母」
「井戸まさえ」の「井」の字の真ん中に「ヽ」が入り「丼戸(どんぶりと)まさえ」になっていたそう。

さすが「灘区」。侮れん。


同期会

P1000760

昨日、松下政経塾9期生の同期会が行われました。
1988年「バブルまっ只中」入塾のワタクシたち。
一つ上の8期(前原/玄葉世代)の優等生軍団といつも比べられ、ダメだダメだと言われてきましたが、
ただ今衆議院議員5人(民主3/自民2)と、政経塾では最大派閥。
億万長者が3人いるので、平均所得では一番高い??期となっている??

個性的でまとまりがないため、「同期会」なるものも卒塾以来ほとんど行われてきませんでした。
今回も日程調整がなかなかつかず、二転三転したのだが・・。
ようやく決まったこの日・・同期のY君が亡くなりました。
偶然とは到底思えず・・。

賑やかな場が好きだった彼を見送るにふさわしい場を彼自身が用意してくれたような気もする。
すごい演出だよ、Yっちゃん!!

Y君に限らず、卒塾から20数年が経って、それぞれが決して平坦でない道を歩いて来たはず。
「語らない」「語れない」余白の部分をも含めて、みんなの存在を尊く思う。

松下幸之助氏との面談の話も出た。
面白すぎる。
こういうことこそ「本」にすべきだよね。

この日は政経塾初の留学生K氏もスペシャルゲストとして来てくださった。今や某大使館公使!
すごい、すごい!!

さて。
写真のおしゃれな場所は青山のフレンチレストラン「ブノア」。
同期くわちんの弟さんが支配人です。
そして・・次回の同期会は同じく同期のせいごろー君経営の「ラ メール (なんだっけ)」
東京国際フォーラム内のフレンチオムレツ屋さんでする予定。

よろしければ、みなさまも、是非行ってみてね!


2011年11月 1日 (火)

「マイ魂の伴侶」??

ワタクシをご存知の方は、
通常の女の子が好きそうなもの・・占いとか風水等々に全くこだわりがないことにお気づきであろう。

一方では「日本一の??お守りコレクター」だと思っているのだが、あくまで「ポケモンスタンプラリー」と同じレベル。

しかし・・国会の美容室でなにげに見た「誕生日大全」の記載には心が揺さぶられるものがあった。
なにせ、大の仲良しの福田えりこ嬢が「魂の伴侶」だったもので(笑)

で、そのえりちゃん、2、3日前がお誕生日だった。
今年になるまで全く気がつかなかったのだが、
実はワタクシの人生をある意味変えたK記者も同じ日の生まれだと知り驚いた!!
(ついでに菅源太郎君も同じ日の生まれ。思えばお父さんの「がんばろうコール」したもんね・・笑)

・・という話を福田嬢にしたところ、
「あ、じゃあ、井戸さん、コロンブスも『魂の伴侶』だね、私と同じ誕生日だもの」

コロンブスと「魂の伴侶」?!

「アメリカ大陸発見した人だよ〜!それって、よくない?!」(byえり嬢)
そう言われてみると、とっても有り難い感じ??

ってことで、本日家に帰って調べてみたら・・ぬわんと、

ノストラダムスも「マイ魂の伴侶」でしたわあ〜(笑)


マタイ受難曲と「友だちリクエスト」

「井戸さんっ!!!!」
昨日、国会事務所に入るなり「土井たか子さん」からお怒りの声・・。
・・と思ったら、S本Y子さんだった(笑)
「ブログ!!」
す、すみません。何か書いてはならぬことを書きましたでしょうか?誤字脱字?それはいつものことですがあ〜(猫のごめんね絵文字状態)

「マタイ受難曲!!!」
はあ?
「私、毎朝聴いているんです!すごいシンクロでびっくり!!」
興奮するS本Y子さん。
その後しばらく「シンクロ」話で盛り上がる。
とりあえず「怒られネタ」でなくってよかった(笑)

さて。
最近facebookをはじめたことは既に書いたが、
「友だちリクエスト」をもらうと、その「友だち」の中に思わぬ知り合いを見つけちゃったりして、
楽しませていただいている。
昨日は知人の娘さんからのリクエストが届き、びっくり!!!18年ぶり??
え〜っ!あんなちいちゃなbabyが、こんなキレイなお嬢さんになっていたとは!
まるで赤ちゃんの時に「生き別れ」になった娘と再会したかのような感動。
心の中で叫んだよね、「百恵ちゃ〜んっ!」(←「赤い衝撃」シリーズ参照のこと)

人と人とのつながりは本当に不思議だ。
「息子からは逃れられても 神様からは逃れられない」だっけ?
これまたfacebookでつながった「another井戸嬢」からのおすすめ本「オウエンのために祈りを」(ジョン・アービング=ワタクシたち共通の好きな作家♡)の中の一節が心に刺さる。
(すみません、引用部分だけでは意味わからないですよね。でもとてもいい一節なの)

ここで言う「逃れられない」は決して否定的な意味ではない。
「出会うべき人」とは出会い、離れたと思っても、また再びどこかでつながって行く。
「離れた」「別れた」と思っても、それは雲が出て「一瞬」見えなくなっているだけで、
気がつけば雨上がりの太陽のごとく、ワタクシたちの人生に日射しを注いでくれるのだ。

出会いは自分の意志のようだけど、「出会うべき人」との出会いは空気とか太陽とか、山とか河とか・・もっと「nature」な感じ?
無理矢理も、抗いも全く必要ないんだよね。

さて、写真はそのbabyちゃんのママがワタクシのために作ってくれているブックカバーの途中経過。

111031_001

キャッシー中島のハワイアンキルトのごとく、百合をイメージした「新書版」のブックカバー。(百合は「レッズ」(映画)を見て以来ワタクシが一番好きな花指定!です)
出来上がりが楽しみ。

いずれにせよ、この出会い=「自然の恵み」(「原始のシャワー」とも言う・・笑)に感謝です♡


« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »