« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月24日 (金)

出会いの一週間!

この一週間は本当に密度の濃い、刺激的(過ぎる)日々だった。

「人が一生で一度か二度経験するような事が、毎週起こってるよね〜」
と秘書にも言われるのだが、本当にめまぐるしい。

ワタクシの政治家としての課題で、どうしてもやりたいこと。その一つは「沖縄」である。
今、なんとかアウトプットを出したいと思っている事がある。
今期の集大成として形にしたい、しなければならない。

そして、沖縄と言えば。
夫は今世界遺産関連の仕事もしていて、沖縄文化についても家庭内で熱い議論が繰り広げられている?ところなのだが、
本当に幸運なことに、琉球の始祖、アマミキヨが最初に降り立った神の島、久高島を訪問する事ができた。

417447_253916438021142_100002083638

そして島をめぐり、現状と歴史、伝統等々についてご教授いただいた。


Photo_11


この島は土地を所有する事ができない。
15歳から50歳の男子は300坪、女史は150坪を得て、畑を作る。
その場所も1カ所ではなく各地に点在、細かく区画されている。公正公平を実践しているのだ。


Photo_4

尽きぬ質問に一つ一つ丁寧にお答えいただき、ありがとうございました!!

そして・・沖縄七嶽のひとつで最高の聖地で男子禁制のクボウウタキ。
岡本太郎もここで啓示を受けたそうです。(岡本さんは男女の性差を越えた存在のため分け入ったそうです)
・・しかし、わかるなあ!
自分の命の温度が上がって行くのが分かります。背中の。まるで赤子のように。


Photo_8

沖縄では新たな出会いもありました。これからどう展開して行くのか楽しみです。

東京に戻ってからは部会や会議が続き、今週もよく働きました。
そんな中「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」の試写会へ。

Photo_9

そして、「鉄の女」ならぬ「肉食?姉妹、初対面!!」も。


Photo_10

ずーーーっと「姉妹ですか?」と言われ続けて来た経済エッセイストで社労士の井戸美枝さんと初対面!!
妹分の松下玲子都議も一緒に。
同じ神戸で「井戸」。二人とも嫁。いろいろ共通点ありすぎで、大盛り上がり!!
そして・・ふと出したお財布を目ざとく見つけた美枝さんに「ダメ!!ダメダメ!!」と。
「お財布診断」までしていただきました〜。

Saifu_2


美枝さんとの出会いも、これから大きく発展しそう♡
楽しみです!!


2012年2月18日 (土)

家庭と言う「帝国」

Photo

先週本屋に癒されに行った時、ふと目にした土井香苗さんの「巻き込む力」と、先般法曹人材養成PTでヒアリングさせていただいた神山昌子さんの「苦節23年夢の弁護士になりました」を読了。
土井香苗さん。こんな背景があって今の活動をしているとは。
状況は全く違うけど、フォージア・クーフィ(アフガニスタン次期大統領候補)が書いた「わたしが明日殺されたら」を読んだ時の心の揺れと事が多々あり、ぐぐっと来た。娘として。そして母として。

子育てをしながら、いつもワタクシは自問自答をしている。
「もしかして、家庭という帝国ではワタクシは専制君主?
夕飯のメニューも、テレビの時間も民の意見を聞いているようで、実は今日の気分で決めてはしまいか?「しつけ」と称して日々のイライラを転嫁してはいまいか?
いや、たぶん、そうしているに違いない。
問題は家庭と言う帝国は人民が少な過ぎ、特に意見具申をするはずの大臣(夫)が忙しかったり、いなかったりすると、もはや誰もそれを指摘し、止めてくれる人は誰もいないところなのだ。
子どもと言う民は革命を起こせるほどに成熟はしてはおらず、少なくとも15年ぐらいは自らの政策が良いか悪いかを判断するのは難しい・・愚策も含め、許せ、民よ」

子どもが「愚策」に気づいた場合・・グレたりいろいろあるけれど、「成績の良い子」は大抵「見て見ぬ振り」をする。反抗する方がコストがかかるから。

しかし土井さんは可憐な容姿からは想像がつかないような、大胆な「革命」を起こし、さまざなま困難を引き受けつつも独立を勝ち取るのだ。
たぶん想像ができないほどの涙を彼女も流したのだろう。だからこそ、世界中の理不尽を見て「かわいそうね」では終わらない・・共感から具体的に踏み込んでがんばる、まさに「巻き込む力」を身につけられたのだと思う。
これから生きる、そして親との関係で悩む中高生には是非読んでもらいたい本だ。
ってことで・・専制君主のささやかなる祈りを込めて、さりげなーく子どもたちが読むリビングの本棚に忍び込ませたのであ〜る。

2012年2月17日 (金)

「ブログの更新が滞っている」と夫からお叱りが・・。
すみません。
ただ、やはり、人は「楽」な方に流される、というのを実感している。
実はココログ、写真を入れるのが大変なのだ〜。

そんなことあれこれ言わないで、更新せよって??

最近の活動・・皆様へのサービスカットとしては・・「チョコレート外交」(石川代議士命名)かしらん?(笑)

Photo


Photo_5


Photo_6


2012年2月 3日 (金)

「離婚届」を変えたオンナ

「離婚届」を変えたオンナ・・・そう、ワタクシでございます(笑)
2月2日に民事局長通達が出て、離婚届の中に「養育費」「面会交流」に関して取り決めに関する欄が設けられました。
子どもの貧困を克服する、一つの大きな柱は「養育費」にあります。
「養育費」は現在17%前後しか支払われていない、つまりなんと8割以上は支払われていません。
これをなんとかしたい!!!!と思い、昨年法務委員会で質問させていただきました。
ほぼノーコストで最大の効果をあげられる手法を、なぜ今まで誰も気がつかなかったのでしょう?
しかし・・今回は素早い対応をしてもらいました。黒岩政務官(当時)、そして「いい質問だったと」温かいお言葉をかけてくださった階先生、ありがとうございます!!
そして法務省担当者の方々もご努力ありがとうございます。
何よりうれしいのはこの記載の横に「子の利益を最も優先して考えなければならないこととされています」との記述がされています。
無機質な離婚届に血の通う言葉を入れてくれて感謝です。
養育費がきちんと支払われれば、生活保護等に至る母子も減ると思います。自立支援の一貫としてとらえた政策を今後も提言して行きたいと思います!!
(ちなみに・・払わなくていいと思っている方々・・将来、一括で請求される可能性大なんですよん!逃げ得はありません!お気をつけを)Photo


« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »