« 2013年2月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

新事務所に移転しました

神戸元町から御影に事務所を移転しました。

新事務所の住所等は以下です。
神戸市東灘区御影本町4−8−10
電話 078−843−1560
FAX 078−843−1561
旧よこはた事務所です♡
今後ともよろしくお願い致します。

2013年6月17日 (月)

佐藤優氏との共著『子どもの教養の育て方』電子書籍が発売!

『子どもの教養の育て方』(佐藤優・井戸まさえ著 東洋経済新報社)の電子書籍が今週から発売に!!
http://www.toyokeizai.net/spc/editorial/category/e-books-bk/
世界中、どこにいても読めます。
まだの方は是非、お買い求めくださいませ〜♡

2013年6月16日 (日)

大阪大学コミュニティデザイン・センターで、「『自殺対策大綱』の政策決定過程をお話ししました

大阪大学コミュニティデザイン・センターで、「『自殺対策大綱』の政策決定過程をお話ししました。
しかし・・大阪大学×京阪電車のコラボ、凄すぎます!!

京阪なにわ橋http://artarea-b1.jp 電車を降り、改札を通って駅の構内に出ると、そこはオープンスペース。

Photo
こんな感じで人が行き交う中「自殺対策」や「性的マイノリティ」などを語り合いました。
ワタクシの発表の出来・不出来はイマイチわかりませんが、雨にも関わらずたくさんの方々に来ていただき、2時間熱心に議論出来たことは本当に嬉しいことでした♡
Photo_2
Photo_4
  懇親会で「3時間取っても良かったね」と。確かに。
本編も、番外編も刺激に満ちあふれたやり取りでした。
ぜひぜひ、続編も♡

2013年6月15日 (土)

本日、大阪大学コミュニティデザイン・センターにて

http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/2013/000564.php
今日です。
大阪大学コミュニティデザイン・センターで、
「『自殺対策大綱』の政策決定過程〜にセクシャルマイノリティの視点が入るまで」についてお話します。エイズ研究の第一人者日高先生とのコラボです。
午後3時から京阪電車なにわ橋駅地下1Fコンコース(アトリエB1)にて。
当日参加も大歓迎!ご来場をお待ち申し上げております。

2013年6月14日 (金)

6月21日(金)に女性の自立と子どもの養育支援講座を開催します

6月21日(金)午後7時〜 東京都千代田区にて

女性の自立と子どもの養育支援講座を開催致します。
参加費無料です。
是非、いらしてくださいね♡
前半が離婚、後半が養育費の話になります。
「離婚届を変えた女」と「人情派辣腕弁護士」のコラボで、
子どもと女性の貧困問題としっかり闘って行きたいと思っています。

2013年6月 7日 (金)

東灘区選出 神戸市会議員(みんなの党)逮捕について

みんなの党所属の神戸市会議員が保険金をだまし取った疑いで逮捕された。
驚いたのは、みんなの党の反応だ。
この市会議員は公認候補であるが、当該事件は「党ができる前のことで、事実であれば厳正に対処したい」(神戸新聞34面より)としている。
もし、彼がわが党の所属であったら、と思うと、少なくとも「責任逃れ」とも受け止められかねないこのようなコメントをワタクシには出せない。
ワタクシも「総支部長」として地方議員の公認申請を党本部に申請する役を担っているが、問題なのはむしろ、「公認以前」にこうした事件を起こしている(疑いのある)人物を公認した事実なのではないだろうか。
今回逮捕された人物に限らず、「公認をくれ」と言って来る人々の中には素行等々に問題があると思われる人々も少なからずいる。
地元にいればどんな活動をし、どういう人物なのかを知るのはそう難しくはない。
誰かが「選挙に出たい」と言った瞬間から、その人物についてはさまざまな情報が入って来るからだ。その情報を確認することも、さほど大変な作業ではない。
にもかかわらず、公認を出したと言うことは、情報を得る術を持っていなかったか、確認作業をサボったか、もしくは公認決定者に単に見抜く能力がなかったというまことにお恥ずかしい話なのだ。
少なくとも、市民に選ばれる前に被選挙人となる人物をしっかりとセグメントすることは公党の役割であり、だからこそ「公認」「推薦」の意味があるのだとワタクシは思っている。
経験者には賛同いただけると思うが「誰に『公認』『推薦』を出すのか」というのは、総支部長並びに所属の議員たちが「胃がキリキリするような思い」をしながら行う本当に大変な作業だ。
どんなにその他の条件が良くても、札付きの、不審な人物を公認することは市民に対して失礼であろう。
少なくともワタクシたちはそういう態度で公認候補の選定をやって来た。
その他、東灘区の政治文化に着いては言いたいことは山ほどあるが、
現在進行中の事件もあり、また本丸を正して行きたい気持ちもあり、いずれ時が来たら、全てを書き記したいと思っている。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年10月 »