« ライター・記者を代弁し、蓮舫氏「雑誌、新聞の編集権は私にはありません」発言に反論する | トップページ | 井戸まさえと行く爆笑バスツアー お申し込み開始!! »

2016年9月17日 (土)

「落選して戻れない人たち」のひとりとして

「青天の霹靂だった。固くお断りした。首相経験者が幹事長を務める前例はない。イメージできなかったことが最大の理由だ」

「多くの落選して戻れない人たちのためにも、自分の政治人生の落とし前をつけるつもりで、火中のクリを拾う決断をさせていただいた」

昨日行なわれた両院議員総会での、民進党野田新幹事長の幹事長就任にあたっての挨拶だ。

「青天の霹靂」「火中の栗」って・・人によっては、こういう時に使うものなのか?
「自分の政治人生の落とし前」って…。


言葉にこだわるわけではないが、「落選して戻れない人たち」のひとりとして感じた違和感は、

今度お会いした時に直にお伝えしよう。

前例がないことには、それなりの意味があるのだと思う、とも。

悔しくて眠れない、というのは、自分の初めての選挙で落選した時以来だ。

それほど、今回の代表選の意味は大きいと思っていた。

個人的な思いよりも、日本の政治にとってだ。

頼むからたった一日で、支えた側が「騙された」なんて言わないでほしい。

そこに、今後の私たちが越えなければならない、最も深刻な問題点を見る。

« ライター・記者を代弁し、蓮舫氏「雑誌、新聞の編集権は私にはありません」発言に反論する | トップページ | 井戸まさえと行く爆笑バスツアー お申し込み開始!! »