« 「アメリカファースト」「都民ファースト」「わたくしファースト」 | トップページ | 「ダブルマリッジ」〜日本の戸籍上も重婚可能という現実 »

2017年1月26日 (木)

「でんでん騒動」に思う

なるほどな、と思った。
「にんべん」ついていたら「伝(でん)」だもん。
漢字の読みがわからないときの対応としては、総理の頭は正しい回転をしたのではないかと思う。
「美しい日本」つくりの先頭に立つ人が、よもや、生まれてから61年間、「云々」という言葉と出会ったことがなかった、もしくは読みを誤解したまま過ごしてきたというのはちょっとした衝撃ではある。
毎日お目にかかるというようなものではないにせよ、小説や、漫画にだって出てくる日常会話的位置づけの日本語を知らないというのは、こっ恥ずかしいことであろう。高等教育受けているんだしね。

ただ。
ここが攻め時!とばかりに、小躍りして攻め続ける反安倍派の行動には違和感を持つ。
SNSで繰り広げられるお祭り騒ぎにも。
例えば「女性は産む機械」とか「(選挙に関心のない有権者は)寝てしまってくれればいい」という発言は大いに突っ込むべきだと思うけれども、「未曾有」とか今回の「云々」についてははっきり言ってどうでもよくて(教養がある、なしを示す一端ではあるが、それも含めて有権者が判断すればよし)
むしろ、その一点を突いてはやし立てたり、他の批判も一緒にして、しつこく攻め続ける行為・・あ、あれ?これ、見たことある・・小学校や中学校の時になかったか?
ひとつのミスが突っ込まれ、しつこく指摘され続け、それが「あだな」となり、以降、その人に一生つきまとうことになる・・・そう、子どもの「いじめ」の構造と良く似ているのだ。それが意識的でなくとも、だ。

ワタクシは安倍晋三氏の思想信条とは別の考え方を持っている。
政策的にも真逆だろう。
だからこそ、横や後ろからでなく、真っ正面から戦うべきだと思っている。

反トランプの集会等を見ていたら、何か声をあげねば的な思いがつのるのもわかる。
自分の暮らす国でも同じような危機が存在する。
正しいことを言っても、なぜか選挙では勝てない。
そのもどかしさや鬱憤が、
「総理より漢字が読める」というちょっとした優越感に揺さぶられて、活動の万能感につながらないことを祈る。
独りよがりな上から目線の行動は必ず失敗するからである。
過去の野党の痛い失敗を繰り返してはならないのである。

« 「アメリカファースト」「都民ファースト」「わたくしファースト」 | トップページ | 「ダブルマリッジ」〜日本の戸籍上も重婚可能という現実 »