« 「黙る人 語る人」 ① | トップページ | 森友学園問題から学ぶこと »

2017年3月27日 (月)

「かぎりなく黒(に近いグレー)」の危機管理

まあ、基本中の基本の話として。

安倍昭恵氏が「私人」で「政治のシロウト」だったら、陳情が来た段階で政治家の夫に相談し、夫の秘書が対応するというのが一般的な流れだろう。
たとえ、夫が総理となって「内閣総理大臣夫人付」という秘書役がいたとしても、「私人」は陳情は受けないし、さばかない。
ましてや、自分が取り次ぎ等をしていない陳情の報告を受けるなんてあり得ないわけだから、今回のもろもろの流れをみたら、さすがに「関与していない」というには無理がある。
なにしろ「名誉校長」も引き受けていたんだし。

「無理がある」のは昭恵氏だけでなく、慌てて土地取引の交渉過程を記した文書を破棄した財務省や、認可相当とした大阪府も、だ。

逆に何もなくてこの問題が起ったのであったなら、その方が不自然で不可解。
こんなに分かりやすい政・官・業の癒着的構図はそうそうないのだが、
実は国民は「かぎりなく黒」を前提に、それぞれの「危機管理能力」を見極めようとしているのではないかな、とも思う。

多くの国民はなにも清廉潔白な政治家を求めている訳ではなくて、
こういう問題が出た時に、
たとえ事実と違うことをいうにしても、
すぐに反証されるウソを言っていないか
大事な物証を隠すような愚かなマネはしていないか
記憶にないと逃げていないか
論理破綻をしていないか 
(証人喚問等の)飛び道具の使い方と出すタイミングを間違えていないか
(今回は)少なくとも籠池前理事長より正々堂々と見えるか  等々・・
自分のことではなくて火の粉をかぶった事案だったとしても、
どうディフェンスするかはその人の能力や人としての格が一番出るところでもあるから、その対処を見ながらそれぞれの力量を推し量っているのだと思う。

特にトップが絡んでいるから見逃せない。

まあ、少なくとも政治家についてはこんなときでなくて、選挙時に分かれば良いのだろうけど。
国会議員717人、都道府県議会議員定数2,675人市区町村議会議員定数30,490人(いずれも定数)・・約3万4000人の政治家の諸々を知ることは実際に難しいよな。

« 「黙る人 語る人」 ① | トップページ | 森友学園問題から学ぶこと »