« 「出会い系バー」   誰もが納得する前川氏の答えは・・ | トップページ | 正倉院にみる日本の伝統文書管理術 »

2017年6月 5日 (月)

「行列のできる法律相談所」 当事者が放送後に決断したこと

昨日「行列のできる法律相談所」で無戸籍問題が取り上げられ、
支援してきた男性(38歳)がインタビューに応じてくれました。
番組を見ていた知り合いから「もしかして?」と連絡が来て、
彼は自分の過去を皆に伝えて行くことを決意をします。
この言葉が届くことを祈りながら、シェアします。

***********

カミングアウト。

おれの闇。
おれの苦悩。


皆とおなじように就職したり、免許証とって車かったり、結婚したり、普通の人生を歩んでいきたかった。


保険証からなにから身分証となるものは一つもなし。
銀行口座や携帯、ビデオ屋のカード、ありとあらゆるものがつくれない。
病院費ももちろん100パーセント実費。


そんなの大した問題じゃない、とかいってくれた世間知らずもいたり、対人関係でもなかなか理解されずこれのせいで鬱にもなった…


今から第2の人生、失われた時はもどらないけど、やり残して来た事を少しづつ、今からチャレンジしていこうと思う。

18922208_1371895132889928_158801813

18835980_1371895129556595_390574167

18922138_1371895186223256_668900517

18882031_1371895182889923_743080679

« 「出会い系バー」   誰もが納得する前川氏の答えは・・ | トップページ | 正倉院にみる日本の伝統文書管理術 »