« 「二重国籍問題」、ポジショントークはやめよう! | トップページ | 女性議員スキャンダルの意味 »

2017年7月24日 (月)

次のポイントは「武蔵野市長選挙」!

昨日行なわれた仙台市長選挙で、野党共闘候補である郡和子元衆議院議員が勝利した。
この結果が安倍政権に与えたダメージは大きい。
そして、総選挙に向けた次のポイントは9月24日告示・10月1日投開票の「武蔵野市長選挙」となる。
東京ではそれ以前に9月初旬に「青ヶ島村町長・町議会選挙」があるが、都民ファーストも含めて国政の前哨戦となるのは「武蔵野市長選挙」であろう。

これは都民ファーストの勢いがどこまで持続しているのか、公明党がどう動くのか、自民党は立て直せるのか、野党共闘の成果等々、業界としては注目ポイントが幾つもある。

内閣改造他も含め、安倍政権は10月1日時点ではどんな形になっているのだろうか。

都議選は終わったものの、既に総選挙は始まっているというのが実感でもある。
熱い夏は続く。

« 「二重国籍問題」、ポジショントークはやめよう! | トップページ | 女性議員スキャンダルの意味 »