« 由貴と金妻と代表選と | トップページ | テンプレートメッセージに思う »

2017年8月23日 (水)

VIVA! 図書館!!

以前にも書いたように、ワタクシは本は基本、購入する。

一冊書くまでに至る著者の投資や執筆にかけた時間他への敬意もあるが、
基本、「本の神さま」へのお布施的意味合いが強い。もしくは宝くじを購入する的感覚で「買い続ければいずれ自分も一等7億円があたる」ような、そんなヨコシマな願望も含めて(笑)だ。

まあ、一番の理由は、本に書き込みもするし、乱暴に持ち歩いたりもするので、誰かのものを借りたら気を遣ってしまい、本自体と「取っ組み合い」をする覚悟が生まれないからである。

逆に「著者」という立場となり、、印税をもらうようになって気がついたのは、
紙書籍での場合、基本「刷り部数」に対して印税を貰うので、
とりあえず印刷された冊数が売り切れるまでの分は「先払い」でもらっている、ということだ。
で、「もっと売れそうだ!」となると、出版社は版を重ねる。
そこで、著者はまたまた「先食い」で印税を戴く。
他の商売?と違って、売る売れないのリスクを著者が抱えることはない、ってすごいなーといつもながら思う。

もちろん、印税については個々別の契約によって違うとは思うし、
kindle版などは、何月に何部売れたかという詳細なレポートが支払い調書とともにやって来るので、紙の書籍だけの時代とは変わって来ているのかもしれない。
kindleの明細書はものすごく面白くて「何でこの月だけフタケタ違って売れている?」とか、何年も前に出した本なのに、細々と命をつないで毎月微妙に売れているのはなぜか?とか、謎解き的意味合いも含めて(笑)半年に一回楽しませてもらっている。
まあ、既に紙での初版のときの最初の印税で、執筆やそれにまつわる基本コストは支払ってもらっているという認識だから、
こうして出版以来、何年か後にも入り続けてくる印税については、知らない誰か、まさに本の神さまからの「コーヒー一杯、どうぞ〜飲んで〜」的なエールのようにも思えて、金銭の授受を越えたなんとも言えない感謝の思いを抱くのである。
ありがとう、ありがとう。

そして、著者にとって何よりありがたいのは「図書館」という存在である。
「お母さんの本、図書館にあったで。びっくしりたわ」(by中3息子)
いや、ほんと、全国の学校や、公共図書館に入れていただけることは、初版の刷り部数の基準ともなるから、図書館の存在は著者たちにとって、今や貴重な「基礎票」、自民党にとっての公明票ぐらいの?(笑)ありがたい存在なのである。

プラス、どんなに願っても、買うことも、見ることさえ叶わないだろう本がある。
古い学術書、洋書他、イマドキはたいていAmazonの中古で出回ってはいるのだが、それでもアクセス不能な著作はたくさんある。
そんなとき、ああ、VIVA!図書館!!
この本を大切に持っていてくれて、本当にありがとう!!
原稿を書きながら、何度そうつぶやいたことか。
いい本になるか、否かというのは、いかに「アクセスできない資料にアクセスするか」ということだと思う。
その素材の宝庫である図書館は、大英博物館やエルミタージュ美術館のような輝きを持っているのである。

そして・・国会図書館すら持っていない本を、遠いところの大学が保管していたり、一冊の本を求める作業は、知への揺るぎない信頼と愛情を持つ人々の生きた証を辿る旅のようにも思えて、たびたび足が震えるような感動を覚える。

もうひとつ思うのは、
やっていてよかった、関西学院大学非常勤講師(笑)
大学に籍をおき、図書館が利用できるって、世界のアカデミズムにアクセスできるってことなんだね。
“Mastery for Service”「奉仕のための練達」(←関学建学の精神)
「私たちは努力して専門知識の修得と人間形成に努めなければならないが、それは単に自己の利益のためではなく、隣人への奉仕を目的としたものである」(by第四代ベーツ院長)

そう、本を書くのも自己の利益のためだけではなく、隣人への奉仕の意味もある!
なるほどね。
がんばりまっす。

« 由貴と金妻と代表選と | トップページ | テンプレートメッセージに思う »