« 女性の「嫡出否認権」は当たり前で歓迎だが、無戸籍問題の抜本的解決ではない | トップページ | 0歳児△ 1〜5歳×  都市部と逆の保育需要もある »

2017年11月24日 (金)

育児中の議員こそ「テレワーク」を  課題解決に向けて具体的に語ろう!!

今回の熊本市議の子連れ出席の話をみながら、

日本の課題としてとらえるならば、保育所の整備に向けての努力とともに、

まず「すぐできること」としてテレワークの推進をおこなったらどうだろうかと思う。

議員には議会内に「控え室」がある。
会派で、の場合もあれば、無所属だと単独で、もしくは何人かの無所属議員と一緒に、実務を行なう空間が議会内に置かれている。
その「控え室」で、通常のテレワークと同様、ネット回線で議場と控え室を繋いで、議会が行なわれている時には中継を行い、議場に置かれたモニターに控え室側の議員も映しされる形式だ。
議長からチェックができる位置にモニターがあれば、起立採決等には対応ができる。もしかすると質疑も可能だ。記名投票の場合は、投票用紙を移動する手間は出るが、これも何らかの対応はできるだろう。もしくは投票するぐらいの時間は子どもも対応可能だろう。

これは別に熊本市議会に限らず、全国の地方議会でも、もちろん国会でもできる。
ただ、意図的に悪用されないような工夫は必要だから、
その辺は専門家でもあるテレワークの第一人者、田澤由利さん他に相談すると良いと思う。
(そこを端折ると、失敗するからご注意!!)

もしかしたら、議会のあり方をより良く帰るきっかけになるかもしれない。
会議の多い職についている人たちにも応用可能だ。

そう思うとワクワクする。

こういう話はイエス、ノー双方が、相手の考えを受けいられず、最後は個人攻撃で終わるケースが多い。

そんなことは誰も望んでいない。

だからこそ、具体的な話をしましょうよ!

« 女性の「嫡出否認権」は当たり前で歓迎だが、無戸籍問題の抜本的解決ではない | トップページ | 0歳児△ 1〜5歳×  都市部と逆の保育需要もある »