« 「48歳・水野真紀 女子大生に」と日本の損失 | トップページ | 今、女子大が面白い »

2018年4月 4日 (水)

加計理事長とアカデミックドレス

加計学園の獣医学部の入学式が行われた。
久々の、そして世間から絶対に注目されるであろう今回の入学式でもアカデミックドレスを着用していることに驚いた。

加計理事長は騒動以来、取材等には応じていないので、
流れてくる本人画像はいつも、大学行事でのアカデミックドレス姿である。(か、ゴルフもしくは悪巧みの3パターン?)

ある意味、映像・画像を撮らせないのは、意図的にアカデミックガウン姿を流してもらいたいと思っているようにも邪推してしまう。

似合わん。しかし、凄い執念である。

さて、アカデミックドレスはここ最近、日本の大学の卒業式でも着用するケースが増えて来ているようだが、入学式にもアカデミックドレスを着用する大学は少ない。

そもそもこのドレスはヨーロッパ中世の大学の制服から派生しており、その後儀式のときのみ着用されるようになっている。

日本でアカデミックドレスといえば大隈重信の銅像が目に浮かぶが、(大隈記念館には緋色のドレスの複製が展示されている)
主に採用されているのは創設者のひとり小野梓がイギリスで学んだ前述早稲田大学のような伝統校や、欧米の影響のあるキリスト教の大学だ。
それも卒業式が主で入学式まで徹底して着用している大学、しかも生徒ではなく教員側というのはそう多くはないだろう。

「アカデミックドレスを着るオレ」にそこまでこだわるということに、どこか神聖で侵してはならないアカデミズムの領域に「魔法」を使って参入したことへの対しての批判・・それはご本人も実は潜在的に抱えている「something」に対して「正統性」の主張、言い訳の可視化のような気がする。
なにより、ガウンを着れば、強くなった気になれる。
「変身願望」「ヒーロー願望」も透ける。

壇上にいる皆さんも、まるでコスプレ、悪い冗談に巻き込まれている感が、あるような、ないような表情。
どこかで、魔法がとける日が来ることがわかっているような。
いや、そもそも魔法にかかっていない人もいるよね、きっと。あくまで、ビジネス。現金に割り切っているはず。

https://www.facebook.com/gomizeromirai/videos/2096261343747325/UzpfSTEwMDAwMTQzODg2NTkyOToxNzgzMjM2MjM1MDY3NjU1/?locale=ja_JP

« 「48歳・水野真紀 女子大生に」と日本の損失 | トップページ | 今、女子大が面白い »