« ご献金のお願い | トップページ | えだのんの講演を聞いて、蒲田名物羽根つき餃子を食べよう!  講演会&懇親会のお知らせ »

2018年6月 1日 (金)

「補助線」としての日本大学

 安倍政権・霞が関・加計学園の三兄弟に共通するのは、

ボスや組織の保身のためなら「平気でウソをつき」
「それで何とかなると思っている」点である。

 昨今、そうした業界にさっそうと登場した期待の新人が「日本大学」だ。

 アメフト暴行事件は「ひたすら日大の指導層や大学の体質が悪い」ということになっている。

 ともあれそれによって暴かれた日大の体質が三兄弟そっくりだという評判だ。
 ・・・でも、その見方も少し浅いかな? という気がする。

 日大は例えば「首脳陣に知性が感じられない」点では安倍政権と、
「ひたすら内向きな組織でしかない」ことでは財務省と、
「メディア対応0点」で「いつまで経ってもTOPを出さない」面では加計学園に酷似している。
 だが、日大の場合は体育会系なだけに、その構造が実に分かりやすい。
 私的には日大は「これから生き残れない組織」のミニチュア・モデル。
 もしくは三兄弟のわけわからん闇と闇を結ぶ・・・「補助線」のようなイメージなのである。

 さて。
 三兄弟に日大を加えた、この間の全ての関係者の中で、
唯一事後処理能力に長けていたのは
言うまでもなく、日大の宮川選手である。

 国民のためではなく自己保身と政治権力のためにだけ働く官僚、
公文書を勝手に書き換えても「無罪」だという検察、
平気でマスコミに指示する政治家やそれに従うプラウダのような新聞会などなど
・・・昨今の日本はもうすでに「底抜け」したかの感があるのだが。

 結局は。
 あまりにも隠蔽・ねつ造や嘘がまかり通って皆うんざりしている
からこそ、正直に語った者の勝ちなのだろう。

 宮川選手に学び(?)前川次官が再度の会見を開いた。

 籠池氏や愛媛県知事含めこうした路線の追随者は今後も次々と現れてくる。
 安倍政権が続くのは長くてもあと3年だけ。
 少し長い目でよく考えれば、結局ウソつきには勝ち目はない。

 正直に生きるせっかくのチャンスを逃した柳瀬・今治市長・大阪地検。

 地検女性部長にはまだ
辞表叩きつける最後のチャンスが残されているけれど。

 ところで、ラスト・チャンスと言えば。

 安倍さんにとっては米朝会談決裂がV字回復へのそれだった。

 例え彼に三期目があったとしても、
それは恐らく自民党にとって茨の道にしかならない。

 だから実はボールはモリカケ追及する野党はもちろん、
官邸内にもすでになく、生き残ろうとする自民党の(安倍以外の勢力)の側に移っている。

< 5年内の大胆予測>

・市民連合政権、もしくは野田聖子首相誕生。

・財務省は予算省・理財庁・財政再建庁(←いかにもアリバイ作り)に解体。
 東京五輪後ついに日本倒産。

・今治市長選の結果拠出金停止に伴い加計学園ピンチ。
 籠池氏が土地取得に乗り出し、前川管財人と折衝
「土地の下が岩盤になっているので分割払いで購入したい」。

・宮川元選手は母校の「危機管理学部」で教鞭。

・某秘書官は「高プロ」により過労に。

・小中学校の8割が「道徳教育」を事実上ボイコット。

****以上、夫のブログより引用。

読む人が読んだらすぐわかるよね。

当たり前だが、夫婦でも文体&ブラックまぶし具合は、かなり違うわー(笑)

« ご献金のお願い | トップページ | えだのんの講演を聞いて、蒲田名物羽根つき餃子を食べよう!  講演会&懇親会のお知らせ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ