« 「半分、青い。」終了で‘ほっとする’人々 | トップページ | 「半分、青い。」終了によせて »

2018年9月28日 (金)

迷走する「半分、青い。」と ・・・。

昨日深夜。息も絶え絶えで仙台の姉の家に辿り着く。
疲れているわ、ワタクシ。

「あ、『半分、青い』、読んだよ。」

唐突に姉が言う。

「でもさ、鈴愛ちゃんよりあんたの人生の方がよっぽど『迷走』しているよ。
私はあんたの免疫あるから、あの程度は十分ありかな、って思う」(by姉)

信用金庫→(上京)→漫画家→100円ショップ→(帰郷)五平餅屋→(上京)五平餅屋台→発明家→扇風機開発

これより波瀾万丈な人生って一体・・。

「まあ、あんただけじゃなくてさ、だいたい『半分、青い』を『迷走』って言う人にかぎって人生迷走傾向があるんだよね。面白いよね。」

そ、そうなの?
着実、地道に人生を歩む姉のような人は「特に違和感なし」らしい・・。
「そもそも、ドラマにそこまで求めてないから。」

えーーー。

「エースをねらえ!」ごっこも「ベルサイユのばら」ごっこも一緒にやったじゃん。
「この道」に誘ったのは姉ではないのか?
ワタクシはひとり置いてきぼり??

さて、その「半分、青い。」も明日が最終回。
あ、それもあるのかな、この疲れ(笑)

« 「半分、青い。」終了で‘ほっとする’人々 | トップページ | 「半分、青い。」終了によせて »