« 「対話」は生まれない 松浦氏の小論 | トップページ | 稲田朋美氏の奇妙な「家族観」他、現代ビジネスに寄稿しています »

2018年10月28日 (日)

稲田朋美氏「’隣の家の夫’論」と松浦大悟氏の「不都合な真実」

「月刊Hanada 2018年12月号」を読む。
稲田朋美氏の「’隣の家の夫’論」に驚愕する!
このところ忙しく、なかなか文章を書くに至らなかったのだが、これは見過ごせない。別途、詳しくこの驚きの論理展開に着いては書きたい。

さて、「WiLL」の松浦氏の論考、そして「月刊Hanada」の松浦氏と小川榮太郎氏との対談。

松浦氏の言論部分は読めば読むほど滅入る。
少なくともともに活動してきた時間で共有されていたと思ってきた「基本認識」が「なかった」ことに気付かされるからだ。それらは
事実を押さえていないで発言していたのか・・と。

2003年7月の 「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」を保守政党である自民党・小泉政権で成立したことを「リベラル派のひとには受け入れ難い事実」と書いているが、なにを寝ぼけたことを言っているのか💢

この特例法は参議院法務委員会から本会議提出で成立したもの。その意味は、与野党で議論、合意があったからこそというのは参議院議員やっていたらわかるだろうよ💢

ここに至るまでには家西議員も国会質疑しているし、自民党の南野元法相と岡崎トミ子、千葉景子、今野東他、リバラル派といわれる野党議員が相当に議論して煮詰めたこと、超党派で取り組んだからこそ成立したのだ。

2003年7月10日、千葉ネクスト法務大臣、今野東人権政策会議座長今野東名で法の成立にあたって民主党は談話も出している。良く読めと言いたい💢

2008 年 6 月 3 日、「性同一性障害者の性別の取扱い の特例に関する法律の一部を改正する法律案」の草案 が、千葉景子、今野東、南野知惠子、浜四津敏子の 4 名より参議院法務委員会に提出されたときには松浦さんは参議院議員じゃなかったのか??💢

自分の存在価値をあげるために、これまでの議論をなきがごとく扱ったり、ねじ曲げることは、先人たちに対する冒涜であり、そもそも問題と真正面から対峙している姿勢ではない。「不都合な真実」をオミットする姿勢に違和感を感じる。
ここに至る運動に対してダメ出しをする、というのは個人の捉え方なのでそう思うのならばやればいいと思う。
しかしそれを切り捨て、歴史までなかったかのごとく扱うのは、捨て置けない💢

法律婚と、パートナーシップに関しても、私たちはアメリカのオーラルロバーツ大学で、なぜ彼らにとって法律婚が受け入れられないのか、目が覚めるような話を聞いたじゃない💢

・・おっと、長くなった。
別途、まとめます。

あ、あと「『新潮45』が休刊せず続いていたら、LGBT保守の論客を編集部に紹介し、その主張を掲載してもらおうと考えていた」と松浦氏は書くが、「『新潮45』じゃなくても『月刊Hanada』にぜひ紹介を。読んでみたいですわ、その論。

« 「対話」は生まれない 松浦氏の小論 | トップページ | 稲田朋美氏の奇妙な「家族観」他、現代ビジネスに寄稿しています »