« <平成18年度〜平成30年度の間に東京医大医学部を受験された皆さんへ(性別・年齢は問いません)> | トップページ | まずは日本人の数を勘定しよう 〜 無戸籍推進法ができる? »

2018年11月12日 (月)

1か月で2割増し! 無戸籍者急増のワケ

毎月集計している無戸籍者数。
9月10日の発表では714人だったのが、10日10日では841人に急増。

1ヶ月で約2割増は何かあるなと思ったら、9月に統計対象範囲を生後3ヶ月からに広げる事務連絡を行なっていたことがわかった。
前から指摘していたことだが、法務省が発表する無戸籍者数の自治体回答率は約2割。1才未満はノーカウントだった。
生後3ヶ月以降の統計とするのは遅すぎるぐらいだけど、そうなるともっと増えてもいいはずだ。
関連で裁判所へは年間3000件の新受件数があるのだから。
法務省が統計を取り始めた2014年からの累計は1994人となった。
これで2割だから、無戸籍者は「少なくとも1万人以上いる」というのは法務省の数字からも推定可能である。

無戸籍解消を目指す研究会では嫡出推定規定に関する討議がメイン。
就籍や認知も含めた論議はされる予定はいまのところない模様。

「入り口論」(民法)はもちろんなのだが、この問題をやっていると「手続き論」(戸籍法)も大事だとつくづく感じる。
実は現場では、実体法を手続き法である戸籍法が上回っていたりして、そこんとこもしっかり議論していただきたいな。
提言出そ。

« <平成18年度〜平成30年度の間に東京医大医学部を受験された皆さんへ(性別・年齢は問いません)> | トップページ | まずは日本人の数を勘定しよう 〜 無戸籍推進法ができる? »