« 1か月で2割増し! 無戸籍者急増のワケ | トップページ | 「死んだ妻は誰?」 福岡死体遺棄事件の背景に無戸籍問題 »

2018年12月 5日 (水)

まずは日本人の数を勘定しよう 〜 無戸籍推進法ができる?

法務省が親子法制研究会で配布した「推定制度に関する論点について」の内容に驚愕する。 今更、300日残すの前提? よくこんな中身を出せるな。 マジで無戸籍増えるよ(笑) 移民法議論でも数字の杜撰さが話題だが、

そもそも日本人の数すらきちんと把握できない国だからね。 移民入れる前に自国民勘定してみろよ、と言いたい。

法務省と法務大臣には、年明けに出す予定の「無戸籍練習問題」がこの改正によって解けるか、やってもらいたい。
解けなかったら、そもそもの趣旨が達成できないということなので、現状維持の方がまだマシかもしれない。

親が婚姻しているか否かで、子どもの登録も実質左右されるのも気になる。

外向き良さげな「改正」が「無戸籍推進法」となってはならないのだ。

« 1か月で2割増し! 無戸籍者急増のワケ | トップページ | 「死んだ妻は誰?」 福岡死体遺棄事件の背景に無戸籍問題 »