« 政治家・政党と参拝問題 | トップページ

2019年1月 6日 (日)

LGBT「国はつぶれる」発言の平沢氏はクイーンファンだった

「性的少数者(LGBT)ばかりになったら国はつぶれる」と発言した自民党の平沢勝栄衆院議員はクイーンファンだ。
私がそれを知ったのは2011年のこと。クイーンカレンダー欲しさに買った「QUEEN 永遠のクイーン」(日経BP社)を読んでいたら、「クイーン&フレディに捧ぐ35通のラブレター」コーナーで音楽界の有名人が並ぶ中、いきなり「平沢勝栄」の名前を見つけてぶっ飛んだ。

49666923_2030843713661730_754933352 49503092_2030843313661770_700732690
丁度、衆議院法務委員会で一緒だったので、次の委員会の時に「クイーンファンなんですね!」と確認を入れたら「そうなんだよ。イギリスいたからね」と言っていたが、彼はクイーン&フレディから何を学んだのだろうか。
「国がつぶれる発言」について平沢氏は、産經新聞の取材に対し「日本の少子高齢化問題についての文脈で発言した。LGBTの方の権利を守るのは当然だと思っている。存在を否定する意図は全くない」と説明したが、いやいや、そうだとしても、この発言はない。そこに差別的主観が含まれていることに、自ら気がつかないというところがさらに深刻である。

クイーンの楽曲には70年代、80年代のイギリスの社会状勢、時代性が見える。
「QUEEN 永遠のクイーン」ではクイーンの「やりすぎちゃった70年代」や「今ならNGな名曲たち」等がさまざまな角度から論評されている。「『バイシクル・レース』なんて、他のバンドはそんな曲つくらないって(笑)」(トリビュートバンドグイーン)等々、「だよね」と共感しながら、人が気づかず通り過ぎることを主題にして歌ったからこそ、クイーンは何度も甦るのだと納得させられる。

Save me, save me, save me
I can’t face this life alone
助けて、助けて、助けてください
僕は孤独な人生と向き合えない

Save me, save me, save me
I’m naked and I’m far from home
助けて、助けて
僕は裸で家から遠いところにいる

(平沢氏が好きという「Save Me」留学生の歌詞和訳サイト

フレディの痛みを理解してこそのクイーンファン。
もう一度、聴き直してほしい。

« 政治家・政党と参拝問題 | トップページ