« なぜDV夫と復縁・再婚するのか | トップページ | 「補充立候補」という選択肢 »

2019年2月24日 (日)

毎日新聞書評欄  驚きの偶然!

本日付け毎日新聞書評欄で拙著「ドキュメント候補者たちの闘争ー選挙とカネと政党」が紹介されています。


端的に本書の要点をまとめて下さって、感謝です。
選挙が近づいてくるに従って、あちこちから「候補者の誕生」に関する疑問や疑念、不満も聞こえてきます。「選べない不全感」をどう克服して行くのかは、政治の責任でもあります。
しかし、驚きは・・・下が「ボリショイ卒業」(大前仁著 東洋書店)だったこと!!
隣が「子どものまちのつくり方 明石市の挑戦(泉房穂著 明石書店)だというのは、「まあ、あるか」なのだが、よもや岩田守弘さんの名前と同じ紙面で拙著が紹介されるなんて泣

というのも、最近、理不尽なことへの対応があまりに多くて、落ち込みがち。そんな時に励ましてくれるのは岩田守弘さんのバレエや、生き方そのものだったりして、この数日も友人・家族に熱く語っていたところでした。
いやはや、こんな偶然ってあるのね。
またがんばろうと思います!

毎日新聞さん、(藤)さん、ありがとうございます。

52774264_2105607522852015_606219065

« なぜDV夫と復縁・再婚するのか | トップページ | 「補充立候補」という選択肢 »